X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2006/3/24  6:03

「白夜行」終わりました・・・  文化国家(Kulturstaat)
 「白夜行」の最終回、本当はもっと期待していたのですが、私としてはそれなりに納得した「まあいいか・・・」という終わり方でした。
 東野圭吾さんの作品自体がこれから広がってゆく世界ですし、「幻夜」という続編のような作品もあるということですので、今後どの作品が映画化されたりドラマ化されるかわかりませんが、心から期待したい作家だと思います。
 原作の渇いた終わり方と比べると、ヒューマニズムに溢れたTBSドラマらしい終わり方でもあり、もどかしい思いもしましたが、ラストシーンに「救い」も感じられました。
 それにしても難しい作品だと思います。
 「あんなに利用者のことを探偵にしゃべる図書館司書なんていないよ!」と言いたくもなりましたが、ドラマですのでまあ仕方がないかなとも思いました(笑)。
 ただ、最後まで武田鉄矢演ずる笹垣は、演技こそうまかったものの、まったく共感を持てませんでした。
 最後、亮司が自殺する直前に笹垣が亮司の罪だけをごちゃごちゃ言ったとき、亮司から「あんたも人一人殺しているだろ!」ぐらいの強烈なセリフを言わせてもよかった気がします。
 権力の側にいれば冤罪で人を追い詰めて、一つの家族の人生を無茶苦茶しても生きてゆけることには疑問を感じ、贖罪のセリフもなく、ドラマが進む中で笹垣が、モラリストの、刑事コロンボ気取りの金八先生になってしまったことに大いに疑問を感じました。
 あと、「人間はそれほどまで他人が自分をわかってくれないことに傷つくものだろうか?」という疑問も多少は持ちました。
 ただ、あのような境遇で育てばそれは当然のこと、漂流する若者の世界、また漂流する
社会そのものの一端は描けていると思いました。
 少しもどかしい終わり方をしたのは、ドラマの「恋愛推理劇」の影に隠れていると思われる社会的テーマそのものが、解決を見出せていないせいなように思えました。
 まだ未完成な気がする東野ワールドですが、他の作家も含めて現代作家をもっとテレビでとりあげてほしいなと思います。
 ドラマでなくてもテレビでとりあげれば、若い作家の活躍の場がもっと増えると思いました。
 ちょっと偉そうに言い過ぎたかな?
 強烈すぎる世界でしたが、よいドラマをありがとうございました。
 同じ日でなければフジの「小早川伸木の恋」も見たかったなあー、ちょっと残念・・・

 ひとことコーナー
 平日のドラマをこんなにゆっくり楽しめたのも久しぶりだ!
 さて・・・しごとしごと・・・
 しごとは続くよどこまでも・・・
0


AutoPage最新お知らせ