X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2007/5/25  23:09

朝青龍関ホッとしたのかな?  心氣体(fitness)
 大相撲は白鵬が全勝を続け、朝青龍、千代大海共に負け、ドッチラケの展開になってきました。
 でも横綱も、長年一人横綱をやっておられてホッとしているのかもしれません。
 父親が友人どうしであれば、白鵬関も子供の頃から知っているのでしょう。
 私は朝青龍関の方が白鵬関より喜怒哀楽がはっきりしているので、いろいろ問題はあってもわかりやすくていいです。
 千秋楽まで頑張ってほしいと思います。そして少し疲れをとって人格的にも完成された横綱となって、ぜひ昭和の大記録に挑んでほしいと思います。
0

2007/5/25  6:20

会社経営と評論家  国軍(Reichswehr)
 先頃まで続いた不況のとき、どの企業でも言われたのは「評論家はいらない」ということばでした。
 意味はいろいろあると思います。会社のためになることを言ってくれる人は、経営者にとってありがたいことであったと思います。問題はろくでもないことを言って経営をかき乱す人にあったのでしょう。
 当時は経営者自体も変わりゆく時代に頭を痛め、変化にどのように対応すべきか頭を抱えていたと思います。しかし「経営者の哲学」で大体やるべきことが見えてきた時に、「昔のやり方でよい」と言われてしまうと頭を抱えてしまうと思います。
 評論家という職業が悪いわけではなくても、テレビやラジオで見識のないこと、嘘やデマを飛ばす人はやはり最終的には嫌われます。評論家も厳しい世界で、それでお金をいただいている以上、常にしっかりとした意見が求められるのです。
 評論家と言うのは言論人です。無責任な言論をすれば「評論家はいらない、お金が勿体無い」と言われるのは当然だと思います。
 会社も一つの哲学によって動く以上言論は必要なのですが、あまりに見識のないことを言うと非難されるということだと思います。
 「会社の哲学」を作る人は必要、問題は見識のない評論をする人であったと思います。
 ある海軍軍人が戦後、「アメリカが自動車や鉄道を使って運搬をやっているのに、日本は人と馬でやっており、これでは勝てないと思ったものだ」と、自分が現場の指揮官であったにも関わらず笑って評論しているのを見て、ある人間が「当時でも軽便鉄道を作ったり、何らかの改善の方法があったはずだ、小馬鹿にして評論するだけか!」と厳しく弾劾していました。日本人はその海軍軍人を戦後高く評価しておりましたが、私はそれを見て「評論家はいらない」ということばの意味がわかるような気がしました。
 その海軍軍人は戦後自分にお呼びがかかると思ったのか、横須賀近くで隠棲しましたが、アメリカ海軍は勿論相手にせず、高位にあったにもかかわらず無価値と考えられ、戦犯にすら名前があがりませんでした。そういう人物を無意味に高評価するのが日本の悪しき体質であったのでしょう。
 
0


AutoPage最新お知らせ