X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2007/5/10  5:40

フリー百科事典における本人認証の重要性  汽船(エッセイ)
 本人認証がないのは、ウィキペディアにおいてもっとも疑問に感じたことでした。シチズンディウムにおいては必ず本人名で登録することとなっております。「たいしたことではないではないか?」と思われるかもしれませんが、実はかなり重要なことです。
 ウィキペディアには編集者と査読者を置かず、管理者を置き編集には関与せず、査読もそれぞれの方の自由にまかせています。執筆者の自由を最大限に尊重した形でその点は結構だと思いますが、登録が簡単で、まったくの匿名でも編集でき、しかもメール以外の連絡法がありません。
 それでは一体誰が内容に責任を持つのでしょうか?内容に責任を持つのはフリー百科事典では間違いなく執筆者であろうと思われます。
 最近掲示板においても個人への中傷を放置すれば、それは掲示板管理者の責任となります。
 それではウィキペディアの記事において中傷がおこなわれれば、当然現行制度ではウィキペディア財団の責任となります。
 「集団知」という新しい考え方の象徴ともなったウィキペディアですが、本来編集者と査読者を置かないのは、百科事典編集の基本的用件を満たしていません。「集団知」をより信頼できるようにするためには本人認証をはっきりし、執筆者が内容については責任を持つことにしなければ、ただ膨張していくだけでまとまりを欠いてしまうものでしょう。
 私は本人であることをわかるように工夫していたので、当然あまりいい加減なことができませんでした、覆面はいい加減な記事の改竄や中傷を平気で行います。それは本人認証がされていれば決しておこらないことであったと思います。こちらも言い返さざる得なくなるので騒ぎが大きくなります。
 噂にすぎない内容を「新聞や雑誌に掲載されていたから」のせ、別の公開の資料等で確実に確認できる内容を、「あなたの信じる内容」で片付けられたのではかないません。市販の本で確認できる内容だけ掲載すればよいというものではありません。「真実であるかはどうでもいい、ただ確認できればよいのだ」では百科事典ではありません。実際そのような内容も多く散見されました。なまじっか百科事典の仮面をかぶっているだけに2ちゃんねるより始末の悪いところもあるのです。それを防ぐために記事保護機能もありますが、編集者と査読者もなく、一体誰が真実かそうでないか編集上の最終判断するのか?本人認証の機能もなく一体誰が記事の信憑性に責任を持つのか?編集者と査読者を置かないかわりに「集団知」があるというのであれば、その信頼性を増すために必要最低限本人認証をするべきだと思います。
 掲示板に馴れた人にとっては、「他人が誰であるかわからない」という、個人情報保護法を恣意的に解釈されたことからくる世界は、真実であるのかもしれません。しかし現実世界はそうではないのです。編集者と査読者を置かないものであるなら「集団知」をいかに信頼できるものにするかのみ重要なのです。「気に入らない内容があればその場で変更できるのだから編集に参加してください」というのでは、それはただの詭弁にすぎない気がします。ウィキペディアに参加する意志のない人も大勢おり、実際私も「あ、これ間違っているな」と思っても、一年近くこなかったのです。掲示板なら合戦もおもしろいかもしれませんが、百科事典にそれがあれば悪夢に過ぎません。覆面の執筆者が徘徊する閉じられた空間、私にはどうしてもそのように感じられました。
 本人認証のないフリー百科事典では、その内容は各人の良心にのみ依存したものになってしまいます。シチズンディウムがやろうとしていることはウィキペディアでやろうと思えばできることです。グーグルでウィキペディアの記事が上位にくるのは、それだけ「世界の百科事典化」をめざすグーグルとウィキペディアの思想があっているのだと思います。実際多くのそのキーワードに興味を持つ専門家がそれを事実上査読しているのでしょう。私はそれも想定して書いていました。まったく専門外の人、素人のひとりごとのような査読は迷惑このうえありませんでした。査読とはまったく新情報のない記事の改竄も迷惑このうえありませんでした。本人認証のない世界はいくら編集方針を作っても匿名掲示板と清秋的には変わらない、私にはそのようにどうしても感じられてなりません。それだけにシチズンディウムが待ち遠しいことだと思います。本人確認ができる世界は最終的には多くの人にとってより居心地のよい社会を保障し、そのうえでプライバシーが守られれば安全な社会になるのだと思います。
 私はウィキペディアに敵意はありませんが、あまり意心地のよい世界ではなかったことは書いておこうと思います。本人認証と本人の専門性、興味のある分野の確認は重要です。自分の専門性、興味を持っていることを書かない人、もしくは書けない人は、フリー百科事典編集に参加する最低用件を満たしていないとは思いました。受験勉強程度の知識で覆面で査読されてはかなわないと思いました。

http://en.citizendium.org/wiki/Main_Page
  (シチズンディウム)

 
0

2007/5/10  5:36

ブログ名少し変えました  お知らせ
 といっても、金港人ポストの金港人とポストの間に「の」を入れただけなのですが、ブログらしい名称にしたいと考えていたので、これでよいかなと思いました。
0


AutoPage最新お知らせ