X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2008/11/27  6:23

首都圏におけるけいはんな学研都市のブランド力向上!  文化国家(Kulturstaat)
 文句のつけようがないほどうまくいっていれば、あまりこのような記事を書くこともないわけですが…

 首都圏ですとけいはんな学研都市の名称そのものが、まだまだあまり知られません。

 けいはんな学研都市=筑波かというと個性がだいぶ違うのですが、かなり近いところもあります。

 私のしごと館の前にけいはんな記念公園という立派な公園があります。

 この公園は関西系テレビ局のドラマや番組撮影に使われることが多く、そのため私のしごと館もかなりテレビに映ることが多く、実際には「よく親しまれているはず」という意見が多いのです。

 私のしごと館がワイドショーを中心にだいぶ取り上げられたため、けいはんな学研都市はだいぶ有名になったと思います。

 けいはんな学研都市の中に平城京跡も含まれるわけですが、今のところ平城遷都1300年祭にけいはんな学研都市が何か出展する話は聞いておりません。

 しかし筑波が博覧会やイベントがだいぶ開かれ、それが筑波の国民への広報となったことは言うまでもありません。

 古代より信仰対象であった筑波山に近いことも、イメージアップに貢献したように感じます。

 もちろん大規模なけいはんな学研都市のPRをすることは予算が許しませんが、けいはんな学研都市の新しい文化や最先端科学技術により平城京を演出することは、大変未来のためによいことのように思うのです。

 そのコンテンツはけいはんな学研都市の未来への展開に役立つ気がします。

 平城遷都1300年祭は新潮社あたりも週刊新潮の「私の京都」、「私の奈良」という小コーナーで文藝発展のチャンスと位置づけているように感じます。

 大文学者の谷崎潤一郎は神戸や京都に、親友の志賀直哉は奈良に住んだことがありますが、文化発展のチャンスではないでしょうか?

 「科学文化と伝統文化の融合する都市」として、けいはんな学研都市を位置づけられる気がするのです。

 それは筑波とはまた違うけいはんな学研都市の個性ともなるはずです。

 今年は「源氏物語千年」ですが、平城遷都1300年祭はけいはんな学研都市飛躍のために千年に一度のチャンスだと思うのです。

 ところで以前カレッジのサイトにバナーを貼ろうと連絡した時も返信がなかったので、「リンクフリーでよいのかな」ということで考えさせていただき横濱開港150周年記念「開国・開港Y150」のバナーリンクを貼らせていただきました。

 横浜トリエンナーレ期間中に貼りたかったのでお許しください。

 来年は横濱開港150周年、再来年は平城遷都1300年祭へと続きます。

 不況などぶっ飛ばしましょう!

 


 
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


AutoPage最新お知らせ