X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2007/6/19  6:00

アメリカにおけるブロードバンドの不思議さと映画会社  国軍(Reichswehr)
 昔読んだ本におきまして、アメリカではケーブルテレビ網が発展しているので、それを中心にブロードバンドが実現するので、日本のような光ファイバー網は必要ないということを読みました。
 ところが最近風向きが変わってきたようです。それをインターネットが電話をかけられるということは、そのまま放置すれば旧ベル社グループの経営をおびやかすからです。
 またアメリカでは1996年に民主党政権により制定された電気通信法により、施設所有者とISP事業者は同じでなければならない等の奇妙な規制があるようで、電話会社の参入を妨害していました。
 つまり国家権力により、ケーブルテレビ会社が優位な状況が故意に作られていたのです。
 おそらく、アメリカではケーブルテレビ網を支配する映画会社が強いからでしょう。
 しかしその規制は現共和党政権により撤廃されたようであり、電話会社は大きくブロードバンド市場を開拓しようとしつつあるようです。光ファイバー網の整備も、広大な国土ゆえに限界もありますが、それは日本ではADSLとして知られる、xDSL技術によるブロードバンドをより安定させるインフラともなるので一定の整備をし、遅れていたブロードバンドのインフラが、今後共和党政権下で大いに整備されるようです。
 カナダが大幅なブロードバンドのインフラ整備を行ったため、それが不可能でないことがはっきりしてきたからです。
 AOLは電話線を使ったダイヤルアップ接続で強かったのですが、今後は旧ベル社グループとの提携が出てくると思われ、他のダイヤルアップからのISP事業者も、同様の行動をとってくると思われます。
 私は日本AOLの会員ゆえ、アメリカのAOLがあまりこけるとAOLの企業価値が減少し、日本や世界のAOLのブランド力低下へとつながるので、会員としてここで頑張ってほしいとは思いますが、あまりにAOLの企業価値が落ちると、他のISP事業者に移ることがあるかもしれません。そうなればそちらを応援します。タイムワーナーだから間違いはしないとは思いますが…AOL部門に対する冷淡さを見ると、せっかくよい部門を持っているのに少々心配です。AOLに莫大な出資をしたグーグルも、気が気でないと思います。
 さてどうなることやら…話はそれますが、アメリカやフランス、アジアの外資の映画会社は、横浜には東京芸大の映像大学院もあり、コンテンツ産業に力を入れているので、ぜひ横浜に拠点を置いてほしいと思います。それで貿易金融の拠点も横浜に戻ってくれば、資金調達も容易になり、コンテンツ産業が栄えるのですが、横浜大通り公園周辺に、東西文化が融合するコンテンツ産業の中心地を置くのにふさわしい空間があります。そうなればすばらしいことだと思います。東京と大阪に放送局の中心はあっても、映像生産やコンテンツ産業は、横浜もぜひ一つの中心であればと思います。港の空間もありますし…そこまではいかないかな…フウ…
0

2007/6/18  20:37

失敗しちゃいました(フランス国民議会選挙結果)  国軍(Reichswehr)
 今朝がフランス国民議会選挙結果発表ということでしたので、横浜フランス月間にあわせた記事にしようと思ったのですが、少し前の記事と速報を勘違いしてしてしまい、「フランス社会党はやはり駄目だったか…」と思ったのですが、さすがレジスタンス魂健在で土壇場巻き返し、選挙こそ577議席中、国民運動連合(UMP)が協力議員をあわせ323議席、左派社会党(PS)が207議席で、与党が過半数を占めましたが、社会党も50議席近く増やしました。
 ですがこれはあまりの大勝ムードに浮かれたUMP幹部が、間接税引き上げを思わず認める発言をしたためということで、惨敗ムードの社会党にとっては、思わぬラッキーパンチでもらったというところのようです。
 社会党も選挙に勝利したわけではなく、天運がまだついていたというだけで、やはり中道路線への転換は避けられないようです。
 イタリア共産党が民主党に党名を変えることとし、中道路線をめざすことを明らかにしたように、社会自由主義への流れは、フランス社会党にとっても必然的な流れであると思われるのです。
 シラク前大統領との不和が噂されるサルコジ新大統領ですが、やはりその闘争心と手腕はたしかなようです。
 アメリカよりの政策をとるということで、「グローバリズムへと向かうのではないか?」という、フランス文化を愛する国民の警戒感もあったと思います。
 サルコジ新大統領は反日とも噂が流れましたが、そのようなことはないようで、先日の安倍首相との会談を見ても、むしろアメリカ流で経済再生しつつある日本とは、気持ちが通じるところがあるように思われます。
 ところで先日、ブッシュ大統領が東欧を訪問したところ、「ブッシー!、ブッシー!、ブッシー!」大歓迎を受けたことが読売新聞に掲載されておりましたが、やはりヨーロッパ、特に東欧においては、冷戦時代への強い嫌悪感があることはたしかなようです。
 第二次世界大戦において、国内に残りレジスタンスを主導した左派のフランス社会党と共産党は、海外に逃亡したり、ナチスに協力した保守派より、ド・ゴール一派を別とすれば、国民に「愛国者」として保守派よりも高い一体感を持っておりましたが、レジスタンスの闘士もほとんどいなくなり、明らかに今中道路線への転機がきていると思うのです。。
 思想対立の時代は過ぎつつあるように思います。社会自由主義の中で右派と左派があるような時代になれば、時代が一つの方向に動いていくような気がするのです。
 あまりに右と左で極端すぎると、対立したまま時代が動かなくなってしまいます。保守と革新はあっても、だいたい社会がめざす方向が同じであればよいと思うのです。
 ただ、今少し大きなイデオロギーの対立が続くかもしれません。それが過ぎて落ち着いた時代が来ることを願っております。
 フランスで親日政権が続いたため、日本はどれだけ助かったことでしょう…サルコジ新大統領もぜひ親日家であってほしいと思います。
 サルコジ新大統領は、国民から二回も認められたわけですから、、保守をまとめて大いに実力をふるってほしいと思います。一連の若者の暴動は最初こそ国民の同情を受けましたが、どうもフランス国民の眼は厳しいようです。日本の報道とはかなり温度差があります。
 フランスも、かつてのフランス病の時代に戻るつもりはないようです。フランス流とアメリカ流をどのように融合させるか、サルコジ新大統領とフランス国民の手腕が問われます。仕事熱心の新大統領ですが、時間ができたらぜひ日本に来てほしいと思います。
 横浜フランス月間の中で、日本とフランスの友好関係が深まりますように!
 今朝の記事はとんでも勘違いですみませんでした。労働組合で昔お世話になった方の訃報が夕方に入り、ひょっとするとちょっと気配を感じたのかもしれません。
 きっと気の病だったのでしょう。大変申し訳ありませんでした。
0

2007/6/17  6:33

「性道徳ある性教育」について  社会的市場経済(Soziale Marktwirtschaft)
 いささか古いのかもしれませんが、私は純愛ということばが好きです。以前、純愛に関する本を図書館から借りて読んでいて、それが実は、戦後純潔教育の賜物であることがわかってきました。今は性教育と言い、純潔教育とは死語だそうなのです。
 日本では長く恋愛がよくないものとされてきましたが、大正デモクラシーがはじまった1920年代あたりから、それが日常的なものとされる中で、男女が礼儀正しく恋愛をする純潔教育が求められ、特に戦後から文部省が指針を作り積極的に推進してきました。恋愛による風紀の乱れを怖れたためです。恋愛物語もその方向性でテレビドラマ等も作られたため、恋愛文化花ざかりとなり、恋愛が社会に定着しました。
 性教育が重視されたのはわりと最近で、私達の時代は純潔教育から性教育と移り変わる時代であったように思います。
 性教育が重視されたのはいろいろ理由があるようですが、早熟と体格の向上、性をいたずら神秘化し、無知であるがゆえの性的非行、妊娠などの悲劇、そして性病の蔓延等を怖れたためでした。(ネットで百科@homeより)
 ところが性教育がはじまった途端奇妙なことがおこりました。学校において小学校高学年あたりから性行為に関する授業したり、明らかに行き過ぎで、親が目をそむけるような授業がおこなわれ、問題となったことは記憶に新しいことです。
 つまり「性道徳なき性教育」が広がりすぎてしまったのです。これでは子供は教育の実験材料のような気がしました。
 今更、純潔教育に戻ることなどできませんが、性教育においては性道徳を教えることのほうを重視したほうがよいように思います。多くの良識ある先生方はそれを重視している授業をしているのでしょうが、それがない先生はひたすらアナーキーな授業を行う傾向があるように感じられます。性道徳をきちんと教えれば、今問題となっている堕胎も減るのではないでしょうか?買春や堕胎数、異常な性を基盤とした猟奇的犯罪が増え続ける中で、異常な性教育もまったく無関係とは思えません。神奈川県の松沢成文知事は、堕胎数を減らし出生率低下に歯止めをかけようとする政策を実施しております。
 今の女性社会の中は知りませんが、一回堕胎を経験をした女性は、心理的にひじょうにつらいのではないでしょうか?男性にとっても堕胎をさせたことがもしあるなら、それは大変つらいことだと思います。
 私もそう立派な人間ではありませんが、「性道徳ある性教育」は、今の社会情勢を考えるときわめて重要なことのように思います。問題の実体が見えづらいだけに怖いものだと思います。堕胎数が100万人近くと言われても実体がわからないわけですから。
 
(追記 6/18(月)夜)
 「性倫理教育」、「性道徳教育」とでもいうのでしょうか?性道徳が乱れると出生率が下がる傾向も見られます。中絶反対のアメリカ保守派を馬鹿にしていた日本ですが、これだけ中絶が多く出生率低下となると、安直に馬鹿にできるのでしょうか?私は中絶反対論者ではありませんが、最近少し疑問に思うのです。性において聖人はおりませんが、本当に最近いろいろ考えてしまいます。でもいい恋愛はしてみたいものですね、いくつになっても。それを悲劇に終わらせないための、「性倫理教育」、「性道徳教育」であってほしいと思います。
 
0

2007/6/16  19:03

タイムワーナーAOLで語感は悪くないのか・・・  汽船(エッセイ)
 先日、アメリカのAOL会員のあまりの落ち込みようを見て、やはり社名はAOLタイムワーナーの方がよいと考え記事を書き、そのときタイムワーナーAOLだと語感が悪いと思ったのですが、何回が頭で繰り返していくと、それほど悪くないように思えてきました。
 アメリカの場合は日本と違い、ブロードバンドはケーブルテレビが主体であるのですが、やはりAOLは大変なブランド力があります。
 インターネットを見ますと、AOLがかつて買収したネットスケープ社をなつかしむ声もありました。
 私もインターネットを最初を使ったとき、ネットスケープナビゲーターを使用したため、たしかに同じ思いがあります。
 先頃、ネット上にソフトはあるので使用しようとしましたが、残念ながらうまく動きませんでした。
 私はAOLのブランド力を維持するためには、社名にAOLは残すべきだとあらためて思います。
 ニューヨークが主導権をとることには私は賛成するので、タイムワーナーAOLの形で残してほしいと思いました。
 最近、アメリカ合衆国の中心が西部に移る中、せめてタイムワーナーAOLの形でも、ニューヨークはインターネット産業に大きな足がかりを残すのか?ニューヨークの将来にとっても大きな意味を持つ時がきたと思います。
 V字カーブで、アメリカ合衆国のAOL会員が増えることを期待します。
 それとAOL部門は今、アジアへの進出をはかり、特に中国やインドに関心を持っておりますが、デルの失敗を見てもわかるように、アジアに拠点を置くのなら、中国ではなく日本に置くべきです。
 横浜もコンテンツ産業に力を入れているので、シネコンはありますが、ぜひアジアの拠点として、アメリカや外資映画産業は、横浜をもっともっと重視してほしいと思います!タイムワーナーAOL(TWA)に社名がなりますように。お粗末でした…

 (6/17(日)夜 追記)
 AOL不振の原因は、AOLのブロードバンドへの転換が遅れているせいのようです。日本AOLにおいてはすでにブロードバンドしかないのだから、早い段階でxDSLと光ファイバーを中心とするブロードバンドに転換するべきだと思いました。早くしないとダイヤルアップで築きあげた優位を、永久に失うことになります。タイムワーナーのケーブルテレビとの関係があると思うのですが、日本のAOL会員としましても、アメリカの動向は気になるので、早くしてほしいと思います。
 
0

2007/6/16  6:47

私のしごと館とドイツ博物館  文化国家(Kulturstaat)
 「私のしごと館改革推進計画」というものがあるのですが、その中でドイツ博物館について学ぶことが触れられております。
 ドイツのミュンヘンにあるドイツ博物館ですが、私のしごと館建設にあたり、特に参考にした施設の一つと聞いております。
 私の場合「日本化」しないといけないので、日本の博物館等の大きなところ、小さなところを見て、トロンについて学んだり、博物館学の勉強をしたりしていましたが、ドイツは、博物館においても職人文化を大切にするところがあり、それを日本に導入されたいということのようでした。
 いわば国立職業博物館とも言うべきものです。
 日本では「しごと体験」がうけました。人間は「動きのある展示」が好きなものなのです。しごと体験の場合は能力開発手法を応用し、「自ら動く」楽しさがあります。
 キッザニアの場合も「おしごと体験」というコンセプトがあるようです。
 私のしごと館も、仮称の段階では「勤労体験プラザ」と言ったのですが、最初はどうも中野サンプラザのイメージとダブっているようでした。
 準備を続けるうちに、博物館であることがわかってきたのです。
 ドイツ博物館は、ドイツの職人文化を支える基盤ともなっております。私はあまりいかつい雰囲気が好きでないので、勤労体験プラザの旧称と、私のしごと館を考え、「しごと体験博物館」と呼ぶこととしました。そして「しごと学」とも言うべきものをしっかりと研究し、その上に立って青少年に親しみやすいものになっていけばよいと思うのです。
 ドイツ博物館に学べばお金がかかります。日本はドイツほど豊かな国ではありません。
 私のしごと館図書館すらなくさなければならないほど貧しいのです。しかし日本の先人は貧乏国日本にあって、知恵と工夫でそれを克服してきました。
 ドイツ博物館がドイツ職人文化を基盤としているのであれば、日本には日本職人文化があります。
 ドイツ博物館はそれだけでなく、産業博物館、科学博物館の側面があり、ドイツの発展における栄光と苦労を見ることができ、栄光のドイツ科学に触れることができるのです。
 ドイツ博物館に学ぶということは、『日本博物館』をめざすということです。ぜひ大きな気持ちでやっていっていただければと思います。
 ドイツ博物館には立派な図書館もあります。日本でも立派な博物館ほど公開、非公開を問わずすぐれた図書館があります。
 産業科学博物館はすでに日本にたくさんあります。ドイツ博物館を支える「ドイツ職人文化」と「日本職人文化」を考え、月並みの産業科学博物館ではない、「考えて考えて考えまくって」、「しごと学」をきわめたすぐれたものであってほしいものだと思います。
 私は感動を与える博物館とは、お金をかけることではなく、その博物館を作った仕事を、利用者が評価するものだと思います。 
 日本が「しごと学」の研究で抜きん出れば、若者問題は急激に回復すると思います。

 (「私のしごと館」改革推進計画)
  http://www.ehdo.go.jp/profile/pdf/shigotokan_suishin.pdf

 (ドイツ博物館についての参考論文) 
  http://ci.nii.ac.jp/naid/110002755452/
 (ドイツ博物館図書館とその目録:ドイツ図書館見聞記 
佐藤隆司)

  http://www.dnp.co.jp/nenshi/nenrin/suggestion/pdf/ronbun.pdf
 (産業技術史資料の評価・保存・公開と博物館の運営改善 高安礼士)

  http://ci.nii.ac.jp/naid/110002317625/
 (ミュンヘンのドイツ博物館におけるガラス工学部門 
橋本謙一)

 (ドイツ博物館ホームページ)
  http://www.deutsches-museum.de/
0


AutoPage最新お知らせ