X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2007/5/5  21:21

キッザニア見てきました!  文化国家(Kulturstaat)
 ゴールデンウィーク中体調よかったり悪かったりなのですが、明日がありますし今日は思い切って東京まで行って映画を見て、調子がよかったので思い切ってキッザニアにある「ららぽーと豊洲」まで行ってきました。
 すぐ横に石川島播磨重工業(IHI)があり、もともとドックのようですね、「Urban Dock」というもう一つの名前がついていました。
 「ららぽーと」も「LaLa Port」で港をイメージしているのですね、気に入りました。
 周辺は運河もあり海も見えて私が好む空間でした。キッザニアは私には家族もいなければ子供もいないので、外から見るだけでしたが、鈴鳴りのお客様で施設係員の表情も明るく、本当によいことだと思いました。3階にありお隣は紀伊国屋、ショッピングモールもたくさん人がいておいしいものが海を見ながらたくさん食べられそうでした。
 でも港は横浜のほうがきれいですよ!南にあるせいか海が明るいのですよ!
 お隣は公園、東京クルーズの発着場でもあり、海沿いを散歩できる遊歩道が建設中でした。周辺はいまだ普請中でこれからアパートやオフィスが建つ雰囲気でした。映画もありますが、キッザニアがとにかく大変な集客力でした。あれは汐留にも銀座にもないのですばらしいと思います。豊洲の個性です!
 晴海と豊洲は、ウォーターフロントとして無限の可能性があるように思いました。
 私のしごと館と比較すると規模の点でかなり違います。だいたいららぽーと全体で私のしごと館の2/3ぐらいですので大きさがまったく違います。
 私のしごと館も近畿と関東の人口差がありますので比較になりませんが、実感として体験型博物館と娯楽施設の差がかなりあるように思えました。
 ららぽーとはあそこだけで生活に必要なものと、ブランドがかなり買えるよさがあります。駐車場も充実していますが、駐輪場も充実していて地域の生活と密着したウォーターフロントのすばらしいショッピングモールだと思いました。クレーンが粋でしたね!!!グッドです。
 キッザニアはららぽーとの三階、おそらく体育館が三つか四つ入るぐらいの大きさだと思います。
 そこにうまく展示を凝縮し、陰影を活かしてうまい街づくりをしているのだろうと思います。
 ほどほどの規模の施設でうまく客を回転させる、民間企業として当然の戦略をとっておりました。
 三井不動産さんだそうですが、ディズニーランドより気楽に遊びにいけると思います。
 豊洲のすぐ後ろは富岡八幡宮などもある下町であり、ららぽーとの傍には他に、日本ユニシスの本社、芝浦工業大学、清水建設の研究所等、越中島には東京海洋大学(旧東京商船大学)もあり、なかなか粋な空間です。
 駐輪場の横で発作がおこり咳が止まらなくなりしんどかった。家族を作ってキッザニアに行ける日がくればと思いました。子供も親もはしゃいでいましたね、ウォーターフロントにできたちょっと「粋」な施設、私にはキッザニアはそのように思えました。
0

2007/5/5  9:25

高野連は寛大な対応をとるべきである!  心氣体(fitness)
スポーツ特待生について騒ぎになっておりますが、どうもよくわからないのです。高校野球において過去問題になったこととして、中京商業三連覇に代表される選手集めの問題がありました。
 つまり高校内に一種の社会人野球のようなチームを作り選手強化を行う、高校生なのに選手の年齢は通常では高校生でない生徒が多く、実際は高校生であるという事実がない、そのようなことがあった中で作られてきた制度だと考えております。
 事実上「社会人対高校生」になってしまい、問題だからこそ作られた制度です。
 おそらく数十年に渡って野球の一芸一能を支援してきた高校が、高野連側の急遽変わった運用により一芸一能を活かす道を奪われる、高野連側の態度は過去の制度運用から考えると、ひじょうに矛盾しております。
 不思議なことに近畿の高校で特待生制度が噂された高校があまり入っていない、きわめて恣意的な運用が現在されているのではないでしょうか?これでは「高野連の地元近畿の高校を強くしたい」という気持ちではないか?と勘繰られても仕方ないと思います。
 もともと地元近畿の熱狂的な応援のある近畿や、暑い気候に強い西日本が有利と言われる高校野球です。
 もし長期間行われていた運用を強引に変え、それにより少子化で苦しい高校運営そのものに被害を与えるのであれば、高野連はどのように責任をとるのでしょうか?
 もともと今回の事態は、プロ野球からの高校や生徒への一種の手付金が問題となったものです。高校の奨学金制度を取り締まるのは論理のすり替えにも見えます。
 ともあれゆるかった運用を急に厳しくして、学生に被害を与えてはならず、現実にあわない運用を続けてきた協約こそ本来変えるべきだと思うのです。
 神奈川も選手流出に悩んだ時期もありました。近畿に最近優秀な選手が多いのは、それだけ野球の一芸一能で成功をつかもうとする選手が多いせいだと思います。「金さえあれば強くなれる」というのも問題ですが、すぐれた指導者につかなければ選手の才能を伸ばすことができません。高野連はもっと寛大な対応をとるべきだと思います。
0


AutoPage最新お知らせ