X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2007/5/3  8:51

あたりまえでしょう?防衛省機密保持要領  汽船(エッセイ)
 昨日のイージス艦の情報漏洩事件を受けて、防衛省は新たな要領を作り、不審者が近づいてきたら上官に必ず報告することを義務化したそうです。
 下に、「JP.AOL.COM」にから抜粋させていただきました。内容は下記のとおりですが…あのーこれってあたりまえのことではないでしょうか?不審者が不審者のように近寄ってくることはないし、知り合いにマスコミの人なんて見えてないだけで結構いるものです。マスコミのお手伝いをやっている業者もいますし、相手が直接マスコミでなくても知り合いの知り合いがマスコミであることだってありえます。価値ある情報なら売られてしまいます。
 今回の事件も家族から漏れたのでしょう?この要領の背景には「自衛隊一家は信用できる」という考え方がまだあるように思えます。ゾルゲ事件も「一家」と考えていた人から機密が漏れたのです。
 どのようなことをしても完璧はありえませんが、まず機密情報と公開情報を頭の中で分類し機密情報を喋らない、それは一家であっても同様という基本的考え方を徹底することだと思います。
 たとえば上官や先輩から任務と関係のない機密情報を語るように命令された場合、その上官や先輩は不審者と見なすべきだと思います。
 今回のスパイ事件も、「日本人は一家と見なした人には何でも喋る」という弱点をついたものです。
 秘密は内部から漏れるものです。私のブログにも最初の頃は「内部告発しませんか?」という問い合わせがよくありました。大半がフリージャーナリストを名乗った匿名メールです。匿名メールには一切お答えできませんと言っておきました。
 私の方でもブログをするにあたり、機密情報と公開情報を頭の中で峻別し、公開情報しか書かないことにしております。そもそも学校運営なんで個人情報以外の秘密なんてないのです。機密情報に値しないものは原則公開です。市民への情報公開の時代になってからの基本思想です。
 私が機密性の高い仕事をやったときは、その間友人づきあいもほとんどしませんでした。
 私の場合その癖が今でも残っています。はっきり申し上げて私のしごと館は機密の少ない方の仕事でした。
 話がそれましたが、今回の要領はあたりまえの確認にすぎません。イージス艦機密漏洩事件を反省するのから、「機密情報と公開情報を峻別せよ!」「自衛隊一家でも油断するな!」「情報は内部から漏れるものだ!」「スパイはやる方が悪いが、やられる方はもっと悪い!」という基本事項を再確認すべきだと思いました。
 安易に機密情報を聞きたがるマスコミへの脅しにはなったと思いますが、情報公開しないと内部にまずいことがあり、組織の屋台骨が腐ってても市民がわからなくなってしまうし、機密情報と公開情報のバランスは難しいものだと思います。
 ただ、公開情報は積極公開すべきことは当然であろうと思いました。
 どさくさにまぎれて、組織の閉鎖性を高めたようにも見えます。
 まあ…とにかく頑張ってください。
 ところで火付盗賊が世の中多いので、横浜市安全管理局の注意をリンクさせておきます。

 http://www.city.yokohama.jp/me/anzen/image/0427kasai.pdf
              (横浜市安全管理局 火災注意事項)


「JP.AOL.COM」より抜粋

 防衛省が全自衛隊員を対象に、部外者から不審な働き掛けや接近があった場合、職場の保全責任者や上司に通報するとともに、事務次官に毎月報告するよう義務付ける対応要領を作成したことが2日、分かった。同省によると、部外者には記者も含まれる。
 要領は次官通達で昨年12月28日、陸海空各幕僚長や情報本部長らすべての自衛隊機関トップに通知。今年2月1日から実施されている。
 防衛庁(当時)は2000年の三等海佐によるロシア駐在武官への情報漏えい事件を機に、駐在武官との接触に限定して許可と報告義務を隊員に課した。
 今回はその対象をメディアを含む部外者にまで拡大し、情報管理を一段と強化した形だ。
 自衛隊の各機関は、部外者から社会通念上の程度を超えた金銭・物品、供応接待などの働き掛けや申し出を受けたり、再三にわたる電話や電子メールで情報提供などを求められたりした場合、職場の保全責任者に報告するよう義務付けた。(出典は夕刊フジの記事だそうです。) 
0

2007/5/3  5:44

旧ソ連ではブログはできないであろう  社会的市場経済(Soziale Marktwirtschaft)
 先日ロシアでエリツィン元大統領がなくなりました。
 しかし今の若い方はもはやソ連など知らないと思います。
 世界の超大国でありましたが、秘密警察が100万人近くも必要な社会主義独裁国家でした。
 共産党に逆らう嫌疑をかけられただけで、精神病院やシベリア送りにされました。
 そのため多くのすぐれた人材が、刑場の露と消えました。

 当時のソ連(ロシア)で、ブログや個人ホームページを開くことなど考えられなかったであろう。「同志書記長万歳」と言ってさえ常に恐怖があったのだから。
 
 今は西洋風社会主義しか考えられなくなった。よい世の中になったものだと思う。
 かつては「修正主義」などと言われていた思想が、今や主流となったのである。
 「修正社会主義」は教条主義ではないから、まだ思想として発展の要素はあり、ブロガーが生きられる社会主義であると思うのです。

何よりも自由のない国にインターネットも、ブログメディアも発達しません。
 今の対立軸は「保守的自由主義 対 社会自由主義」だと私は思うのです。今でもミニブレジネフ(ソ連の独裁者の一人)のような人もいます。社会的に迷惑な人だと思うのです。自由と正義を愛する国に!
 
 
0


AutoPage最新お知らせ