X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2007/1/29  6:04

増える公民協働事業!  汽船(エッセイ)
 先日「官・公・民」という分け方を紹介させていただいきましたが、今「公」の分野は公と民が入り混じる状態となっております。
 民間のNPOやNGOが増える一方で、昔ながらの公共事業もあるからです。
 もはや公共事業ではなく、公民事業ではないかとさえ思えてしまいます。
 財政的に見ても、今後公共事業は「公のみでやる」時代は過ぎたのかもしれません。
 公は民の長所を取り入れ、民は公の立場を取り入れる状態も続いております。
 世界では公共工事でさえ、公民共同で互いに出資して行うことさえあります。
 日本でも昔は勧進(かんじん)により民衆よりお金を集め、公共工事をやるようなこともありました。
 教育や職業訓練も「官・公・民」が協働でやるように、法律的にもなりつつあります。
 公民協働事業の時代なのかもしれません。
0

2007/1/28  10:46

高度成長世代は“仲間の世代”?  汽船(エッセイ)
 高度成長時代に生まれた世代のことを、先日から勝手に高度成長世代と呼んでおりますが、これらの世代の価値観を一言で言えば何なのでしょうか?
 私は一言で言えば「仲間意識」のように思えます。
 ウィキペディアの「ひらけ!ポンキッキ」のコンテンツを読んでいて、そのコンセプトが「おともだち絶対主義」であったことを知り、考えついたものです。
 たしかに当時のロンパールーム、ピンポンパン、ポンキッキ、セサミストリートなどなどの幼児、子供番組を思い出しても、「おともだち」や「仲間」ということを強調する内容であったように思うのです。
 私達の世代によって作り出されたものとして、代表的なものにカラオケやディスコ(今はクラブ)があり、今はブログやSNSがはやっております。
 これはいずれも、「仲間」や「おともだち」を作るためのものです。
 この仲間意識が競争社会の中で今表向き埋没してしまっているのです。

 大正デモクラシーや戦後世代の方は、「同じグループやセクトに属している以上、同じように考え同じように行動すべきだ!」と考える傾向があるようです。
 仲間やおともだちは少し違い、考え方が少々違っても「好み」が同じならまとまれる柔軟性があります。
 高度成長世代は「仲間の世代」もしくは「おともだち世代」と言ってよいのではないでしょうか?
 この価値観は少子化世代になっても引き継がれております。
 おそらくいじめは、「仲間意識」を持つ小さな集団に分かれ、それらの集団が一方で「セクト意識」を持ち、そして互いに無意識のうちに競争をはじめる。
 この「仲間意識」と「セクト意識」が悪い形で融合すると、そこから外れた人にいじめがおこるように思うのです。
 これは戦後世代の学生運動の中にもありました。
 不況のときのリストラの手法が、軍隊や悪い学生運動のリンチを思い起こさせるものがあり、当時はゾッとしたものです。
 週刊新潮に今、小池真理子さんが「望みは何と訊かれたら」という小説を連載中ですが、これもゾッとする内容です。
 大学生たちの明るかった仲間が、セクト化する中で社会から孤立し、異常な状態となり集団リンチを引き起こす当時のタブーに臨んだものです。
 仲間がリンチで殺される中で、「望みは何?」と訊かれたら何と答えるのでしょう。
 仲間意識は本来いじめを排除するものだし、社会人となっても協働でしごとをするときに役立つ意識でもあります。
 本来よいものを持っているのに、競争社会に長所が埋没してしまっているのが、高度成長世代や少子化世代のように思えるのです。
 
0

2007/1/28  10:17

マレットゴルフの記事についてのお詫び  心氣体(fitness)
 先日、横浜港シンボルタワーのマレットゴルフ場について紹介させていただきましたが、資料を一部読み落とし、平日も誰でもできるようなことを書いてしまいました。
 現在は土日と祭日でございます。
 平日は10名以上の団体様のみできるということです。
 なお初めての方は、無料で実技指導してくださるということです。
 もし平日行かれた方がおられましたら、大変申し訳ないことをいたしました。お詫びさせていただきます。

 http://www.y-stower.com/malle11-3.htm#guide
 (横浜港シンボルタワーマレットゴルフ場)
0

2007/1/27  18:18

バラク・オバマがおもしろい!  汽船(エッセイ)
 週刊新潮でおもしろい人物が紹介されていました。
 バラク・オバマという人物です。
 アメリカ民主党の大統領候補というと、クリントン夫人がダントツの知名度を誇りますが、二番手につけているのが、初の黒人大統領をめざすバラク・フセイン・オバマ氏なのです。
 この人物タダモノではないようです。
 アイビーリーグの一つ、コロンビア大学(政治学)を首席で卒業し、二冊の本を書けばベストセラー、それをCDで朗読すればグラミー賞といううらやましい人物です。
 しかも性格まで温和ときては、白人なら間違いなく大統領でしょう。

 ケニア人の父と白人の母から生まれ、フセインというミドルネームにあるとおり、祖父の代までイスラム教徒で、父の代に改宗されたようです。(完全に確認できず)
 これは泥沼化してイラク問題を解決できる能力、溝が深まったキリスト教とイスラム教の対話も促せる経歴であるとも言えると思います。
 
 彼が政治家として名声を高めたのは、2004年アメリカ大統領選挙における民主党の基調演説とのことで、アメリカの夢と団結を訴える演説であり、多くの人々を感動させたということです。

 日本ではこの人物がなぜあまり報道されないのでしょうか?
 まだ45歳であり、今のアメリカ期待の顔であるにもかかわらずです。
 彼は日本人は好きなのでしょうか、好きであれば日本人のよき味方になってくれそうな気がします。
 日本人や有色人種を差別する人でない人であればよいと思います。
 とにかくアメリカマイノリティには頑張ってほしいですね。
 キリスト教とイスラム教との、平和的対話が進めばよいと思います。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%90%E3%83%9E
 (バラック・オバマ ウィキペディア)
0

2007/1/27  16:55

富山県警冤罪事件・・・被害者見つかる!  汽船(エッセイ)
 先日の新聞で、富山県冤罪事件の被害者が富山県警に名乗りでたという新聞記事を読みました。いろいろな記事を読んでも、ただ涙・・・涙です。
 病身の父親を置いて刑務所に入り、死に際に会いに行くことも許さない・・・
 出所後「お父さん、何で僕が出てくるまで生きていてくれなかったの・・・」というくだりを読んだところでは涙が止まりませんでしたした。
 
 県警に名乗り出たときの会話・・・

 「犯人が捕まったのですね」・・・「時間を返してください」・・・「お金はいりません」・・・「そっとしておいてください」・・・「実名は明かさないでください」・・・少しうろ覚えですが・・・一つ一つのことばが胸に刺さりました。

 出所後すぐだったのでしょうか?お金もなく駅から歩いて家に帰ったとき、母も亡く、父も亡く、空き家となった家に入ることもできず、横の窓から入ろうとしたとき、近所の人に見つかり目をあわせ、その近所の人は「おかえり」と彼に言ったとのことです。

 何でも取調べでは、「お前がやったに間違いないとまわりの人皆が言っている」と言われ、「お父さんすら犯人は僕だと言っているのか・・・」と観念したそうです。
 犯行方法は警察が、「酒屋を装ったんだな!」と創作したそうです。
 「裁判では「うん」か「はい」と言え!「いいえ」と言ってはならん!」とも言ったとのことです。
 このような人権無視・・・人格無視が、今の世の中行われてよいのでしょうか?

 「それでも僕はやっていない」と言っても、犯人にされてしまうことに驚きを感じました。かわいそうです。 
 
 被害者は、運命を淡々と受け入れる人物のように思えました。
 新聞や雑誌を含め、何も悪いことはしていないのに悪人のように言われ、周りの人間がすべて敵に見える。どれほどつらいことか私にはほんの少しですがわかります。

 補償とかそういったことではない、犯人を捕まえたい功名心のために、多くの人が傷ついたのです。

 映画「それでも僕はやっていない」が公開中ですが、現実に今でも人権無視が起こり続けるの見るにつれ、「日本は悪人に寛大で善人に厳しい社会」と言われる本質が見えた気がしました。
 何も言えませんが、「頑張って少しずつ人生を取り戻してください」とせめて書いておきたいと思います。
 
0


AutoPage最新お知らせ