X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2007/6/27  22:09

雇用促進住宅についての続き・・・  自然(エッセイ)
 雇用促進住宅についての続きですが、朝日新聞の記事を読んで、てっきり雇用振興協会様が、多くの随意契約をやっているのかと思ったのですが、ホームページを見ましたら入札公告が出ていたので、「おかしいな?」と思い、日曜日の記事をまた読み返しましたら、中に詳細記事があり、そうではないことがわかりました。
 要は雇用促進住宅の運営を、関連団体に任せるのはおかしいのではないか?ということのようでした。
 そうは書いてありませんでしたが、「民間企業に任せれば安いのではないか?」ということのようです。
 たしかに安くはなるかもしれませんが、それにより「住の安全」が保てるかはわかりません。それに炭鉱離職者対策からの歴史を持つ雇用促進住宅も、平成21年度をもちまして撤退することとなっております。(撤退情報は記事にもありました。)
 ですので今後運営するのに、いかにして現在住んでいる居住者の納得を得ながら撤退するのかことが、特に難しいのです。
 一方で「利用を増やす」という目標が政策で課せられており、やりかたはわかりませんが、入居者を増やしてうまく撤退しなければなりません。
 おそらくアイデアをひねっているところだと思います。
 ちなみに、大量に予算が投入されているところに、元官吏の方が多いのは当然のことです。難しい決定事項が多いのですから…
 記事を通じて情報公開されたことで、いろいろなアイデアが出るのかもしれません。うまくころがって、よいところにおさまってくれればと思います。
 私どもの事業は「投融資」で成り立っております。そこに「随意」、つまり意志が入ることは当然ありえます。融資契約や委託契約の随意契約であって、撤退が入っている以上問題は単純ではないのです。特に不動産関係は難しいところだと思います。
 投融資の結果税収や雇用が増えればよいのですが、どのようにすればよいのでしょうか?雇用促進住宅の経済効果はわかりませんが、本当にいろいろ難しいと思います。
 難しい問題ですから…下にあらためてリンクを貼っておきます。
 平成21年度に撤退するのに変な話ですが、雇用促進住宅の利用が増えますように!
  
 
(雇用振興協会)

 http://www.e-d-a.or.jp/cgi-bin/index.html
0

2007/6/27  6:32

平成20年横浜におけるアフリカ開発会議(TICAD)について  社会的市場経済
 サミット誘致には敗北した横浜ですが、平成20年(2008年)に第四回のアフリカ開発会議(TICAD、ティカッド)が開かれることは決定しています。これはアフリカの経済発展をめざして、国連(UNDP,OSSA)、アフリカのためのグローバル連合(GCA)および世界銀行と、日本との共催により行われるものです。
 国際会議といいましても、これまでほとんど日本で開かれているのですが、アフリカや特にインド洋周辺国は、世界の中でもまだまだ貧しい地域が多いのが現状です。
 タイ-ミャンマー国境沿いにクラ運河が開かれれば、インド市場を活かしたインド洋の海運が活性化し、きっと豊かになると思いますが、まだまだ先のことです。
 特にアフリカは、世界最大の内乱が続いているスーダンがあります。
 今はバイオマスのような新しい材料もありますし、南アフリカ共和国からはグレープフルーツ等の農産物が輸入されるようになっております。
 それらの新しい材料を組み合わせれば、国際港都にふさわしいすばらしい成果をあげることができると思います。
 サミットと違って派手さはありませんが、横浜にふさわしいよいことであると思います。
 今度、アメリカとベトナムの両首脳が会談し、経済関係が活発になるようですし、ベトナムから船でインドに行くには、クラ運河が必要不可欠となり、日本、中国とインド、アフリカの中間に位置するインドシナ半島の重要性はさらに増すと思います。
 現在はまだ夢物語ですが、インド洋周辺が世界の将来を握っています。

 クラ運河本当にできないかなあ!

 このような時代に、アメリカが一つの歴史学説に基づいた、従軍慰安婦非難決議のような、人種差別的な決議をするとはどういうことでしょうか?かつてヨーロッパで、ユダヤ人が子供をさらって生贄(いけにえ)にしたり、若い美しい女性をさらって売春婦にする、金融業で白人の金を収奪するという細かな濡れ衣が、ホロコーストに結びついたことを考えると、小さなこととは看過できない深刻な事態だと思います。


 (TICAD(ティカッド、アフリカ開発会議))

 http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/ticad/index.html
0


AutoPage最新お知らせ