X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2006/3/19  7:29

若者はいつの時代もアンチテーゼ  社会的市場経済(Soziale Marktwirtschaft)
 最近の世論の動きを見ていると、過激さを競っているように思います。
 若い世代の脱法行為がどうこうとか、それは教育が悪いとか奇妙な世論だと思います。
 今の団塊の世代の方は若い頃多くの方が革命運動に熱中し、老いた方も若い頃はファシズムに熱中していました。
 ファシズムに熱中した後は一転して、一億総懺悔とかいって自虐に熱中していました。
 今につながる日本の病理のはじまりでした。
 そういった自分達の若い頃をさしおいて、今の時代は「教育が悪い」というのは簡単ですが、無責任な論理だと思います。
 時代や教育政策は、自分達が作ったのを忘れているようです。
 「若者は時代の子」・・・ただそれだけだと思います。
 フリーター、ニートの問題も、そこから出発しなければならないと思います。
 週刊新潮の創刊号にありましたが、若者はいつの時代もアンチテーゼです。
 そのアンチテーゼが、現在の世の中のどこがおかしいと感じているのか?そこをつきつめないでどこに進歩があるのでしょうか?
 週刊新潮の創刊号の編集者の時代は、自分達も多くの失敗をしてきた中、「今、若者は自分達に何を言おうとしているのか?」一生懸命考える器量があったように思います。
 最近の若者の不気味な事件を見る中、不満が暴発しているような気がするのです。
 未熟であるがゆえの失敗はありますし、若いから当然です。
 ですが、とりかえしのつかない失敗をおこさせてはなりません。
 今の若年犯罪者は、かつての過激派よりもはるかに不気味な考え方をしております。
 「なぜそうなったのか?」時代とむきあいながら真剣に考えるのも、必要な視点ではないかと思いました。
 心理学に逃げるのはいけません。
 今の若者は歴史を調べると、どこか親の世代に似たところもあるのです。
 団塊の世代の方の行動が、戦前の陸軍皇道派にきわめて類似していると言われたことがありました。
 中国は自分達も文化大革命で揺れる中、東大安田講堂の占拠をそのように書いていたのを見たことがあります。
 今の若者にも、どこかなにか、地下水脈のようにつながっている気が私はするのです。
 それは、「ニヒリズム」ではないでしょうか?
0


AutoPage最新お知らせ