X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2007/6/22  6:08

キッザニアが阪神西宮に進出か?  汽船(エッセイ)
 昨日の神戸新聞におきまして、今度西宮にできるららぽーとに、キッザニアを進出させることが検討されていると書いてありました。
 キッザニアは「一国一施設」が、ブランドイメージを低下させない戦略としてやってきているようですので、本当に進出するかはわかりませんが、報道されたということはかなりの可能性があると考えてよいと思います。
 私のしごと館とキッザニアは違いますが、近畿に出るとその違いが際立つ可能性もあり、超攻撃的な経営者でも「どうするか?」というところでしょう。
 首都圏と近畿では人口の差があることも問題としてあると思います。USJの初期の苦戦もあり、キッザニアは慎重に考えてゆくと思います。
 「可能性は高い」と考えるべきところでしょう。
 ですが私のしごと館としては、ドイツ博物館の展示に学ぶということであり、「日本博物館」のような、新しいブランドイメージの追及が必要な気がますますしてきました。
 やはり初期段階においてブランドイメージの低下は打撃でした。それが公益企業が運営しているゆえに、不二家のような民間企業と違い後で反撃できない弱さがありましたが、今後の事業展開を考えるとどうなのかなあ?という気がいたします。
 やはり今後は、「パブリックオーソリティによる、研究機関であり楽しめる博物館」のイメージが、どうしても必要な気がいたします。
 今頑張っておられる方が考えるのですが、近畿けいはんなにふさわしいブランドイメージを展開し、私のしごと館の年間入館者はすでに40万人をこえておりますが、ぜひ50万人の壁を突破してほしいと思いました。より国民の支持を得られますように!
0

2007/6/21  6:02

渋谷のメタンガス爆発事故について  汽船(エッセイ)
 それにしてもびっくりしました。3人も亡くなられた方が出たことは、いたましいことです。私よりも若い方もいたので驚きました。
 千葉県に天然ガスが出ることは知っていましたが、東京や神奈川も同じ南関東ガス田の上にのっていたことにもびっくりしました。
 いくらお湯がでるからといって、あんなにあちこち掘って大丈夫なのかと思っていたのですが、やはり自然は怖いものです。
 新潟県にかつてあった石油油田と同じで、掘ればたちまち掘り尽くしてしまうのでしょうが、貴重な天然資源があり、それが制御が難しいものであれば、やたらに掘ってよいものではないと思いました。
 今、香川県高松市では取水制限がはじまったということで、これは日本でも海水の淡水化事業をやらなければならないのかな?と思ってしまうぐらいです。
 日本は自然に恵まれていますが、それだけに自然はより大切にしないと、とんでもないしっぺ返しがくると思いました。
 
 
0

2007/6/20  21:52

私のしごと館がめざす日本博物館!  汽船(エッセイ)
 うーん、今日一日考えてイライラしてしまいました。よくよく考えますと、ドイツ博物館も「ドイツ」というテーマや、「文化と科学」を追求していくうちに、本当に自然に「しごと」にたどりついたのであって、意識したわけではない気がします。
 私のしごと館も「日本」というテーマを追求すれば、自然に「しごと」にたどりつくように思うのです。はっきり申し上げて、「私のしごと館改革推進計画」という公式文書に、ドイツ博物館が出てくるとは思いませんでした。
 私のしごと館は旧国名では山城ですが、大和との国境にあります。日本の発祥地のようなところにあるので、そこにドイツ博物館を参考にした日本博物館があれば、すばらしいことではないでしょうか?
 そこで、私のしごと館という名称はもちろん変わりませんが、「日本博物館」という新しい個性をPRしてみたいと思います。
 トラックバックから「私のしごと館改革推進計画」や、ドイツ博物館関係の資料や、ドイツ博物館のホームページを見ていただければ幸いでございます。
 やっと頭のモヤモヤとイライラがとれてきました。図書室にいると他人に八つ当たりする危険性が少ないので助かります。「ほー」というところです。
 私のしごと館が、ドイツ博物館を参考にし、近畿で「日本化」した事実上の「日本博物館」になりますように。
 ドイツ博物館のように、国家と「市民的文化人」が中心になって、日本中が協力してすばらしい施設になってほしいと思います。
 近畿に「日本博物館」があれば、地方などと言うと近畿の方は怒るかもしれませんが、バイエルン州のミュンヘンにドイツ博物館があるように、真の地方分権の象徴にもなるようにも思いました。では苦しい時ですが、よいことがありますように!
0

2007/6/20  6:05

メキシコがくれた二つの世界一  国軍(Reichswehr)
 少し前の話になりますが、2007年ミス・ユニバース世界大会で、日本代表の森理世さんが、日本人ではかなりひさしぶりの栄冠をかちとりました。おめでとうございます!
 静岡市ご出身ということで、20歳ということは、私が静岡市に住んでいたときはまだ小学生ですね、私も歳をとるわけです。
 たしか秋篠宮妃殿下も生まれは静岡市ということで、当時は特に思わなかったけど、静岡市は意外(失礼!)に美人が多かったのかな?
 うーん…まあ他と同じですよね…関係ないか…
 ところでメキシコで栄冠を得たということで、そういえば野球のWBCでも、死んでいた日本を、メキシコがアメリカに勝ってくれて生き返らせてくれたんだよな、と思いました。
 メキシコシティも、日本人と同じような顔立ちの人が多いので、ミス・ユニバース世界大会でもよい結果に結びついたのかもしれません。世界一の規模の都市とは聞きますが、こういうことが続くと、メヒコに親近感が湧いてしまいます。
 美の基準も、白人中心から変わりつつあるのかもしれません。
 メキシコが何かで世界一になりそうなことがあり、日本に何もなければ、サポートできる機会でもあればいいなと思いました。
 
0

2007/6/20  5:53

日本しごと博物館の愛称でどうかなあ?(私のしごと館)  汽船(エッセイ)
 私のしごと館について、横のリンクのPRで体験型しごと博物館、最近からしごと体験博物館と、勝手に市民の皆様に、一言で個性がわかるように工夫してきたつもりですが、このたび本格的にドイツ博物館の長所を「日本化」し、導入していくということなので、国名を入れて、日本しごと博物館と勝手に愛称をつけてみました。
 今後の個性がわかりやすくなるように思いました。
 たしかに近畿けいはんなに、ドイツ博物館のような日本博物館があるとすごいし、もともと日本の中心の近畿の名誉になると思いますが、やはり日本はしごとがテーマということなので、日本しごと博物館という通称でいかがでしょうか?と思った次第です。
 近畿けいはんなにあると、「しごとが市民と科学をつなげる」ということころでしょうか?今、私のしごと館において、多くの方が必死に頑張っておられると思います。
 市民に認められるよいものとなりますように。お金があればしごと図書館もなあ…
0


AutoPage最新お知らせ