X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2006/10/18  6:19

NHKさんごめんなさい!  宝船(エッセイ)
 先日豊洲にショッピングモールとキッザニアが開館し、評価する意見と「月並み」という意見と半々ぐらいというところです。
 私はたまに私のしごと館に関係する記事を読みますが、最近評価していただける記事のほうが多くなり、大変喜ばしく感じております。
 ところでキッザニア開館にあわせたのか、ウィキペディアの私のしごと館の記事が更新されたのですが、今ひとつ納得いかないところもあります。
 ちなみにいいますと、博物館映像や企画展にNHKグループはたくさん関わっており、中立性で問題があると言われると、博物館関係者は「???」というところだと思います。
 雇用保険も私のしごと館のホームページに掲載されておりますが、事業主負担分だし、国会等の審議を経て国策として実行されたものなので、私はチームの一人として罪悪感は感じません。・・・むしろ誇りに思っております!!!
 今ある私のしごと館が世間に評価され、その成功がキッザニア進出にも間接的に結びつき、市場拡大に間接的に貢献できたのであれば喜ばしいことだと思います。
 キッザニアも「成功してほしいなあ」と思います。
 そういえばNHKきんきメディアさんの入っているビルに、警察か検察が入っており、以前仕事が終わって帰ってエレベーターを降りましたら、何の事件か忘れましたが、大事件
の強制捜査が終わった捜査官達と出くわしたことがあります。
 大きなことを成し遂げたひじょうに満足気な表情で、印象に残っております。
 「こういう男たちに守られていれば大阪も安心だなあ」と思いました。
 ちなみにいうと東京新聞の記事が出たとき、いろいろ変なメールがあったのですが、どうも取材にきた記者さんにNHKグループとの関係について、しどろもどろの応対をしたようで、博物館映像の世界におけるNHKグループの大きさを知らない人だったようで、はっきりしないため「否定も肯定もしなければ裏がとれた」と判断されてしまったようです。
 「馬鹿者!」というところなのですが・・・
 あとどうも内容を見て感じたのですが、どうも社内に情報屋のような人間が少なからずいるようです。
 あんまり可笑しいので笑ってしまったこともありましたが、よく知らないことまで情報を流して、悪い小遣い稼ぎをしないようにと思います。
 私には考えられない常識の持ち主が社内にいるのでしょう。
 ぞっとしますが・・・私のブログを叩くような人間がむしろ裏で何をやっているかわからない人でしょう!
 おそらくそういう人種だと思います。
 別にNHKグループさんだけで私のしごと館はできないし、キッザニアがテーマパークで子供の遊び場であるのに対し、私のしごと館は展示で楽しめますが、真面目な博物館で、大人まで楽しめるものなので、「同じ施設」と言われると、ちょっと不勉強なように思います。
 国民の皆さんの社会勉強に、私のしごと館が長く貢献できればと思います。
 足を怪我しても一所懸命映像作りをしてくれた大阪の方も含めて、NHKグループさんの懸命な仕事ぶりには個人として心から感謝しており、チーム一同も同じ気持だと思います。・・・本当に申し訳ありませんでした。
 謝罪していないらしいので・・・
 報道の自由はありますが、はっきりしないことを記事にしてほしくないと思います。
 当事者が書き換えるわけにもいかないし、どうしようかなあと思っております。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%81%E3%81%AE%E3%81%97%E3%81%94%E3%81%A8%E9%A4%A8
 (私のしごと館 ウィキペディア)
  
0


AutoPage最新お知らせ