X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2006/5/5  8:20

ブログ・ヘッドラインの憲法論議を見て  社会的市場経済(Soziale Marktwirtschaft)
 TBしていただきありがとうございます。
 まあいろいろと意見はありますよね、ただ徴兵制反対だからというのはよくわかりません...僕も徴兵されるのは正直言って嫌だし、役に立つとも思いませんが、世界の主要国は建前は今もって徴兵制なのです。
 主要先進国で、徴兵制をもっとも最後に廃止したのはフランスでした。
 フランスは地域コミューンを基盤とした市民兵、国民軍の伝統があるので、徴兵制廃止に国民の側からも抵抗があったとも言います。
 今は、軍事技術、技能があまりにも高度になり、かなりの軍事訓練を積んだ少数精鋭の軍隊でないと使い物にならないことも事実なので、今後世界で徴兵制が復活することもないと思います。
 主要先進国で徴兵制が復活することがあるとすれば、世界大戦で世界が終わるときだからです。
 今、なぜ軍へのシビリアン・コントロールが可能であるといえば、国民から選挙によって選ばれ、国によっては伝統的権威からもしっかり認証された「正統な政府」ということもさることながら、「国の経済力、技術力」によって軍隊が支えられているからです。
 国民の支持と税金、技術力がなければ軍隊は存在することができません!
 よって軍隊が国民に銃を向け支配するということは、自分達の存在意義そのものを否定することになるからです。
 血税とは最近税金そのものを指しますが、本来徴兵のこと、徴兵制へのリアリティがなくなっているから、意味がわからなくなってしまっているのではないでしょうか?
 ...こういう話はもうやめましょう...
 ところで自由民権運動時代の憲法草案として有名なものに、植木枝盛の「東洋大日本国国憲案」というものがあります。
 ひじょうに評価が高いので以前見てみたのですが、正直言って「わかりづらい」というのが実感でした。
 高くも評価できませんでした...
 大日本帝国憲法が76条、日本国憲法103条であるのに対し、驚くなかれなんと220条もあります。(さっき194条で間違えていましたすみません。)
  しかも言ってることが不明瞭なのです!
 理想を追求しすぎで、国家権力の中枢がいったいどこにあるのか?よくわからないのです。
 先日、ドイツの国家学者のヘルマン・ヘラーの「主権論」をようやく読み終えたのですが、絶対王制の時代から、近代国家は組織としてその力をいかに最大限に発揮していくかということが目的としてあります。
 道州制の議論もある中、「東洋大日本国国憲案」は今後もとりあげられていくと思いますが、むしろ植木案で感じることは「幕藩体制へのノスタルジー」なのです。
 仮に道州制が導入されるにしても、強力な国家組織と国家権力が不在のところに本当の意味での近代的な地方自治もないようにも思います。
 バラバラな地方自治をすれば、幕藩体制のようにいずれ行き詰まると思います。
 ちょっと怖い話になりすぎたかな?
 国家組織をいうものを見ていますとね、国家権力っつうものはそんなに甘っちょろいもんじゃないし、いざ暴走しだすと止まりそうにも思えないのですよね。
 結局は世界の情勢により「富国強兵国家」へと進んでしまうんですよね...
 難しいところではあると思います。
 まあ...どうなるのかな?
 僕は住み心地がよいことが一番よい
0


AutoPage最新お知らせ