2014/4/12

HOW TO LIVE 阿部芙蓉美  日本のロック
なかなかブレークしないけど大好きな女性アーティスト阿部芙蓉美さん。

約1年前に新しいアルバムが出ていたのに最近気づき購入したのですが、1か月早い五月病に苦しんでいて今日やっと聴き始めました。ハスキーな声は相変わらずでシンプルな曲に磨きがかかっています。

やさぐれている時期に聴かなくて正解だった。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/9/29

iki 光景と情景  日本のロック
この間のPlanet Dazzle 2013のライブで出ていたikiのCDをもらった&買ったのを思い出し聴いてます。

いいバンドです。またライブ行こうと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/8/15

RIP冨士夫  日本のロック
山口冨士夫さんが亡くなったというニュースを見てショックを受けています。

村八分はリアルタイムでは聴いたことなくて、一番聴いてたのはティアドロップスでした。キヨシローとかボ・ガンボスとかとの共演も懐かしいな。

天国のキヨシローやどんとによろしく。

この曲大好き。


そしてこの曲も大好き。


0

2013/7/28

Muddy Apes  日本のロック
BSでフジロックの番組観ていたら、Muddy Apesというカッコいいバンドが。



CD買いに行きますわ。
0

2013/4/14

【30周年記念】カーネーション初期アルバム4CDボックス発売決定!  日本のロック
http://www.carnation-web.com/news/2013/04/early-years-box.html

カーネーション
「CARNATION EARLY YEARS BOX」
2013年4月17日(水)発売
発売元・販売元:P-VINE RECORDS
品番:PCD-18740/3
価格:7,400円(税抜) 7,770円(税込)

基本的に持っているアルバムばかりなんですが、未発表曲とか4枚目の未発表盤のために買いなおします・・・。

収録アルバム

■『DUCK BOAT』カーネーション+政風会(1986年)
当時直枝がカーネーションと平行してムーンライダーズの鈴木博文と結成したユニット「政風会」とのスプリット・アルバム(アナログ盤では片面ずつ収録されていた)。またボーナス・トラックとして84年に有頂天(当時)のケラ主宰によるナゴム・レコードから発売された記念すべきデビュー・シングル「夜の煙突」ほか同時期に水族館レーベルに残した直枝政太郎(当時)名義のソロ音源等を追加し収録。結成から86年前後のカーネーション/政風会が残した音源を網羅している。

■『YOUNG WISE MEN』カーネーション(1988年)
ムーンライダーズの鈴木慶一+博文兄弟主宰によるメトロトロン・レコードから発売された実質上の1stアルバム(プロデュースは鈴木博文)。彼らの初期を代表する作品でもあり、現在でもライヴ・レパートリーとしている楽曲を多数収録。ファンの間でも名盤と語り継がれているアルバムである。ボーナス・トラックにはアルバム収録曲「防波堤のJ」「YOUNG WISE MEN」「ごきげんいかが工場長」のホーム・デモを収録。

■『GONG SHOW』カーネーション(1988年)
徳間ジャパン(WAXレーベル)より前作から僅か半年のインターバルで発売された2ndアルバム。基本は前作の路線を踏襲しながら、スタジオ録音ならではの実験的なサウンド・アプローチが随所に見られ、早くもバンドの音楽性が著しく変化した佳作。ボーナス・トラックには当時CDのみの収録曲だった「夜の煙突」の再演ヴァージョン(本作をきっかけに森高千里がカバーすることになった)と、後にアルバム『天国と地獄』でセルフ・リメイクされ現在でもライヴの重要なアンセムとなった「地球はまわる」ほか、ホーム・デモ、ライヴ音源等当時の発掘音源を収録。

∽∽----------------------------------------------------------∽∽
【仕様】
・DISC1-3:オリジナルLPを忠実に再現した紙ジャケット仕様、最新リマスタリング
・DISC4:当時録音された音源からデモやライヴ・トラック等、未発表音源を収録したスペシャル・ディスク
・過去のレアな資料多数掲載の豪華64Pブックレット付属

なお、本BOX収録アルバム制作時のメンバーは以下の通り。
直枝政太郎(政広)、徳永雅之、馬田裕次、坂東次郎、谷野晃一、小汲哲郎、矢部浩志、棚谷祐一

∽∽----------------------------------------------------------∽∽
カーネーション『CARNATION EARLY YEARS BOX』収録曲

DISC 1 『DUCK BOAT』 カーネーション+政風会

01. 空色のコンビナート
02. 昨日の誤算
03. ジョンとメリー
04. カイト氏の朝食
05. 水門
06. 見晴らし台から
07. 夜警
08. 裸足のリタ

■BONUS TRACK
09. 夜の煙突
10. カメラマンのヘリコプター
11. COW
12. トロッコ
13. 運河の兵隊
14. WAKE UP!
15. 空色のコンビナート (Home Demo)

Produced by HIROBUMI SUZUKI

M.1-4,9-11,15:カーネーション
M.5-8,14:政風会
M.12,13:直枝政太郎

Original Release:1986.2.21(Switch/25SW-1003)

M.9-11 Taken from EP「夜の煙突」(ナゴム/NG-009TR 1984)
M.12,13 Taken from 『陽気な若き博物員たち』(水族館/28JAL-15 1984)
M.14 Taken from『わかつきめぐみの宝船ワールド』(VICTOR/JBX-28009 1987)

--------------------------------------
DISC 2 『YOUNG WISE MEN』 カーネーション

01. ビーチで写真
02. 恋は底ぬけ
03. 頭の中の傷
04. いろいろあるさ
05. ハンバーガーですね
06. 防波堤のJ
07. YOUNG WISE MEN
08. きっとイクよ
09. ごきげんいかが工場長
10. バード・ソング
11. 駅前喫茶

■BONUS TRACK
12. 防波堤のJ (Home Demo)
13. YOUNG WISE MEN (Home Demo)
14. ごきげんいかが工場長 (Home Demo)

Produced by HIROBUMI SUZUKI & CARNATION

Original Release:1988.3.25(METROTRON/megalo-2)

--------------------------------
DISC 3 『GONG SHOW』 カーネーション

01. ゴング・ショウ
02. ハレルヤ・カレルヤ
03. ホリディ
04. ジェニー・ジェット
05. 三丁目の夏
06. ウォーク・オン
07. ドライブ・イン
08. 愛しのリボンちゃん
09. リッチ・マン
10. サーフィン人生

■BONUS TRACK
11. 地球はまわる
12. 夜の煙突
13. サーフィン人生 (Home Demo)
14. ウォーク・オン (Home Demo)
15. 愛しのリボンちゃん(『GONG SHOW』発売記念ライヴ 新宿パワーステーション 1988.10.11)

Produced by HIROBUMI SUZUKI

Original Release:1988.8.25(WAX/28WXL-3004)

※本ディスクは『GONG SHOW』アナログ盤収録の内容に準拠している為、当時同時リリースされたCDとは収録内容が異なります。従って、CDのみの収録曲であったM11,12はボーナス・トラックとして収録しています。

-----------------------------------------
DISC 4 『CARNATION RENAISSANCE MINSTRELS』

01. 運河の兵隊(LIVE)
02. Rain Song(LIVE)
03. 13号地 (LIVE)
04. 海とカバンとダイナマイト (湾岸スタジオ Demo)
05. オレンジ・ボーイ (湾岸スタジオ Demo)
06. 廃墟のロリータ(LIVE)
07. ジョンとメリー(LIVE)
08. 夜の煙突(LIVE)
09. 60Wは僕の頭の上で光ってる[Early Version] (LIVE)
10. ガーデン(LIVE)
11. 霧笛 (LIVE)
12. 私はナオエ (Home Demo)
13. がんばれナイジェル Making Plans for Nigel
14. AREA CODE 001 (LIVE)
15. きっとイクよ (LIVE)
16. ごきげんいかが工場長 (LIVE)
17. ハンバーガーですね (LIVE)

M1: 直枝政太郎ソロ 「水族館オーケストラ・コンサート」法政大学学生会館大ホール 1984.6.1
M2-3:直枝政太郎ソロ 「楽しい博物館コンサート」渋谷 LIVE INN 1984.11.9
M6-8: カーネーション「おっぱい専務とどん底社長 Vol.1」原宿クロコダイル 1985.04.15
M9:政風会 渋谷 LIVE INN 1985.4.08
M10-11:政風会  「夢の革命家たち」渋谷 LIVE INN 1985.8.06
M14:カーネーション 名古屋ハートランド 1987.09.09
M15-17:鈴木博文 with カーネーション『どん底天使』&『YOUNG WISE MEN』ツアー 新宿パワーステーション 1988.4.17

#All Tracks Previously Unreleased Materials
0

2012/6/2

『天国と地獄』ライブ  日本のロック
10年ぶりくらいにカーネーションのライブに行きました。観客年齢が高いことを想定してか20:00スタートだったため余裕をもって会社を出ることができました。

クリックすると元のサイズで表示します

場所は渋谷のwwwという始めていくライブハウスでした。自分がチケット買った時の整理番号が294番だったので、300-400人は入るのかなと思っていましたが、会場は超満員。ほとんど身動き取れない状態でした。自分みたいに久しぶりに来た人も多かったのかな。

で、セットリストです。

オートバイ
体温と汗
未確認の愛情
ハリケーン
ファームの太陽
いくいくお花ちゃん
学校で何おそわってんの
毒よ眼ざめなさい
おはよう
愛のうわばみ
愛のさざなみ
The End of Summer
地球はまわる
天国と地獄

Encore 1
EDO RIVER
Superman
New Morning
影踏み
JASON
スペードのエース
ANGEL

Encore 2
夜の煙突

『天国と地獄』の曲ではもっと泣くかなと思いましたが、普通に盛り上がって、体動かして楽しんじゃいました。

大田さんはミュートロンも使って、ミーターズ張りのベースを聞かせてくれ、鳥羽さんのギターもとてもよかったです。大田さんのコーラスのハモリはワンパターンといえばそうなんですが、でも大田さんも歌うまいからとても耳に心地よいです。直枝さんの歌は静と動が素晴らしいのですよね。あと、ロベルトのサックスは別になくてもいいじゃんと20年近く前にカーネーションを観たときは思ったこともありましたが、いや彼はライブには欠かせないと改めて思いました。

でも今日のライブで一番見てしまったのは元ハバナエキゾチカ、現バッファロードーターの大野由美子さんでした。昔からお姿もプレイも大好きでしたが、このところずっと聴いてなかったんで、また聴いてライブも行こうと思いました。大野さん全然変わってなくて、歌声もキュートでした。

ちなみに去年雑誌に掲載されていた時の大野さんの写真です。ムーグといえば大野さんかヤンス・ヨハンセンということで。
クリックすると元のサイズで表示します

最後の最後はもちろん『夜の煙突』。天国と地獄のジャケットのイラストを描かれた八木さんがステージでタコみたいな踊りをおどってました。

2時間45分ものライブ、燃えつきました。そして大野さんに萌えました。

で、もうTシャツは買わないと宣言したはずがまた買っちゃったよ。でも後悔はしていない。
クリックすると元のサイズで表示します

0

2012/5/13

天国と地獄:20周年記念コレクターズ・エディション  日本のロック
まだ聴いても見てもいませんが・・・。今月の出張に持っていくかな。

そして太田裕美さんのベスト盤も買ってしまいましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/5/5

これはやばい。  日本のロック
ストレンジ・デイズを読んでいてカーネーションの名作『天国と地獄』の20周年記念コレクターズ・エディションが出ることを知りました。しかも初回限定でDVD付きでそれがやばい。

【仕様】
・コレクター仕様ジャケット
・DISC1:オリジナル盤HQCD DISC2:デモ音源、ライヴ音源等レア・トラックス集 DISC3:未発表映像DVD オリジナルブックレット+12Pブックレット(ライナーノーツ:大谷能生)

DISC1:オリジナル盤HQCD 収録曲

01. オートバイ
02. 体温と汗
03. 未確認の愛情
04. ハリケーン
05. ファームの太陽
06. いくいくお花ちゃん
07. 学校で何おそわってんの
08. 毒よ眼ざめなさい
09. おはよう
10. 愛のうわばみ
11. 愛のさざなみ
12. The End of Summer
13. 地球はまわる
14. 天国と地獄

DISC2:デモ音源、ライヴ音源等レア・トラックス集 収録曲

01. オートバイ(Home Demo)
02. 体温と汗(Home Demo)
03. 未確認の愛情(Home Demo)
04. ハリケーン(Home Demo)
05. いくいくお花ちゃん(Home Demo)
06. 学校で何おそわってんの(Home Demo)
07. 毒よ眼ざめなさい(Home Demo)
08. おはよう(Home Demo)
09. The End of Summer(Home Demo)
10. かわいそうなペリカン(Home Demo)
11. オレを抱いた悪魔(Home Demo)
12. 馬のように走ってみせよう (Demo)
13. いくいくお花ちゃん (Live Version)
14. 教習所ブルース (Live Version)
15. 防波堤のJ〜サーフィン人生 (Live Version)
16. 天国と地獄 (Live Version)

DISC3:未発表映像DVD (約120分)

■ LIVE at SHIBUYA EGGMAN
1993.3.22 SURF'S UP

1. おはよう
2. 体温と汗
3. ファームの太陽
4. オートバイ
5. ハリケーン
6. The End of Summer
7. ローマ・函館
8. Edo River
9. 学校で何おそわってんの
10. 天国と地獄
11. 地球はまわる
12. SPACY DRUMHEAD(未発表曲)
13. 愛のさざなみ
14. 夜の煙突

■The Making of HIGH & LOW
『天国と地獄』レコーディング・ドキュメンタリー

■BONUS TRACK
(LIVE at SHINJUKU NISSHIN POWER STATION 1991.6.12 『エレキング』ツアーより)
1. テレフォン・ガール
2. 地球はまわる

速攻予約してきました。

そしてこっちもかなりやばい。

【HMV GET BACK SESSION】 カーネーション「天国と地獄」LIVE


<5/20 大阪公演>
2012年5月20日(日)
会場:梅田 Shangri-La
開場17:00  開演 18:00 
料金:前売4,500円 当日5,000円 (ドリンク別) スタンディング

出演:カーネーション
サポートドラマー:張替智広
ゲスト:鳥羽修、渡辺シュンスケ、大野由美子、ロベルト小山

■チケット発売

【一般発売】ローソンチケットにて2012年4月7日(土)10:00〜 販売開始
Lコード:56745、電話予約番号:0570-084-005、web予約:http://l-tike.com
一般発売初日よりローソン店頭Loppiでの直販がございます。
※0570から始まる電話番号は、一部携帯電話、全社PHS・IP電話・CATV電話からはご利用になれません。

<6/1 東京公演>
2012年6月1日(金)
会場:渋谷WWW
開場19:00 開演20:00  料金:4,500円 (ドリンク別)
料金:前売4,500円 当日5,000円 (ドリンク別) スタンディング

出演:カーネーション
サポートドラマー:張替智広
ゲスト:鳥羽修、渡辺シュンスケ、大野由美子、ロベルト小山

【一般発売】ローソンチケットにて2012年4月7日(土)10:00〜 販売開始
Lコード:72836、電話予約番号:0570-084-003、web予約:http://l-tike.com
一般発売初日よりローソン店頭Loppiでの直販がございます。
※0570から始まる電話番号は、一部携帯電話、全社PHS・IP電話・CATV電話からはご利用になれません。

かなり発売日から出遅れた感がありますが、絶対に東京公演に行く。大野さんがゲストなのも本当にうれしい。多分このライブでかなり泣くと思う。ああ楽しみ。
0

2012/5/4

2日遅れで登ってきました  日本のロック
子供と一緒に多摩蘭坂を登ってきました。やっぱり感動したよ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

国立は昔仕事で何度も行っていたし、友達も住んでいたのでいつでも行けたはずなので、今日の今日まで行かなかったことも少し後悔。

駅から15分くらい歩くので、結構運動にもなるんですよ、ちなみに。
0

2012/5/2

明日雨が止んだら多摩蘭坂に行こう  日本のロック
早いもので清志郎が亡くなってもう3年です。訃報を知ったのが5月3日だったせいかいつも命日を一日間違えてしまうダメファンな自分・・・。

でも明日は雨が止んだら子供と多摩蘭坂に行こうと思ってます。

で、今日の気分はこの曲。雨上がりのB面だったので、小学生のころから文字通り擦り切れるまで聴いてました。RCで一番好きな曲だ。

0

2011/10/3

名探偵コナンのエンディングテーマの曲とか何曲かいいなあと思っていた曲があったのと、子供も聴きたいと言っていたのと、ルミネの商品券をもらったのと色々な理由が重なり、BREAKERZの新しいCDを買ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

結構いいですよ。
0

2011/9/3

夜になると・・・  日本のロック


眠れないのでこの曲を。

ユウヒのメロディと歌詞は涙を誘うよね。そしてホフディランはかなり過小評価されているバンドの一つだよね・・・。

0

2011/6/11

THEATRE BROOK ライブアルバム発売!  日本のロック
http://www.theatrebrook.com/schedule/item_534.html

【発 売 日】2011年7月27日
【タイトル】『Live long and prosper』Tour
【定  価】 ¥3.200   
【曲目】
1.TEPIDRAIN
2.SNAKEBOOTS
3.ドレッドライダー
4.お尻をひっぱたけ
5.裏切りの夕焼け
6.Typhoon Shelter
7.明日のかけら
8.恋人よ
9.旅人と踊り子
10.聖なる巨人
11.イカロスの大地
12.ありったけの愛
13.まばたき
ENC.夢とトラウマ

ええ、買いますとも。ところでOne Pieceに出てくるアフロ骸骨のブルックってタイジがモデルなのですよね?
0

2011/3/5

BJ Again!  日本のロック
2週間前に偶然巡り合って親子で気に入ったバンドBlind Journeyの路上ライブを観にまた中野に行ってきました。

今回はCDも買ったよ!
クリックすると元のサイズで表示します

そしてメンバ全員がサインもしてくれたよ!
クリックすると元のサイズで表示します

よし、これからCD聴こう。
0

2011/2/19

Blind Journey  日本のロック
今日は子供と中野ブロードウェイに遊びに行ったのですが、その帰りに駅前でカッコいいバンドに出会いました。

Blind Journeyというファンキーなバンドです。

クリックすると元のサイズで表示します

曲がキャッチーで歌も上手くて、ベースとドラムが超ファンキーで、通り過ぎることができずに子供と二人で30分近く聴き入っていました。

毎週木曜と土曜に中野駅前でストリートライブしているようなので、来週もまた行くつもりです。子供も気に入ったみたいだし。今日はブロードウェイでたくさんCD買ってしまったのでこのバンドのCDは買えなかったけど、来週買いに来ます。

で、デモ用のこの曲のCDもらったよ。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ