X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2006/2/15  6:36

トリノオリンピック、選手へのささやかな応援メッセージ  心氣体(fitness)
トリノオリンピックで苦戦が続いておりますが、選手たちはプレッシャーもさることながら、国際経験豊富な選手たちにして、トリノの雰囲気に戸惑っているように思われました。
 テレビでいろいろ出ておりますが、冬季オリンピックがどちらかというと静かな田舎で行われる雰囲気があるのに対し、トリノは人口90万人のフィアットの本拠地である企業城下町であり、イタリアで4位の都市ということは、日本でいうと仙台に近いような雰囲気の都市のような気がします。
 サッカーのユベントスの本拠地として名高いですが、「あれはフィアットのチームさ」という考え方がトリノ市民には強いということで、地元では人気はトリノという地元クラブのほうが圧倒的に人気が高いといいます。
 簡単に言うと、ひじょうに地元意識が強く、イタリアはローマ法王のお膝元という信仰心が強い勤勉な雰囲気である。
 あとはピエモンテはイタリアでもっとも土地が豊かなところの一つであり、農業がさかんで、隣国フランスとたびたび激戦をおこなったところであり、イタリアを統一したサルディーニャ王国の本拠地近辺であります。
 イタリアはギリシャと違い、スポーツを神事というよりは「パンとサーカス」の興業と見る考え方が強く、剣闘士の試合をよろこんで見ていた思想習慣はかなり強いものであります。 
 「情熱」というのが今回のオリンピックのテーマということですが、選手も日本で紹介されるイタリアのイメージとまったく違うことに戸惑っているのではないのでしょうか?
 「情熱」という炎に乗り切れるかどうかが、今回のオリンピックの勝敗を決めるように思います。
 負けが続きますが「気力」を失わず、相手を栃東のように「押し切る」つもりで戦ってきて欲しいと思います。
 本国が落ち着かない雰囲気で、選手にも伝染しているのかもしれません。
 「若者の時代」はまさにこれからであり、古いものがいつまでも生きてゆく時代でもありません。
 「新しい葡萄酒は、新しい皮袋に」私が聖書の中で好きなことばです。
  苦しむものには、最後にはきっと運がむいてくると思います。
  迫害したものには天罰がくだるものは、自然の流れでもあります。
  若い選手には「気力」を最後まで失わず努力して、「努力するものには希望があり栄冠を勝ち取れる」ことを見せて欲しいと思います。
 疲れたら休むことも努力のうちです。
 ルールや判定等の迫害にめげず頑張りましょう。
 見る都雀は、私もそうですがピーチク言うだけであり、選手たちには「五月蝿い(うるさい)」のかもしれません、落ち着きを取り戻し障害を突破してきてほしいと思います。
 本当に、「希望」を失わず努力していただくことを、願ってやみません。
 私は応援するだけですが、トリノまで気持ちだけでも届きますように!
 テロを受けたときのアメリカではありませんが、「団結せよ!我々は立ち上がる!」です。
 「俺たちがついてるぜ!」「ガンバレ!ニッポン!」
 
0


AutoPage最新お知らせ