2005/11/13

たまごっち  かぞく

ゆっきーが、「たまごっち」を欲しがっていました。わたしは、首に下げながら町を歩いたり、楽しいお出かけなのにたまごっちに影響されたりするのはいやだなあと思っていました。また、子どもの遊びとしてもっともっと空想の世界にいて欲しいなあと思っています。友達がもっているから欲しい!というのもいやだし、友達はもっているけどうちは買わないというラインを大切にしたいなあと思っていました。し、し、しかし、なんとなく私の気持ちは伝えた気でいたのですが、夫がゆっきーのおねだりに負けて買ってしまったのです。かなり、落胆しました・・・。かなり、不機嫌になった私です。しかし、買ってしまったものをどうすることもできず、お出かけのときはしまておく、ピアノやお手伝いはちゃんとする、せっかくかってもらったものだから大事にする、といった約束をして我が家にたまごっちが存在することになりました。昼間は保育園にいくゆっきー、私たちは当然仕事で世話はできません。どうなることやら。(あくまで、これは、もこもこの感じ方で夫はまたちがうし、たまごっち自体を否定するものではありません・・・)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ