X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2007/6/24  7:49

インターネットと八木アンテナ  国軍(National Army)
 以前、インターネットがまだ社会に普及しだした時、「インターネットは戦車だろうか?」という議論を、仕事上の知り合いとしたことがあります。
 それはインターネットを戦力として用いる場合、どのように活用をすべきか?という問題があったからです。新技術ができれば、企業経営においても戦争においても、それを有効活用することが当然のことです。
 たとえばアメリカ軍、イラクにおける戦争でもインターネットを用いれば、リアルタイムでそれをワシントンで見て、適切な指示を与えることができるのですが、そこで避けたいのは文民の軍事への介入でしょう。
 文民が軍事作戦に口を出すとろくなことがありません。戦争で文民は文民の役割に徹し、軍人は軍人の役割に徹するべきだと思います。
 いきなり話はそれましたが、現在のレーダー技術やラジオ放送において、日本において開発された八木アンテナが大きな役割を果たしていることは有名ですが、日本軍は八木アンテナを一切評価せず、イギリス軍捕虜からそれを聞いてはじめて知ったという有名な話があります。
 軍は一般市民が開発した発明に興味を失っていたからです。イギリス軍は貴族的であっても、中身は清教徒革命のクロムウェルからの市民軍(国民軍)の考え方が強いので、市民の発明を柔軟に取り入れることができたのです。アメリカ軍にしてもかつては同様でした。
 インターネットの戦略上、戦術上の地位は、象徴的のものとして八木アンテナに近いものではないでしょうか?
 インターネットのWWW(ワールドワイドウェブ)は、繰り返しますがCERN(セルン,ヨーロッパ合同原子核開発機構)の、英国人ティモシィ・J・バーナーズリー博士が中心となり開発された技術です。これをどのように市民のために役立つ技術にしていくかということが、今後の更なるインターネット産業の課題だと思います。
 そう…インターネットとは21世紀の八木アンテナなのです!
0


AutoPage最新お知らせ