X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが復活しますように。X
X(挑戦!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 原点回帰東京●2021(秋に開催を!) / (2025年)大阪●関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(令和3年標語)「やりがいを 見つけた君に エールの輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』による、セーフティネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2006/12/13  6:01

私のしごと館  “未来を開くキャリア教育と能力開発”  文化国家(Kulturstaat)
 「キャリア教育」といっても、ある年代以上の方はほとんど知らないと思います。
 簡単に言えば、「社会を知りそれを人生選択に活かす」ということでしょうか?
 昨今フリーターやニートの増えた理由としてたびたびあげられるのが、「キャリア教育の不足」です。
 第二次ベビーブーム世代の前半ぐらいまでは、日本ではキャリア教育がほとんど行われず、それが伝統的勤労精神の崩壊へとつながり、「仕事をしても長続きしない」人の増加へとつながったと言われます。
 低下しつつある「勤労精神」をどのように高めればよいのでしょうか?
 原則としては勤労精神を高く維持するために、青少年のうちに心に種を撒くことが私のしごと館の目的だと思います。
 それは軍人精神や国防意識を維持するため、各国で戦争博物館や軍事博物館が必要不可欠なように、勤労精神を体罰や根性主義ではなく、より科学的なキャリア教育手法で維持することに主な目的があると思います。
 そして勤労精神の種を撒けば、それは教育や能力開発を受けるにあたり、より自主的な努力ができるようになるというものなのです。
 勤労精神と軍人精神を結びつけるのは、何か怖い感じを受けるかもそれませんが、生きるために必要不可欠なものであり、終身雇用制がゆるやかなものになり、従来型の企業OJTに過大な期待ができなくなった今こそ、今後必要不可欠なものであると思います。
 世界各国もまだ、「勤労精神の重要性」に気がついていないのです。
 もし文部科学省系の施設ならおそらく、「独立行政法人国立職業博物館」とでも言うのだと思われ、もし社会主義国なら「国立労働博物館」とでも言うのでしょう。
 楽しさのかけらもないので「私のしごと館」というのは、まさに親しみやすいよい名称だと思います。
 そしてそれは、ものづくりを中心とする日本経済の発展へとつながるのです。
 「役人のしごと館」とか言われておりますが、私自身役人ではありませんので、せめて「日本のしごと館」とでも言ってほしいものです。
 それではキッザニアは「メキシコのしごと館」でしょうか?
 日本に一ヶ所しかない施設なので、できればもっともっとインターネットによる情報提供、インターネット博物館が充実すればよいと思います。
 職業博物館・・・もしくは労働博物館という分野は、戦争博物館、軍事博物館と同じぐらい重要ではないでしょうか?
 命を落とす心配のない平和的なものですし、楽しんで学べればすばらしいことで、私の青少年時代にもそのようなものがあればよかったと思います。
 強い勤労精神があれば、次の不況がきてもそれを短期間で克服できると信じます。 
0


AutoPage最新お知らせ