2011/11/5

ジーン・ジニー第1回放送  ラジオ
FMおだわらで我らがTAKIさんが新しくラジオ番組を始めました。

【新番組】ジーン・ジニー
毎週土曜日 22:00〜22:30
再放送:毎週日曜日 24:00〜24:30

1972年〜1980年代初期を中心に、メイン・パーソナリティのTAKIが、好きな音楽を立て続けにお送りし、気が向いたら曲紹介をする番組「ジーン・ジニー」。
ギャルズ・アタッチメント、ZOLGEのギタリストとして有名なTAKIですから、グラム・ロックや ハード・パンクばかりかと思いきや、ジャンルレスに毎回6〜7曲もかかります。

「ジーン・ジニー」
放送時間:
毎週土曜日 22:00〜22:30
再放送:毎週日曜日 24:00〜24:30

記念すべき第1回目の選曲です。

1. Do We Still Do It? / SLADE
この曲初めて聴きましたが、イイですね。さっそくSLADEのCD探しに行きます。はい、自分もCum On Feel the Noizeしか知らないクチです。この曲はOld New Borrowed & Blueというアルバムに収録されているようです。

2. Last Tango / Esperanto
もとはシルヴィ・バルタン?自分はこのバンド知りませんでしたが、どうもベルギー、イギリス混合のプログレバンド、エスペラントの3rdらしいです。1975作でビートルズの“ELEANOR RIGBY”のカヴァーもやってるらしい。タイトルのとおりタンゴでした。TAKIさんは中学生の時にこの曲を聴いて妄想していたらしいです。

はい、そしてポンデリング時代にリアルタイムで聴けないのにFAXでリクエストしていた東京人のはワタクシです・・・。

3. ちょっとフォーリン・ラブ/渡辺美奈代
おにゃん子は自分が高校時代にリアルタイムで流行っていましたが、この曲知らないです。テイストがロネッツのBe My Babyでリズム、バイオリンやティンパニーなどの厚みがTAKIさんはお好きなようです。今日の名言:アイドル歌謡には掘り出し物がある

4. Roll Away the Stone/Mott the Hoople
5. Pearl 'N' Roy (England)/Mott The Hoople
これらはもちろん自分も知ってますよ。自分はAll the Young Dudesが一番好きですが・・・。

で最後にかかった曲、なんて曲でしょうね?そしてギャルアタやZOLGEがかかる日は来るのか???
1

2009/4/5

清水保光のWalk On Sunrise第1回放送  ラジオ
今やっと部屋の片づけが終わりました。腰が超痛いです・・・。

で、Cycloneのウェブサイトから即日毎週土曜日にFMブルー湘南にてオンエアーされている「清水保光のWalk On Sunrise」 の放送がストリーミングされています。

『No Yngwie! We want AC/DC!』が超ウケました。深夜に爆笑してしまいました。

リメンバー横須賀ということで、これからOAされる曲も含めて毎週楽しみです。あ、太田さん大歓迎です!
0

2006/4/10

高校教師(ドラマじゃない方の)  ラジオ
今日は子供の関係で会社にお休みをもらったので、昼間から更新です。

昨夜たまたま深夜に車に乗っていてJ-WAVEGROWING REEDという番組を偶然聴きました。ナビゲーターはV6の岡田君です。昨夜のゲストは帝京大学経済学部助教授の小島寛之先生で、「数学は役に立ちますか?」というテーマでした。

自分自身は数学は大の苦手で、大学受験時も数学が科目に無いところを選んだくらいなのですが、小島先生の話は面白かったです。帰ってきて車を駐車してからもしばらくラジオを聴いてました。

で、一番面白かったのはエヴァリスト・ガロアという数学者の話でした。以下引用

『小島「あの〜、数学史の中で19世紀にエヴァリスト・ガロアという数学者がいたんですね。どんな人かというと、凄い不良で高校を退学になっちゃうんです。で、反抗的なために大学の入試にも落ち続けるんですが、19歳の時に200年間解けてない問題を解いちゃったんです。しかし、誰にも認められなかった。そのあと女性問題で三角関係になり、相手の男と決闘して銃で殺されちゃうんです。それが20歳のとき。で、その前日に親友に遺書を託すんですが、それは『僕が死んだら、この論文をどうにかして出版してくれ』というものだった。遺書が論文だったんですね。結局、その60年後くらいに論文が認められ、『ガロア理論』となったんです。学校教育もまとも受けずに19歳でその問題を解き、20歳で決闘して死んだ男の理論が、今では宇宙の謎を解いたりする時に欠かせないものになっている…。だから、やっぱり数学っていうのは自由な精神の中でできるものであって、学校で高圧的に教えられて出来上がっていくものじゃないってことなんですよね」』

すごい話ですね。で、小島先生の名言「(数学は)芸術であり、なおかつテクノロジーでもあるわけです」

で、この番組も一応はFM放送なわけで、曲もかかります。昨夜かかったうちの一つはTHE POLICEのDON'T STAND SO CLOSE TO MEでした。この曲といえば邦題は「高校教師」というのはあまりにも有名ですが、STINGって実際昔は高校の数学の先生だったらしいですね。初めて知りました。また、この曲ってその後リメイクされて「高校教師'86」みたいなバージョンも出ていました。自分はこちらの後のバージョンの方が記憶に残っていたようで、久々にオリジナルを聴いたときに結構違和感がありました。

STINGは93年頃までは聴いていたけど、それ以降は全然聴いていないなあ。SOUL CAGEという作品は学生時代によく聴いていました。ギタリストのドミニク・ミラーはルックスもギターもカッコいいです。

今でも聴くのはソロになってからの作品よりもPOLICE時代の作品の方が多いです。POLICEといえば、やっぱりEVERY BREATH YOU TAKEが一番有名なのでしょうが、自分はこの曲はPOLICEの中ではそれほど好きじゃなかったりします。同じSynchronicity の中のならむしろKING OF PAINの方が100倍好きです。一番好きなのはMESSAGE IN A BOTTLEですけどね。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ