X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2006/4/23  7:37

夫余族の朝鮮半島南下と和国(日本)  文化国家(Kulturstaat)
 韓国の歴史を読んでいると、理解に苦しむことがあります。
 三韓と高麗(高句麗)のところで、高麗と百済は夫余族(扶余族)が建国し、しかも王が血縁的にもかなり近い間柄にあったとされ、そしてそれについて詳細に説明をしながら、「歴史的事実とは必ずしも認められない」と変な言い方になるのです。
 たしかに伝説、神話ではあるのですが、夫余族とそれを中心とする部族の移動があったことはたしかなように思えます。
 この夫余族なのですが、ツングース系つまり満州族に近い部族で、生活は農耕と牧畜の双方を行い、戦争にあっては馬に乗り戦う、そのような質実剛健の部族であったと言われます。
 イメージとしては、後の満州族とほぼ同じと考えて間違いない!
 その夫余族が他の部族に圧迫され、一部が朝鮮半島に異動したと言われるのです。
 ところが夫余族=韓族ではないのです。
 これが重要なのですが、韓族はその建国神話である檀君神話からいっても日本に近いことは知られながら、やはり韓国独特なものが多くあります。
 韓族の起源もひじょうに古いのです。
 韓族は夫余族の半島南下以前に、すでに民族として成立していたというのが私の実感です。
 夫余族は征服者にありがちですが韓族に対し少数者であり、故郷との風土の微妙な違いと、多くの共通点の中で韓族と同化していったのだと思います。
 韓国人のはげしい国民を見る中、「勇猛な夫余族の伝統がどこかに残っているのだなあ」と思うこともあります。
 日本の歴史の中で、大きな問題として「夫余族は海を越えて日本にきたのだろうか?」という大きな問題があります。
 私は古事記の中にそのような記述がないので、軍団としてきたことは考えにくいのですが、夫余族による三韓の成立と、特に百済の成立により、そこから多くの技術、特に馬に関連する軍事技術が日本に伝えられたと思うのです。
 大和朝廷は百済と特に深い関係があり、初期から百済の半島における軍事行動においても協力関係にあったとも言われます。
 百済の建国そのものに和国が協力したとも言われるのです。
 百済は後に仏教を取り入れて文化国家となりますが、初期の頃はもっとも夫余族の強い血をひいた半島最強の軍事国家でした。
 高麗(高句麗)にも勝ち王を戦死させたこともあるし、そもそも今の韓国の都ソウルに最初に都を置いたのも百済です。
 ソウルは「夫余族の都」だったのです。(ピョンヤンも高麗(高句麗)が夫余族ですから同じですが・・・)
 百済から多くの軍事技術を輸入し、大和朝廷は水軍を使って協力し、貿易にも協力する。
 そのような貿易と半島の軍事行動を通じた、百済と和国との協力関係があったように思うのです。
 そして後には国のスケールの違いから、和国のほうが強くなるような現象がおこったのだと思います。
 百済と和国は貿易と軍事行動で特に深い結びつきがあった!そのように思います!
 和国において古墳時代に、和人そのものの体格が向上し大陸の人に近くなり、夫余族や韓族の移動はあったと思うのですが、征服者というよりわりと経済関係を通じた平和的な移住であり、むしろ主体的に導入された軍事技術が大和朝廷の強さへとつながったと思うのです。
 海があった点、日本はやはり恵まれていたと思います。
 出雲の銅鐸にも見られるとおり、大陸から技術を導入しても作るものはオリジナルなのが和国の特色で、それをイミテーションかお守りのようにして、半島に輸出すらされていたようです。
 そして和国の恐怖は、いつでも大陸からの勢力が海を越えてやってくることなのです。
 夫余族は中国文化を大陸にいたときすでに受け入れていたと言われますが、やはり軍事部族としての韓族にとっても和人にとっても「恐怖の征服者」であった。
 そして韓国人の行動習慣、和人の行動習慣にもどこかに夫余族の影響が残っている気がするのです。
 侵略的な感じを日本人が韓国人に持つのは、夫余族への恐怖なのかもしれません。
 海と貿易がなければ夫余族は止められなかったようにも思えます。
 夫余族のことがもっとわかれば、歴史の真実がもっと見えてくると思います。
 古代史シリーズ6回になってしまいましたが、これにて休止、明日からは別の話題で・・・と思っております。
0


AutoPage最新お知らせ