X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2006/5/6  7:47

戦争好きの民主党と平和好きの共和党!  文化国家(Kulturstaat)
 僕がアメリカ歴代の大統領でもっとも評価するのは、リンカーン大統領です。
 アメリカはさすが大陸国家だけあって、独立以前から魅力的な人間が多いのですが、もっともアメリカ的な大統領であり、「人民の人民による人民のための政治」という金言を残したからです。
 そしてその金言は、「市民の国」、そしてライブラリアンとしては、「公共図書館の国」アメリカを支える理念でもあります。
 ところで、もともとアメリカの二大政党は民主党が保守で共和党がリベラルだったのですが、WASPの南部への移動などいろいろあって、今は共和党が保守で民主党がリベラルになっております。
 しかし...実際の本音の部分はあまりかわっていないのではないか?と思えることがあります。
 民主党は本質的には南部社会の精神文化を引き継いでおり、共和党は北東部社会の精神文化を引き継いでいる気がするのです。
 ふとアメリカの歴史を眺めておりましたら、南北戦争以降ほとんどの戦争が民主党政権下で行われていたことが気になりました。
 南北戦争も民主党が仕掛けたものですが、第一次世界大戦、第二次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争、すべて民主党政権下で戦われております。
 理由はいろいろ考えられますが、共和党がどちらかというと東部のビジネスマンを伝統的な支持層としているのに対し、南部は第二次世界大戦の英雄パットンに象徴されるように、騎士道精神を大切にする南部を伝統的な基盤としていることに原因があるような気がするのです。
 これは大きなことだと思います。
 日本は民主党政権下で占領されているため、その頃アメリカに留学した人や占領協力者を中心に、民主党支持者が多いように思われるのですが、むしろ日米友好が軌道にのったのは、共和党のアイゼンハワー大統領の時代であります。
 アイゼンハワーはフィリピンでのマッカーサーの副官時代が長かったということもあり、アジアのことをよく理解していたのだと思います。
 国務長官のダレスもアジア外交で苦労しましたから。
 ジョン・フォスター・ダレスは偉大な外交官でしたが...
 今、参考になりそうなこととして朝鮮戦争の終結のさせかたがあるように思います。
 余計なことですが・・・
 朝鮮戦争当時のアメリカにとっては、冷戦においてソ連に勝つことが当時の目的であり、ソ連が軍を消耗していないのに、アメリカが軍を消耗させることは好ましくない、経済戦争に持ち込んで持久戦をすれば経済力の強さでソ連を追い詰められる、当時はそこまで計算していなかったと思いますが、いかにもビジネスマンを基盤とする政党らしい発想のような気がするのです。
 無敵と言われたロシアの伝統を引き継ぐソ連は、「海と空を使った経済封鎖に弱い」という自分達も考えていなかった思わぬ弱点を世界にさらしてしまったのです。
 「ビジネスマンは商売が大事なので本質的には戦争を好まない!だが商人には商人の戦い方がある!」ということでしょうか?
 共和党がタカ派で民主党がハト派という考え方は、歴史を見ると誤っていると思います。
 これは認識を変える必要があるのではないでしょうか?
0


AutoPage最新お知らせ