X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2007/7/26  23:06

中韓の「権力史学」と西洋の「学界史学」  社会的市場経済
 こういうことをいくら書いても無駄かもしれませんが、西洋人は中韓における歴史学が、いまだに「権力史学」であることを理解していないと思います。

 中国には史記の司馬遷や、資治通鑑(じじつがん)の司馬光のように偉大な歴史家もいますが、明帝国あたりから皇帝権力が強くなりすぎ、歴史家は皇帝権力の道具となってしまったのです。

 例をあげますと、明の永楽帝は、洪武帝の馬皇后の実施でないにもかかわらず、他の三人の子供を含めた四兄弟とも、長い間官史(正史)では、馬皇后の実施とされていたようなことがあります。

 つまり皇帝権力により、「こうあるべき」ことが歴史となってしまったのです。

 一連の歴史問題も、本来は学界における小さな一つの説にすぎないものが、権力者により「正しい」と認められればそれは中韓では真実なのです。

 日本にもそういう傾向が少しありますが、中韓は極端で、儒教も日本のように陽明学や古学がなく朱子学だけなので、権力史学がゆきつくところまでいってしまったのです。
 
 西洋では全体主義者しかやらないことです。

 「権力史学」と「学界史学」は私の造語ですが、中韓は官史(正史)以来の権力史学から抜け出し、学界史学の西洋的な世界にならなければいけないのだと思います。

 学界史学の中で、地道に真実を見つけてゆけばよいのだと思います。ちなみに西洋では隣国で戦争の歴史なない国などほとんどありません。アフリカやイスラムでもそうです。暗い歴史、明るい歴史が入り混じっているのが歴史なのです。

 アメリカは、中韓の権力歴史学者の使い走りに成り下がったのだと思います。

 日本人はアジア人なので、「大きな問題とせず適当に受け流しておけばよい」ということを知っていますが、西洋人はそれを知らないので、大きな問題としてとりあげてしまうので、はなはだ困るというのが実感です。

 このようなことをいくら書いても、理性を失ったアメリカ下院は、中韓の権力歴史学者の奴隷となり決議は採択されてしまうと思います。しかし今後冤罪は地道に晴らすべきだと思います。

 そもそも証言者となるべき政治家や、軍の指揮官たちが亡くなった頃を見計らって反日プロパガンダに動いている、きわめて卑怯な陰湿な行動なのです。
 
 あれだけ大きな事件なら戦後すぐに問題になっています。
 
 歴史問題とは、中韓の権力にこびようとする曲学阿世(きょくがくあせい)の権力歴史学者と、それを利用しようとする政治家がおこしているものなのです。
 
 アジアの問題を国際問題としてしまい、日本としてははなはだ西洋には申し訳のないところですが、これも鎖国政策を続けてきた国の、残念な夜郎自大(やろうじだい)的な悪しき伝統なのです。

 多くの資料から解決されているようにあれは冤罪ですので、それを西洋人に少しずつ理解していってほしいと思います。

 また暴力的な他国への権力史学者の御高説の押しつけは、もはやアジアは古代でも中世でもないので御遠慮いただきたいと思います。

 市民や学界で研究していけばよいと思います。あーあ・・・でも市民レベルですと日中韓はすごく仲がよくそれだけが救いです。
 
 アジアを市民社会が支える「学界史学」世界へとしていき、「平和共存」をめざしましょう!
0

2007/7/26  6:21

イラク軍は自衛隊をモデルにしては?  自然(エッセイ)
 イラクサッカー代表は、韓国に勝ちアジア1の座に迫りました。国が厳しい中イラク国民にどれだけの希望を与えるのでしょうか?本当に本当にすばらしいことだとお思います。

 アメリカがイラク占領統治にあたり、「日本の戦後統治を参考にすればうまくいく」と、アメリカの有識者がいうのを見て首をかしげたものです。日本人は別にアメリカ軍がすばらしかったから統治に服したわけではなく、国際法に基づいた主権回復のプロセスであることと、あともう一つは、大元帥である天皇陛下が「耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍べ!」と厳命していたからうまくいったのです。
 
 アメリカ軍はすぐれた騎士道精神を持つ軍人も多かったのですが、ならず者も多かったので受け入れる方は大変だったのです。それはイラク国民も同じだと思います。

 最近気がついたのですが、米軍を受け入れた都市部と実際に見ることの少なかった地方の人で、占領軍の見方がかなり違うように思いました。別に解放軍に米軍とならず者の米軍がいたわけではなく、国際法に基づき占領統治をする連合国軍がいただけなのです。

 空襲でひどい怪我をした人で、生涯外に出れなかった人もかなりいると思います。
 
 イラクにもすぐれた権威のある、シーア派からもスンニー派からもクルド族からも尊敬される、国事行為を行う大統領職を作り、モラルリーダーシップをとるべきだと思います。

 そのうえで、日本の自衛隊にならい、少数精鋭の軍隊を作ってはどうでしょうか?そして士官教育には日本の自衛隊も協力すべきではないでしょうか?

 イスラムの悲劇も貧困からきます。タイに「東洋のキール運河」のクラ運河がもしできれば、イエメンなどにもある貧困を何とかできるように思うのです。

 ジェトロセンサーという雑誌の今月号に、インド貿易の特集記事が掲載されておりましたが、インドは人口の約半分が25歳以下だと言います。イスラムも若い人が多いのではないでしょうか?未来はインド洋の時代なのです。

 東アジアとの貿易が活性化すれば貧困は少なくなります。若者のやり場のない怒りが過激な行動へと走らせることもないと思うのです。イラクの警察に、日本の警察のような「君達に少しでも人間としての良心があるのなら・・・」と若者に言える人がいないのは残念だと思います。

 米議会は他国の批難決議ばかり出しております。日本のいわゆる「戦場売春婦問題」に対する米下院の批難決議は、完全な事実誤認です。お金のかかる女性を戦場につれていく軍隊はありません。そんなことをしては前線の士気も下がります。戦争は買春観光ではないのです!

 もし決議されれば将来米下院の見識が問われる、米下院議会史上最悪の汚点になると思います。もはやアメリカの人権批難決議を信用する国はなくなり、アメリカの敵が笑うだけだと思います。それがよいという人も多いとは思いますが・・・同盟国の国民としては一応老婆心ながら書いておこうと思います。
0

2007/7/26  6:08

日本代表(サッカー)は「サッカー道」でさらに強くなる!  心気体(フィットネス)
 昨日残念ながら日本代表はサウジアラビアに負けてしまいましたが、オシム監督はスタッフの大改造をするということと、今のチーム状態で勝ち続けると「過信」につながるので、それほど残念に思うこともないと思います。

 「負けて強くなる」ということだと思います。

 サッカー道といいますか、サッカーの中に深い道を見出せば、日本代表は間違いなく強くなると思います。

 日本はひじょうに優雅なサッカーをしています。今の段階で勝負を気にする必要はないと思います。

 日本人は蹴鞠で勝敗をつけず、もっとも優雅なプレーをした鞠足(まりあし 競技者)を賛美しました。その点からいえば日本人はアジア1です。サッカー道に精進して、ぜひ世界一をめざしてほしいと思います。

 横浜や日本代表で長くプレーした井原正己さんが昇格する可能性があるとのこと、すばらしいサッカー人なので、オシム監督を支える名指導者になってほしいと思います。
0

2007/7/23  6:02

朝青龍関「心気体」充実の21度目の優勝!  心気体(フィットネス)
 サッカーで日本がオーストラリアに勝ちましたが、大相撲名古屋場所では、朝青龍関が14勝1敗で見事21度目の優勝を決めました。
 千代の富士関もそうでしたが、石井代蔵氏が言っていたとおり、相撲は「心技体」ではなく「心気体」だと思います。伝統的には「心気体」なのですが、戦後いつの間にか「心技体」に変わってしまったそうです。
 でも実際の相撲を見ると、やはり「心気体」が正しいように思われてなりません。

 それにしても朝青龍関と白鵬関との差は縮まりつつあり、今後は気力で両者ぶつかりあっていくように思いました。

 新大関確実の琴光喜関も13勝2敗で立派な成績を残しました。急に強くなったので、これが蒙古人だと八百長記事でも出そうですが、長年の努力の蓄積が実を結んだものだと思います。琴光喜関はハートの弱さが随分言われましたが、自信を持ってほしいと思います。
 魁皇関の通算700勝突破といい、日本人の活躍が目立った今場所だと思いました。
 魁皇関は並の横綱より偉大な名大関となりました。
 白鵬関も随分魁皇関と稽古をしたそうです。偉い力士は細かいことにこだわらないのだと思います。
 白鵬関戦で怪我をしてしまいましたが、白鵬関戦ならむしろ本望なのではないでしょうか?

 日本人力士も「心気体」の充実につとめて、両横綱に少しでも迫ってほしいと思いました。
 朝青龍関も腰が痛いというので少々心配です。
0

2007/7/22  23:18

木下恵介監督の「女たちの戦場」について  文化国家
  映画化はついにされませんでしたが、「戦争と女性」という観点に立てば、従軍看護婦(看護師)について扱った「女たちの戦場」という映画シナリオがあります。全文公開されていないようですが、戦場のおいて多く亡くなられた従軍看護婦の悲劇を取り扱った映画だそうです。
 彼女らは戦後においても傭人であったため戦後保証が充分ではなく、それを取り扱った社会派作品だそうですが、今は亡くなられた人は靖国に祀られて、事実も展示されてもいるので、今はかなり改善されているのでしょう。それにしても傷ましいことです。

 木下監督自身も中国に出征しており、戦後多くが占領軍に没収されましたが、多くの文人による従軍記や、画家による記録が残されております。

 木下監督というと反戦映画と言われますが、戦争の無常を淡々と書いており、それがイデオロギーを超えて感動される大きな理由なのです。

 買春観光と戦争は違いますので、多くが多感な青年であった日本軍が売春婦を必要としたとも思えず、第一戦場に女性を連れていくのは不合理で、補給や性病予防の観点からいっても、性病診断に力を入れた方が合理的で現にそうしております。

 何しろかつての韓国買春観光では、韓国より先に日本国会で問題となり、インドネシアではオランダ人を売春婦にしようとした軍人を軍法裁判で処刑している日本人です。

 戦争ですので多くの残虐なことがあり、それは従軍記などにもわずかに残されておりますが、従軍慰安婦はさすがに事実ではないと思われます。

 多くの戦場に散った青年達や従軍看護婦の名誉を晴らすことは、残された人間のつとめだと思うのです。あたりまえの戦争の悲劇を伝えてゆくことが、平和への近道だと、あたりまえですが私は思うのです。
0


AutoPage最新お知らせ