X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●202X! / (2025年)大阪●関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(令和2年標語)「君らしく 君の歩幅で 一歩ずつ」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』による、セーフティネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2007/1/25  6:02

長野県でさかんらしい?マレットゴルフ!  心氣体(fitness)
 先日、横浜港シンボルタワーで、マレットゴルフができるようになったことを紹介させていただきましたが・・・マレットゴルフは長野県でひじょうにさかんなようです。
 東京でも辰巳の森海浜公園にマレットゴルフ場があり、普及しつつあるようです。
 私も機会があれば体験してみようと思いますが、やはりカーリングと同じく頭脳スポーツで、「スロースポーツ」であることに魅力があるようです。
 ゲートボールよりもスマートのなり、若者にもなじみやすくなったようですね。
 今普及中のスポーツということで、愛好家のサイトが数多くあります。
 シンボルタワーの近くには、一般には開放されておりませんが野球グラウンドもあり、たまにリトルリーグが練習しにきております。
 港湾カレッジの横には、港武館という武道場もあります。
 考えてみるとそれなりにスポーツ施設のあるところなんですよね・・・
 マレットゴルフについて気になるサイトを紹介していただきます。
 根岸からのアクセスが現在海づり公園で止まってしまっているので、個人的な意見であることは言うまでもありませんが、本数は今のままでも、シンボルタワーまで伸びればよいのですが・・・最初は土日祭日マレットゴルフ場が運営されているときでも・・・平日は10名以上の団体様のみということですが・・・最初の方には無料で実技指導してくださるということです。・・・横浜港シンボルタワーホームページマレットゴルフ場に詳細は書いてございます。資料読み落としてごめんなさい。
 ともあれまずマレットゴルフが普及してほしいですね!
 横浜におけるマレットゴルフ普及の拠点に、ぜひシンボルタワーになってほしいと思います。
 ちょっと派手にリンク貼りすぎかな?お気に触わったら修正しますのでご連絡ください。

 http://www.tptc.or.jp/park/tatumi/new_sports07.htm
 (辰巳の森海浜公園 マレットゴルフ場)

 http://www.azm.janis.or.jp/~mallet/index.htm
 (信州のマレットゴルフ場)

 http://www.30ans.com/room/takeyoshi/?itemid=2729
 (NPO Sun Green)

 http://www.h4.dion.ne.jp/~jma/
 (日本マレットゴルフ協会)

 http://www.y-stower.com/malle11-3.htm#guide
 (横浜港シンボルタワー) 
 
 
0

2007/1/24  6:01

不二家には再生してほしい!  自然(エッセイ)
 毎日のようにニュースに出てしまう不二家ですが、横浜発祥で銀座の顔とも言える老舗であれば仕方がない話だと思う。
 ただ幸運なこともあると思う、それは会社がどうしようもなくなって、正しい者が追い詰められて苦し紛れに内部告発したのではなく、会社の内部調査によってすでに発覚し、あまりの問題の大きさに発表を逡巡(しゅんじゅん)している中で、社員全員に出した緘口令(かんこうれい)が外に・・・おそらく外部の人間とのコミュニケーションにより出たことで発覚したからです。
 不二家は小規模な洋菓子屋ではないのだから、あのような大規模な緘口令をひいても無駄だし、「雪印の二の舞にしてはならない」(・・・だから発覚してはならない)という論理の内部文書を大掛かりに出して、外から見ればばれないのがおかしいのに、そう思っていたことにおかしいところがあったのでしょう。
 悪い秘密というのはばれるものであり、噂ははっきりいってかなり前からありました。
 ばれてないと思っている・・・「知らぬが仏」ということなのです。

 先日の週刊新潮において横綱玉の海が、母親は日本人ながら父親が韓国系であるということも、風聞としてはよく知られている事実であり、誰も言わないから知らないというわけではないのです。
 風聞や民間伝承を侮ってはならないと思います。
 
 会社の透明性を高めなければならない理由も、結局は風聞として伝わってしまったことはいずれはばれるということなのです。
 「鉄のカーテンをひけば秘密は漏れない」とはいっても、カーテンがなくなれば噂通りだったということもあります。
 最終的には鉄のカーテンをひく努力が空しいことなのです。
 不二家さんもホームページ等で、情報公開に少しずつ取り組みだしたようです。

 昔の不二家と違い、洋菓子が人工的で不自然に甘すぎた感じがしたのは私だけでしょうか?
 あれは昔と違い材料に自信がなかったせいなのでしょうか?
 味に鈍感な私でも少し感じたのだから、おそらく味覚の鋭い人は気づいていたと思います。
 結局は騙しきれないものなのです。

 横浜の老舗は和菓子、洋菓子を含めて少しずつ消えております。
 数年前には有明製菓もつぶれました。
 有明ハーバーは復活しましたが、ここで不二家は本来の味を回復し胸を張って老舗の看板を誇れるようになってほしいと思います。
 横浜の小さな洋菓子屋であった初心に戻ってほしいと思います。私もあまり偉そうなことを言えないが・・・

 http://www.fujiya-peko.co.jp/
 (不二家ホームページ)
0

2007/1/23  6:09

港湾・空港の輸出入手続き一元化になります!  自然(エッセイ)
 昨日の読売新聞夕刊におきまして、22日政府は輸出入に関する行政上の手続きをインターネット上で一元化する、「シングルウインドー・システム」を全面的導入をすることに決まったと報道されました。
 同システムの全面導入は、情報、物流、金融などでアジアとの交流拡大を目指す安倍内閣の、「アジア・ゲートウエー構想」の主要施策となるとのことです。
 記事にも書いてありましたが、日本の港湾は、通関、検疫、乗務員の上陸手続きが各機関ごとになっており、手続きも煩雑であり、港湾ごとに共通化されていたり元のままだったりしてわかりにくく、日本経団連からも「類似の内容を何度も届けなければならず煩雑すぎる」という声があがっており、欧米風港湾経営の手法であるポートオーソリティの導入や、メガターミナルオペレーターの必要性など、改革が待ったなしの状況となっておりました。
 テロ対策も各港湾で対応がバラバラではやりにくく、情報システム、手続き一元化は絶対必要不可欠となっておりました。
 単にシステムを導入すればよいのではなく、国民のお金を入れるからには、国民のための結果が求められるところだと思います。
 導入しても、シンガポール、香港、上海との差がさらに開けば、さすがに国民からの強い批判にさらされると思います。
 結果を出し、経営者、労働者の負担を軽減させることが、今回の決定の趣旨だと思われます。
 今後大いに期待したいと思います。
 それにしても・・・改革は本当にまだまだこれからなんですね!学生教育の方法もまた変えないといけないのかな?早くきてほしいと思っていましたが、やっと進みだしました。
 これで巨大船=メガシップもどんどん港にきてくれれば最高です。
0

2007/1/23  5:55

横浜港シンボルタワーでマレットゴルフができます!  心氣体(fitness)
 港湾カレッジと同じ本牧埠頭にある、横浜港シンボルタワーにマレットゴルフ場ができました。
 マレットゴルフといってもイメージがないかもしれませんが、グラウンドゴルフに似たスポーツで、一人でもグループでも、老若男女問わず楽しめる生涯スポーツです。
 カーリングと同じく、頭脳スポーツともいうことができると思います。
 シンボルタワーの下には公園が広がっておりまして、展望と散策だけでなく、スポーツでも楽しんでいただこうという趣旨のようです。
 天気の悪い日はまずいですが、海に程近いので海風が心地よく、健康にも大変よいと思われます。
 休日にはいっぱいになるシンボルタワーですが、平日も誰もが毎日楽しめるものができました。(これ少し間違えました。今は土日祭日で、平日は10名以上の団体様のみということです。最初の方は個人でも実技指導してくれるということです。資料を読み落としましてごめんなさい!)
 バスや自動車でこれます。
 三人ぐらい仲間が集まれば、根岸あたりからでもタクシーに同乗して行くのもおもしろいかもしれません。
 マレットゴルフができるところは少ないので、体験されてはいかがでしょうか?
 日本マレットゴルフ協会も、普及の拠点として期待しているようです。

 http://www.h4.dion.ne.jp/~jma/
 (日本マレットゴルフ協会)
  
 http://www.y-stower.com/
 (横浜港シンボルタワー)
 
 
0

2007/1/22  18:37

朝青龍が八百長?相撲をよく見ろ!  心氣体(fitness)
 本日所用があり電車に乗っていたら、週刊現代で「朝青龍が八百長している」という吊り広告があった。
 以前、千代の富士が八百長しているという記事が続いたことがあったが、本質的には同じ記事のようであった。
 かねてから疑問に思っていたのだが、相撲の本を読んでいると八百長商売をする力士は、大抵中堅か、中堅以下ぐらいのあまり強くない力士である。
 彼らは強い力士や、親方たちの幇間(ほうかん)のようなことをしながら、勝ち負けを調整して、星を売ったり買ったりしながら商売するのである。
 強い力士は勝ったり負けたりできない事情があるから、八百長商売がそもそもできない、そんなことをしないでも朝青龍は天下無敵だから八百長などする必要がない。
 八百長談合の元締めなんてやる暇は、稽古や行事で忙しい横綱がやる時間はない。
 現役時代は私も千代の富士関を疑ったものだが、あのすばらしい相撲を思い出し、あのようなすばらしい相撲をとる力士が、八百長などするはずがないことを後日確信した。
 相撲には一門ごとのセクトがあるから、今凋落している一門が出している噂か、ガセネタ相撲ライターが書いていることだと思う。
 週刊現代といえば、ついこの間、“拉致被害者蓮池薫さんは自らの意思で北朝鮮に行った”ような記事を書いた雑誌ですよね?いくら虚実ギリギリの世界で勝負する週刊誌とはいっても、荒唐無稽すぎないでしょうか?
 以前ライブドアのガセネタメール記者を雇っていたことがあり、その人の書いた一つのガセ記事によって、テレ朝女子アナの一人は事実上現場から追放された!
 反省がなさすぎる気がする・・・月刊現代はよいし、講談社も一流の立派な出版社であるだけに、ちょっと心配な徴候です。

 かつてカール・ルイスが言っていたが、アトランタオリンピックでドーピングで勝ったベン・ジョンソンに握手をしに行ったら、彼はまったくうれしそうでなく、目を背けたという。
 「ズルをして勝ってもうれしくないものだ」と、カール・ルイスは言っていた!
 相撲に勝ってあれだけの歓喜を見せる朝青龍に、絶対そのようなことはないと私は確信するし、第一大横綱に失礼だと思う。

 ところでちょっと話は逸れますが、私の記事も必ず勤務時間外か、正統な理由で休んでいるときに書きます。
 AOLダイアリーは外からでもメールで投稿できるし、インターネットがつながる環境があればモバイルからでも投稿できるがそれもやっていない、それは記事投稿の日時が書いてあるわけで、見ればわかるということです。
疑惑を言い出す前に、まず物事をよく見ることだと思います。
 
 何でもきちんと見れば、大きな誤りはおきないものだと思います。
 まったくもって週刊誌の冤罪だと思います。
 最近はあまり相手にもされていない週刊現代、他人ごとながらああいう記事で勝負するとは・・・ちょっと心配だなあ・・・
0


AutoPage最新お知らせ