X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2006/10/20  22:14

残りの横浜市営バス再編地元説明会について!  お知らせ
 私は、港湾カレッジにつながる26系統のみ、無事であればよいとは考えておりません。
 あくまで必要な路線は、公共サービスとして納税者に絶対残さなければならないと考えます。
 横浜市生活バス路線維持制度の候補とはなっていても、決定までは安心できないので、それまでメッセージを必要に応じて送り続け、早くD突堤や大黒埠頭の仲間たちにも吉報がきてほしいと考えます。
 南公会堂の説明会に行ってから熱くなりっぱなしで、市当局の方々には失礼なこともいろいろ書いており、「抑えろ!抑えろ!」と怒られているのですが、やはり義勇軍の気持もあるので、残りの地元説明会の日程を紹介させていただきます。

 緑公会堂 10月21日(土)  10時〜12時(午前)
 (緑区寺山町118緑区総合庁舎2階 JR中山駅下車徒歩5分)
 南公会堂 10月22日(日)  19時〜21時(夜)
 (南区花之木町3−48−1 地下鉄蒔田駅下車徒歩5分)

 南区は26系統、11系統、79系統と並びますが、緑公会堂のほうも同じく、高校へとむかうバス路線が多く、東急バスや神奈川中央交通もありますが、まだまだ不便なところも多いのが現実です。
 市営地下鉄が青葉区等を通りますが、まだまだ先なのでそれまで何とかしなければなりません。
 教育機関も多いので、健闘を期待いたします。
 改革には「変革」と「変な改革」があります。
 もし市民の皆さんが、説明を聞いても「変な改革」と思うことがあったら、それは断固阻止しなければならないと考えます。
 「変な改革」に対しては、湾岸部とも協力して断固阻止しましょう!
 だいたい営業妨害です!
 開港150周年が実り多い年となりますように!
 
0

2006/10/20  6:14

横浜市営バス補助金不正受給問題について  汽船(エッセイ)
 おととい横浜市南区の南公会堂で、あれだけの騒ぎがおこったにもかかわらず、神奈川新聞に少し掲載されただけで、一切報道されないことに疑問を感じ、いろいろ調べておりましたら、2001年〜2005年に横浜市交通局は、横浜市から出される不採算バス路線の補助金を、本来赤字があまり大きくない路線まで水増し請求し、12億8千万円を不正受給していた事件があったことを思い出しました。
 発覚したのは今年の8月であります。
 これは当時の交通局自動車部長(2人)と係員が、路線の赤字額を操作し割高に赤字を計上して補助金を受け取る不正を行っていたということで、関係者の処分が「余人を以って変え難い人」ということで、はっきり行われない状態の中、唐突に不採算路線廃止が出てきたのです。
 しかも関係記事を読んでいて、どうも補助金制度そのものに何らかの欠陥があったようでしたが、ただ横浜市交通局に数字を操作することについて、罪悪感がほとんどないことに疑問を感じます。
 市議会議員も大問題にしております。
 おととい数字にも、多くの疑問点、矛盾点が見られ、委員会や市議会に提出されている資料についても、正確さが疑われる状態では、市民は決して納得しません。
 今の横浜市交通局が、自分達の都合のよいように数字を操作することぐらい、何とも思っていないのではないか?と思をれても仕方がありません!
 大切なのは、市民(消費者)の視点にたち、公共交通をいかに維持する知恵を出すかということだと思います。
 民営化など市民には関係ありません。
 おとといも市職員が「お客様、お客様・・・」を繰り返し、とことん気持悪かったのですが、口だけでは何にもなりません。
 巧言令色(こうげんれにしょく)ではない改革をしないと、うまくいかないと思われます。
 中田市長自身が公共交通についてどう思っておられるのか?横浜市政の党争の道具に市営バスを利用するのは市民に失礼です。
 今ある横浜市民の問題にどのように取り組むのか考えることが、「公」の立場だと思います。
 人のことはあまり言えませんが、ウミを出しきってから改革を実施するべきだと思います。
 当社でも、民間企業が助成金を詐取すれば、検察や警察が動き逮捕します。
 詐取した人が「原資を稼いだ英雄」では、補助金制度のありかたそのものに大問題があるとしか思えないのです。
 ちなみに会場に入れなかった人は、200人超と神奈川新聞では書いておりましたが、それは瞬間の人数であり、私の聞いた話だと、入れなくて帰った人もいたので、のべ人数では400人以上いたのではないか?という話です。
 同じ説明を聞きに私はもう行きませんが、会場内が400人だとすれば、半数以上が入れず、しかも肯定的な意見はまったく聞かれなかったのです、
 これは重く受け止めるべきだと思うのです。
 しかも警官が呼ばれ、「一般市民に警官を向けるとは何事だ!」という騒ぎだったのです。
 騒ぎにあせった市職員が、名札を外して指揮をとっていたとも言います。
 これを無視し議論を避けて、何のためのマスコミでしょうか?
 変わった人も多かったのですが、大半は普通の一般市民です。
 納得されない説明をいくら続けても意味がないと思います。
0


AutoPage最新お知らせ