X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2006/4/30  7:31

真のブランドとカリスマとは?  宝船(エッセイ)
 ふとブランドとカリスマについて考えてみたくなりました。
 最近、「ブランドとカリスマ」をキーワードとして、いろいろな華のある人がもてはやされております。
 それ自体悪いことではありませんが、「美しい姿を一枚むけば何もなかった」ということが少なくなく、事件をおこし転落した人も少なくありません。
 ファウストのメフィストのような人達ですね。
 バブルは終わりあれだけ苦労しながらも、ブランド信仰だけは残ったと言われております。
 ブランド信仰は昔からありますが、今の世の中は少し異常なように思えます。
 やはり原因として社会不安であると思われます。
 「何を頼りにしてよいかわからない」、「何をめざしていけばわからない」、そういった不安の中で、新しい偶像として「ブランドとカリスマ」があるように思えるのです。
 ただ以前高級ブランド店の日本進出の中で、「狙いは30歳までのパラサイトシングル」というのを読んだことがあります。
 日本でいうパラサイトシングルの意味ではなく、30歳まで独身の小金を持っているOLの意味のようでした。
 ちょっと馬鹿にされている気もしました!
 海外においては高級ブランド店は伝統と一体化しており、日本でいえば「江戸時代、明治時代から続く老舗」のような意識のようで、日本人のやたらにブランドにすがる感覚は理解できないようなのですが、「ともかく売れる」ので日本進出をしているようです。
 ただ、海外では「親から大切にされ、家が豊かであることを示すブランド品」が、日本ではOLが自腹で買うことが多いというのも、何か悲しい現象なようにも思えました。
 先日、一澤帆布加工所でブランドをめぐる御家騒動がありました。
 ブランドに不勉強な私は、そのようなブランドがあることもはじめて知ったのですが、やはり「支えているのは地道に働く人達」だと思いました。
 「地道な職人が作ったブランド」はなかなかなくて、皆が求めていることだと思います。
 私のカバンも寿命がきて新しいものを購入したとき、いろいろ迷ったのですが結局まったく同じものを購入し二代目となっております。(一澤帆布ではありません念のため...)
 関西をあちこち出張し、丈夫で気に入ってしまったのです。
 今は出張の少ない仕事なので、「何でそんな大きなカバン持っているの?」と言われております。
 カバンは「ビジネスマンの友」ですよね、「OLにとってもバックは命よ!」と言われそうですが、皆に愛されるブランドやカリスマは必ずしも薄っぺらなものばかりではないと思います。
 トルストイの「イワンのばか」の中でも、悪魔は美しさと豊かさで誘惑します。
 最終的に残るものは表面的な薄っぺらなものではなく、地道に作られ皆に愛されるものだと思いました。

 http://www.ichizawashinzaburohanpu.co.jp/(一澤信三郎帆布)
0


AutoPage最新お知らせ