X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2007/5/26  6:48

大事な用事があったのに・・・  進歩主義(progressive)
 今日は大事な用事があったのですが、受けたときが体調最悪の時でしたので、キャンセルして今は家です。あーあ…
0

2007/5/25  23:09

朝青龍関ホッとしたのかな?  心気体(フィットネス)
 大相撲は白鵬が全勝を続け、朝青龍、千代大海共に負け、ドッチラケの展開になってきました。
 でも横綱も、長年一人横綱をやっておられてホッとしているのかもしれません。
 父親が友人どうしであれば、白鵬関も子供の頃から知っているのでしょう。
 私は朝青龍関の方が白鵬関より喜怒哀楽がはっきりしているので、いろいろ問題はあってもわかりやすくていいです。
 千秋楽まで頑張ってほしいと思います。そして少し疲れをとって人格的にも完成された横綱となって、ぜひ昭和の大記録に挑んでほしいと思います。
0

2007/5/25  6:20

会社経営と評論家  国軍
 先頃まで続いた不況のとき、どの企業でも言われたのは「評論家はいらない」ということばでした。
 意味はいろいろあると思います。会社のためになることを言ってくれる人は、経営者にとってありがたいことであったと思います。問題はろくでもないことを言って経営をかき乱す人にあったのでしょう。
 当時は経営者自体も変わりゆく時代に頭を痛め、変化にどのように対応すべきか頭を抱えていたと思います。しかし「経営者の哲学」で大体やるべきことが見えてきた時に、「昔のやり方でよい」と言われてしまうと頭を抱えてしまうと思います。
 評論家という職業が悪いわけではなくても、テレビやラジオで見識のないこと、嘘やデマを飛ばす人はやはり最終的には嫌われます。評論家も厳しい世界で、それでお金をいただいている以上、常にしっかりとした意見が求められるのです。
 評論家と言うのは言論人です。無責任な言論をすれば「評論家はいらない、お金が勿体無い」と言われるのは当然だと思います。
 会社も一つの哲学によって動く以上言論は必要なのですが、あまりに見識のないことを言うと非難されるということだと思います。
 「会社の哲学」を作る人は必要、問題は見識のない評論をする人であったと思います。
 ある海軍軍人が戦後、「アメリカが自動車や鉄道を使って運搬をやっているのに、日本は人と馬でやっており、これでは勝てないと思ったものだ」と、自分が現場の指揮官であったにも関わらず笑って評論しているのを見て、ある人間が「当時でも軽便鉄道を作ったり、何らかの改善の方法があったはずだ、小馬鹿にして評論するだけか!」と厳しく弾劾していました。日本人はその海軍軍人を戦後高く評価しておりましたが、私はそれを見て「評論家はいらない」ということばの意味がわかるような気がしました。
 その海軍軍人は戦後自分にお呼びがかかると思ったのか、横須賀近くで隠棲しましたが、アメリカ海軍は勿論相手にせず、高位にあったにもかかわらず無価値と考えられ、戦犯にすら名前があがりませんでした。そういう人物を無意味に高評価するのが日本の悪しき体質であったのでしょう。
 
0

2007/5/24  6:19

熊井啓監督死去・・・  文化国家
 本当に長久手事件の林一歩警部の殉職といい、世の中でまだまだ必要とされている方がなぜ次々に亡くなってしまうのでしょうか?
 「黒部の太陽」、「日本の黒い夏」、「海は見ていた」日本の名匠熊井啓監督が5月23日(水)に亡くなられました。76歳でした。
 18日(金)朝に自宅近くでくも膜下出血で倒れられ、一時期会話ができるほど回復したそうですが…残念なことです。
 寡作の決してビジネス映画を撮らない監督で、そして誰もが決して挑むことがないテーマに臨む真の芸術家であったと思います。
 私は勿論面識がなく、映像に関わるまであまりよく知らなかったのですが、私のしごと館の「ジョブジョブワールド」の「映像編集者」に、ディレクターの滅茶苦茶な熱意が通じたのか、あの大監督がわずかですが映像に出てくださり、「海は見ていた」の編集現場に入れてくださったということです。
 会話は少なかったということですが、「いいよいいよ見ていきなさい」という雰囲気だったということです。その時は映画名はわからなかったのですが、完成後映像でわかりましたので、勿論「海は見ていた」は本牧で見させていただきました。
 その後知ったのですが、実は意外に熊井啓監督の作品を見ていたこともわかりました。恋愛物語は苦手ですが、三浦哲郎先生の「忍ぶ川」も柄にもなく読んでしまいました。
 茶道関係では井上靖先生の「本覺坊遺文」を映画化されました。勿論すべての作品を見たわけではありません。しかし映像に出ていただいたことによりいろいろ勉強させていただき、新たな地平線を見せていただいた。作品そのものも観客に新しい地平線を開かせる映画作品が多かったように思います。私が記憶に残っている最初に見た映画もウルトラマンと熊井啓監督の作品で、今でも私の人生に影響を残しています。
 76歳…人生80年と考えればまだまだお若い、林一歩警部と年齢はだいぶ違いますが、あまりにも若い死だと思います。
 お二人とも社会のために尽くされた方でした。心より御冥福をお祈りいたします。
 本当に…天を仰いでしまいました。

 http://www.shigotokan.ehdo.go.jp/jjw/servlet/gaisetsu/nanikana?jobID=0000530
 (映像編集者)
0

2007/5/23  6:02

「横浜・川崎ポート・オーソリティ」ならすぐ実現可能かな?  社会的市場経済
 関東の港というと。横浜と東京ばかり注目されてしまいますが、真ん中にあり忘れてはならないのが川崎港です。
 川崎港は多摩川の河口付近から続く埋立地にあり、工業港の色彩が強いのですが、現在でも実際に横浜港とかなり一体化した運営をしております。
 横浜港の鶴見付近と、川崎港はもともと浅野財閥が中心となり造成されており、行政区画が分かれているだけのところがあります。川崎港は市による直営方式なので、その点でも一体的運営に横浜市と川崎市の市政のねじれ現象があると、多少不便なところがありました。
 世界には、ロサンゼルス港とロングビーチ港のように隣接していても切磋琢磨しながら実績をあげている港湾都市も少なくありません。羽田空港がポート・オーソリティの所有物になる可能性はもともと低いのですから、「東京港」と「横浜・川崎港」にして切磋琢磨する方法もあるように思います。
 同じ神奈川県ですので、それであれば独立行政法人等のような特殊な形式にしないでも、現在の港湾法にある港務局の形式で神奈川県が仲介して横浜、川崎市議会の承認を受ける方法もあるように思います。
 横浜・川崎港が一体化すれば、長年の問題の横浜港鶴見地区と川崎港の一体運営が可能となり、横浜港が事実上羽田空港と隣接することとなり、川崎港も可能性が爆発すると
思います。
 京浜港は法律上は別にかまいませんが、日本の港都、開港場の歴史がある横浜港の名称が消えるようなことは絶対あってはならないと思います。
 神戸港にしても大阪港との調整がうまくいかなければ、まず同じ兵庫県の尼崎港と提携する方法があります。
 そして大阪港は同じ大阪府の港湾都市と手を組む方法もあると思います。
 神戸港にしても阪神港となって、神戸港の名前が消えることは耐えられないと思います。「横浜・川崎ポートオーソリティ」、「横浜・川崎港」なら障害は低いと思います。
 独立行政法人でも港務局でも、「市民の会社」としての独立性の確保が大切だと思います。
 同じ県なら港務局となる場合も調整が楽ですし…私の一つの空想です。
 規模が違いますし、株式会社であまり参考にならないかもしれませんが、株式会社茨城ポートオーソリティのリンクを参考までに貼らせていただきます。

 http://www.ipac-web.jp/
(株式会社 茨城ポートオーソリティ)
 
0


AutoPage最新お知らせ