X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2006/9/3  11:29

「仲仕(なかし)」の古きよき伝統を残しましょう!  汽船(エッセイ)
 昨日の記事の続きです。
 仲仕(なかし)ということばは、もともと港湾労働者そのものを指すしごと名なのですが、しごとのやり方が変わる中で消えてきたことばであり、沖仲仕(おきなかし)、陸仲仕(おかなかし)ということば記憶の闇へと消えつつあります。
 私自身も「港湾労働者をあらわすよいことばがないなあ」と思っておりました。
 最近、「われら海族」さんが「沖仲仕」ということばを復活させようとされていたり、沖仲仕ということばが復権しつつあることを感じました。
 そこで港に関わり海を専門とする人を「沖仲仕」、陸を専門とする人を「陸仲仕」と言ってよいのではないか?というのが昨日の記事なのですが、最低でも仲仕(なかし)ということばを復活させることができればと思います。
 それでは空を専門とする人は「空仲仕」というのかもしれませんね
 小樽港では「なかせ」と発音したそうですが、これなども潮の香りがするよい響きがあります。
 仲仕というのは港湾労働者のみならず、「物を仲介し運ぶしごと」、「仲間を大切にする協働作業を大切にするしごと」を意味するような、港湾、物流の専門家にふさわしい名称であり、港湾カレッジも「仲仕のリーダーを育てる短大」という明確な一般市民の方にもわかりやすい目的ができると思うのです。
 「仲仕」は昔の港の主役でした。
 全国の港町でも、不足しているのは優秀な仲仕さんだと思います。
 しっかりした仲仕さんがいれば、その港町は栄えるものだと思います。
 日本の港町は物流革命を終え、まさにこれから仲仕が支える時代がくると思うのです。

 昨日の小樽港のコンテンツ、読めば読むほどすばらしいのであらためて紹介させていただきます。
 博多港と並ぶ日本海への北の玄関口であった小樽港が再び栄えますように。 
 
 http://members.aol.com/nk10jo/kiko1/ota00.html
            (紀行遊学 小樽 北のみやこ)

 
 
0


AutoPage最新お知らせ