X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に首都機能移転を♪ / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化発展。X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「環境都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は基礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2006/11/6  6:12

第19回全国染織作品展を見てきました(シルク博物館)  文化国家
 昨日日曜日、横浜シルク博物館にて行われている、第19回全国染織作品展を見て参りました。
 私は染織の専門ではありませんが、やはり横浜生まれということで絹織物には興味があり、最初の赴任地ポリテクセンター静岡には、当時まだデザイン系があり、染色も教えておりましたので、「こういうのもよいかな?」と思い見て参りました。
 あらためて日本の染織の伝統、絹織物の水準の高さを感じました。
 繊維産業は不振と言われますが、養蚕は皇祖がはじめられたという伝統を持つ日本ですので、何とか工夫して復活できないものかな?と思いました。
 シルク博物館は何回も行っておりますが、不思議と行き損ねているのが、神戸ファッション美術館です。
 シルク博物館は、テーマが主に絹に限定されておりますが、横浜では神戸ファッション博物館にあたる地位にあり、実際アパレル関係者と思われる人をよく見かけます。
 私も和服もさることながら、洋服にも日本の染織を活かした絹織物の伝統を活かせないものかと思います。
 作品の中に東京の森川明洋(もりかわあきひろ)さんの、「奏でる青春のソナタ」(シルク博物館大賞 染振袖)がありましたが、クラシック楽器をデザイン化した、実際に楽器が動いて演奏しているような「動的デザイン」ともいうべきものでしたが、ああいったものは、女性のみならず男性にもうけそうなデザインで、「おもしろいな」と思いました。
 本日月曜日はお休みですが、12日日曜日まで実施しております。
 16時30分までで、16時まで入館ですのでご注意を!
 ちなみに染織や染色等、地場産業関係の職業訓練はほとんどやめてしまったわが社ですが、京都の舞鶴にあるポリテクカレッジ京都に、例外的の染織技術科が残されております。
 三要素として「1.伝統・コンテンポラリー 2.企画・マーケティング 3.素材・プロダクション」を掲げ、染織CADにも力を入れているということで、うちの会社でももはや全国に一つということで、昨年港湾カレッジにパンフレットが届きました。
 京都は桐生のライバルですが、特に上方(かみがた)で染織にご興味のある方は、ぜひ問い合わせてください。
 今回の作品展で京都の方の作品には、築山政春(つきやままさはる)さん作品の、「彩り川」「気流」(奨励賞受賞 染着物)がありました。
 「空気と水」というテーマだと思われ、京都の方らしい静かな雰囲気でした。

 http://www.silkmuseum.or.jp/special08.html
         (シルク博物館秋の作品展)
 http://www.ehdo.go.jp/kyoto/kpc/kakuka/senshoku.html
         (ポリテクカレッジ京都 染織技術科)
 http://www.fashionmuseum.or.jp/src/
         (神戸ファッション美術館)
クリックすると元のサイズで表示します
0


AutoPage最新お知らせ