X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●202X! / (2025年)大阪●関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(令和2年標語)「君らしく 君の歩幅で 一歩ずつ」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』による、セーフティネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2005/11/5  16:23

オリックスはライブドアに球団を売ろう!  心氣体(fitness)
 村上ファンドというのは横井英樹と本質的には同じではないかと考えている。
 しかも大株主はオリックスである。
 オリックスの宮内オーナーは「球団は儲からなければならない」と言っている。
 それはそれで一つの経営哲学ではあろう、しかし他球団の経営に口出しするのはいかがなものかと思う。
 村上ファンドは「物言う株主」といっている、聞こえはよいが実際に今やっていることは横井英樹と同じではないか?
 愛国者でもある、アメリカのロス・ペローとはまったく違う!
 しかも村上氏の提言は財テクばかりであり、関西一伝統のある球団の暖簾を守ろうという気概は感じられない。
 いくら資金をつぎこんでも優勝できるものでないことは、巨人を見れば明らかである。
 ローマ帝国では「パンとサーカス」は帝国が保障していた。
 時代がかわりプロ野球とは、豊かな市民が国にかわり娯楽を提供するものであり、ほとんどの場合ビジネスとはならない、しかし赤字が大きすぎると経営を圧迫するため、赤字は少ないほどよいが、プロ野球球団を持つことは、財務諸表からは見えない無形の価値があり、だからこそ成功者は球団を持ちたがるのである。
 もし、黒字を求めるのであれば、オリックスは球団をライブドアに売却すればよいだけだと私は思う。
 売却益が出るからいいんでないの、しかも神戸のサッカーは楽天が持っているから、大阪のホリエモンとおもしろい勝負が見れまっせ。
TBSは「東西対抗戦」を提案していたが、「横浜ベイスターズ対大阪ライブドアフェニックス」ならおもしろそうだから見にいきますよー!
 宮内さんと三木谷さんは、もともと同じ神戸で野球とサッカーチームを持ち、さぞかし仲がよいのでしょうな?
 横浜にちょっかい出すつもりかなー?
「元神戸の宮内と三木谷と村上のスリーエム(3M)同盟が、横浜にちょっかい出しやがった!」まあ見ようによってはそう見られても仕方がないね!
 勝負は正々堂々野球でつけましょう。
 三木谷さんも経営者として嫌いでもないので、そろそろ矛をおさめましょう。
 それにしても日本テレビで「楽天と経営統合することはTBSにとってマイナスではない」と言っていたが、それなら日本テレビが楽天に買収されればいいじゃん。
 結局は共同事業をどのように行うか?ズバリそういうことだよね!
 TBSは楽天とは組みたいが、ヤフーやライブドア、その他東京電力やイー・アクセス等との共同事業の選択肢も残しておきたい。
 当然のことだと思うし、私はそうなってほしいと思う。
 経済の波及効果も共同事業の幅が広がれば大きいと思う。
 何か今回の騒動は胡散臭い臭いがプンプンするが、夢のある話は聞きたいですね。
 それにしても、今回の騒動を昨年の主役、リーマン・ブラザースはどのように見ているのでしょうか?
 うまい投資か下手な投資か?ぜひコメントが欲しいですね。
0

2005/11/5  11:27

港湾科学と物流科学  労農(Labour-Farmer)
 港湾カレッジには「港湾流通科」と「物流情報科」がありますが、港湾流通科が主に港湾科学を学び港湾技術者となり、物流情報科が主に物流科学を学んで物流技術者となる、そのような違いだと私は思います。
 港湾技術者というものは、私が思うに建築技術者ばかりでないと考えております。
 港湾はその「ターミナル機能」を、いかに活用していくかということにあります。
 「港湾労働者に技術はいらない」という考え方が、世間には根強いですが、実際にはいろいろな技能、技術が必要です。
 デュアルシステムの港湾ロジスティクス科は二年次に「フォアマンコース」「フレイトフォワーダーコース」へと分かれます。
 フォアマンコースは港湾技術者をめざし、フレイトフォワーダーコースは物流技術者をめざすのだと思います。
 今は港湾技術者が、物流担当の専門家を指すことばではありませんが、地道にそれをさすことばに変えていきたいと思います。
0

2005/11/5  10:38

本牧埠頭のカモメ  国軍(Reichswehr)
 近頃、本牧漁港に異常にカモメが増えだしている。
 それそのものはよいのだが、南本牧埠頭の埋立てが進むにつれて増えてきたような気がするのです。
 南本牧埠頭は横浜の未来の発展を担うものであるが、漁場や環境がどのように変化していくか心配です。
 あのカモメの多さは、東京湾の海の豊かさを示している。
 かつては、「開発と環境は両立しない」と言われたが、自然の砂浜がなくなり開発するところそのものがなくなりつつある今、「環境港湾」の研究はますます必要となるように感じられるのです。
 かつて煤煙の中で、横浜には灰色の太陽が昇りました。
 その太陽が未来にむけて、さらに美しく輝くように希望するのです。
 
0


AutoPage最新お知らせ