2006/10/31

名古屋ストラットwith my kid - Day 2  子供
名古屋滞在二日目です。日曜は早起きをしてTVを見るのが親子の決まりです。名古屋でもそれは適用され、怪傑ゾロリ、ボウケンジャー、仮面ライダーカブトの三連荘です。

ただ、忘れてはいけないのが、今回の旅の目的は祖父の13回忌です。ということで、朝9:00にチェックアウトし、お寺に向かいます。お寺は名鉄犬山線という鉄道の沿線にあります。今回の旅で乗車した電車は新幹線、地下鉄桜通線、鶴舞線、名城線、名港線、東山線、そしてこの名鉄犬山線で、子供的には大大満足だったようです。もう鉄ちゃんの道をまっしぐらです。

11:00からお経をあげてもらうので、お墓のお掃除をします。その間子供も多少お手伝いをし、お寺の中のお地蔵さんに手を合わせ、やたらと忙しそうです。子供はさすがに正座はしていられませんでしたが、お経をあげてもらう最中も静かにしており、一安心でした。ただそれは、お坊さんの木魚が面白かったのでおとなしくできたのではないかと想像しています。

母のメインの目的が終わったあとは、子供のメインの目的である名古屋港水族館へ向かいます。イルカショーとシャチの「クーちゃん」の公開トレーニングまであまり時間がなかったため、急いでお昼を食べようということで、水族館の近くのJETTYというところでお昼を食べました。並んで無さそうなところということで、皿うどんのお店で注文したのですが、店員の態度は悪いし、後から注文した人の分がどんどん先に出てくるし、最低の店でした。本当なら店名さらしたいくらいだけど、調べるのも面倒なのでやめときます。

で、いざ水族館へ。つくりや感じは大阪港の「海遊館」と似ています。東京にはない感じの水族館です。この日はシャチのクーちゃんが和歌山からやってきてちょうど3周年ということで、特別なイベントもあり、とてもラッキーでした。シャチおそるべし、さらにトレーナーのお姉さんおそるべしです。

ひととおり水族館を見て、次はやはりうちの子供が大好きな観覧車に乗りました。とてもよい眺めでしたです。

名古屋滞在の締めは名古屋港イタリア村です。ここは特に行く予定はなかったのですが、早めに夕食を取ろうということになり向かいました。ベネチアがテーマということで、敷地内をゴンドラが走っています。子供がそれに乗りたがったのですが、時間の都合で乗ることは出来ませんでした。夕食はここの『デュエ レオーニ』というピッツェリアで取ったのですが、値段もリーズナブルでとても美味しかったです。機会があれば是非寄ってみてください。

そんなこんなで、19:00過ぎの新幹線に乗り、東京へ帰ってきました。楽しい2日間でしたが、疲れました。今週は金曜が休みでよかった。
0

2006/10/31

名古屋ストラットwith my kid - Day 1  子供
週末に子供と母と名古屋に行ってまいりました。名目は祖父の13回忌ですが、本当の目的は、子供との観光です。9月の大阪に続いて気合も入ります。

あいにく子供は朝から風邪気味で咳が止まらずに、中止も考えたのですが、本人がどうしても行きたいと言い張ったため、薬を買って行くことにしました。

まずは新幹線です。母親は割引切符の都合で「のぞみ」には乗れないので、「ひかり」で名古屋に向かいます。子供は初ひかりなので、のぞみより30分時間がかかることもお構いなしで、楽しんでおりました。薬も結構効いたようで、降りた頃は咳もほぼ止まり、元気になっておりました。

名古屋に到着したのが13:00過ぎ。とりあえずホテルに行って荷物を置いてこようと思い、地下鉄で丸の内駅に。ホテルは「変な帽子」でおなじみのあの社長のとこでした。予約したのは2週間ちょっと前だったのですが、名古屋のホテルはどこも満室で、唯一予約できたのがそこだったのです。おそらく日本シリーズの関係だったのだと思うのですが、結局ドラゴンズは名古屋に戻ってくること出来なくて残念だったですね。

チェックインは15:00からだったので、荷物だけ置いて名古屋城に向かいました。自分は名古屋には何度も行っているのですが、名古屋城は初めてなので、子供とともに興奮しながら、最寄り駅の「市役所前」に向かいます。

ということで、早速お城を背景にパチリ。
クリックすると元のサイズで表示します

名古屋城といえば、「金の鯱」です。
クリックすると元のサイズで表示します

で、せっかくだから天守閣に登ろうということで、中に入ってみると、しゃちほこと写真が取れるようになっています!すかさずパチリ。
クリックすると元のサイズで表示します
鯱って良く見るとシャチというよりは鯛焼きですな・・・。

ソフトクリームを食べ、名古屋城も無事に見終えました。ちなみに名古屋ならではの「八丁味噌」味のソフトクリームもあったのですが、食べる勇気はありませんでした。

で次はリニモです。地下鉄東山線で終点の藤が丘駅まで行き、そこからリニモに乗り換えるのです。着くなり子供は目ざとくリニモのチョロQを見つけます。ご当地モノに弱い自分はついつい買ってしまいます。おまけに缶バッチももらっちゃいました。80年代メタル世代としては缶バッチは嬉しいですね。
クリックすると元のサイズで表示します

で、リニモです。正直リニアモーターカーとモノレールとゆりかもめとの乗り心地の違いはわかりませんでした・・・。でも一番前の席に座れたので、景色は良かったし親子共々楽しむことが出来ました。リニモって最初の一駅は運転士さんが操縦するんだけど、あとは自動運転なんですよ。知らなかったです。子供は電車の運転手になりたいと思っているようなのですが、あと十年もすると運転士さんなんていう職業自体がなくなってしまうのかもしれませんね・・・。

ということで、リニモで往復し、再度地下鉄に乗って栄まで戻り、早めの夕食です。親子揃って「味噌カツ」を食べました。八丁味噌ソフトはやだけど、味噌カツは美味しいですね。

その後ホテルに戻りました。ここには温泉大浴場があって、子供とともにつかりに行きました。露天風呂が気持ちよかったです。

結構歩いたせいか疲れていたようで、親子共々21:00には寝てしまいました。こうして名古屋の一日は過ぎていきました。
0

2006/10/28

欲しい!けど高い!  ハードロック・へヴィメタル
IRON MAIDEN来日公演の興奮冷めやらぬ中、オフィシャルショップであるEddie's Megastoreを見ていたらKids Clothesのコーナーが。うちの子でも着られるサイズのTシャツが3種類ありました。

クリックすると元のサイズで表示します
これが一番無難。しかも長袖なのでこれからの季節も着られる。ということで第一候補。

クリックすると元のサイズで表示します
The Trooperです。悪くないけど半袖だから、来年の夏向けか?

クリックすると元のサイズで表示します
1stアルバムのEddieはあまり好きじゃないんだけど、悪くはないなあ。

で、お値段は1枚15ポンド(1ポンドは約223円)なので、3500円弱。結構高い。送料とか入れると少なくともさらに1000円はかかりそう。

子ども自身はこんなTシャツ別に欲しくもないだろうから、ある意味いい迷惑なのだが、着せて一緒にライブ行きたいなあ。
0

2006/10/28

アクショーーーーン  ジャパメタ
ACTION!のベスト盤ACTION ULTRA BESTが11月1日にまたまた出ますよ。今度のは本当にベスト盤って感じですね。

クリックすると元のサイズで表示します
ちなみにジャケットの時計の中に昔のACTIONのロゴが。

リマスターという言葉に弱い自分ですが、ACTION!の音源はほぼ持っているので、買おうかDOか迷いますね・・・。

ACTION!はデビュー当時TVで何度か観たことはありますが、ライブは98年のNOVELA伝説のときに一度だけ観たことがあります。元NOVELAのツインドラゴンこと笹井りゅうじさまと西田竜一さんが参加していた頃で、それはそれで結構貴重ですよね。でも、笹井さんがお美しかったこと以外はあまり憶えていません。

モックは今何してるんだろうなあ・・・。

0

2006/10/27

Go To DMC?  マンガ
子供と名古屋に行くので、ガイドブックを買ったら、本屋さんのレジ前にデトロイト・メタル・シティの2巻が山積みになっておりました。つられました。

というわけで、DEATH NOTEをTVで見ながら、デトロイト・メタル・シティ2巻を読みました。子供がDMCを横から覗いてきて、クラウザーU世を見て「なんでこのひとおこってるの?」と聞いてきたので、返事に困りました・・・。「この人は本当は優しいお兄ちゃんなんだよ」と答えておきました。事実だしね。

ということで、土日は子供と名古屋に行ってまいります。祖父の13回忌という名目で、リニモに乗り、金の鯱を見てくる予定です。9月の大阪同様珍道中になること間違いなしだと思われます。
0

2006/10/26

Hello METAL HEAD  仕事
昨日早めに仕事を切り上げたので、家で会社のメールをチェックしていたら、上司をはじめ何人もの人が自分のことを「Metal Head」呼ばわりしてました・・・。

上司にIron Maidenを観に行くと話したからなのは間違いないですが、本社の人からもそう呼ばれるとは・・・。嬉しいような悲しいようなdeath。
0

2006/10/25

SCREEEEAMMM 4 MEEE BUDOOOKAANN!!!!!  ハードロック・へヴィメタル
直前まで行こうかどうか迷ったIRON MAIDENの武道館公演ですが、結局行って来ました。完全燃焼とはなりませんでしたが、行って良かったです。かなりの気分転換になりました。

自分は開演には間に合わず19:30ちょっと前に駆け込んだので、1曲目は逃しました、というか武道館の外で聴きました。ちなみにオープニングアクトはスティーブ・ハリスのお嬢さんだったらしいのですが、自分は観ていないので、様子がわかりません・・・。このブログの記事としてはハリス娘の記事のほうがネタとしては面白いのはわかっていたのですが、会社が武道館から徒歩10分ということもあり、ギリギリまで仕事をしてしまっただす。←この働き者め

今月上旬のUSツアーでの演奏曲目は既に知っていて、ニューアルバムのA Matter of Life and Deathから全曲やったと聞いていたので、正直きついなあと思っていたのですが、いざライブで観るとCDでは気付かなかった点などもあって、楽しめました。ヤニックとエイドリアンのハモりにデイブがソロを弾く場面はしびれました。あとは、大歓声が男共の野太い声ばっかりだったのは、とても久しぶりだったので、なんか嬉しかったです。

ということで、演奏曲目はそのUSツアー時と全く同じでした。
01. Different World
02. These Colours Don't Run
03. Brighter Than a Thousand Suns
04. Pilgrim
05. Longest Day
06. Out of the Shadows
07. Reincarnation of Benjamin Breeg
08. For the Greater Good of God
09. Lord of Light
10. Legacy
11. Fear of the Dark
12. Iron Maiden
ENCORE
13. 2 Minutes to Midnight
14. The Evil that Men Do
15. Hallowed By The Name

Fear of the Darkはライブで観るのは初めてだったのですが、Rock In Rioのビデオとかで男共が『オーオーオー』みたいにギターのフレーズに合わせて大合唱するのを聴くことが出来たのもうれしかったです。『ああ、メイデンだー』と思いました。

ちなみにブルースのMCでちょっとウケたのが、2 minutes to midnightの前に「今何時だ?」と最前列のお客さんに聞いて、カメラマンのロス・ハルフィン(この人有名ですよね)はおそらくまともに答えたのだと思うのですが(実際はこのとき21:00ちょっと前)、2 minutes to midnightって答えてほしかったのでしょうね・・・。

もうひとつ面白かったのが、メイデンってギタリスト3人じゃないですか?ヤニックは昔の曲を演奏するときは手持ち無沙汰になることが多いらしく、やたらとギター回しをやっていました。彼は3人の中で一番カッコいいと思います。でも自分は同情票も込みでデイブが一番好きです。ちょっとオールドスタイルなギターソロを弾く人ですが、なんか安心感がありますよね。リストバンドももちろんしてましたよー。

で、ホンネはもうちょっと昔の曲を聴きたかったですね。7曲ほど終わったところで、外人と思われるお客さんも半分ヤジ気味にCan I Play With Madness!!, The Trooper!!と叫んでいました。気持ちちょっとわかります、ブルースには無視されていましたが・・・。前にも書いたのですが、TVでの来日公演のCMではThe TrooperとかRun To The Hillsがかかっていたので、日本ではもうちょっと昔の曲やってくれるかなあと多少は期待していました。

でもやっぱり観に行ってよかったです。これで明日からまた仕事頑張れる気がします。
0

2006/10/22

プレゼンス再結成記念グッズ  ジャパメタ
こちらで紹介されていました。

前にシゲルさんがバハマのBBSに書き込まれた内容によるとRADYのデザインのようなのですが、やばいです、予想よりもデザインがカッコいいです。全部ほしいです。物欲の塊と化しています。

0

2006/10/21

藤井樹ストレートフラッシュ  映画・本
自分が今までに一番繰り返して観た映画は『The Blues Brothers』なのですが、それに続いて何度も観ているのが『Love Letter』です。この作品はCATVでも結構よく放送されていて、昨夜も帰宅してTVを付けたらちょうど始まったので、また観てしまいました。

この作品はいくらでもあら捜しできるところはあるのですが、なんと言っても最後の最後のシーンがとても良くて、このシーンを見たいがために観ているといっても過言ではありません。

で、昨夜見たときにもう一つ大好きなシーンがあったことに気付きました。中学生時代の樹(柏原くん)が骨折してしまって、陸上の大会にエントリーできなくなったのだけれども、無理やり走るというシーンです。

あと、この映画にはあまり好きではないシーンがあったのですよ。樹(中山美穂さん)が41.8度の熱を出しておじいちゃん(クマさん−RINGSの会場で必ず見かけました)がおぶって病院に連れて行こうとするシーンです。でも昨夜見てこのシーンは嫌いではなくなりました。

岩井監督によるとこの映画のテーマはシンクロニシティ(共時性原理−意味のある偶然の一致)なのだそうです。POLICEのアルバムのタイトルが真っ先に浮かびますよね。シンクロニシティについてはここに詳しく載っています。読み物としても面白いので、是非ご一読を。
0

2006/10/17

食欲の秋ですねえ  子供
幼稚園の行事で「お芋ほり」というのがあり、子供が畑でさつまいもを取ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

大学芋が食べたいです。ところで、なんで大学芋というのか今更ながらに気になったので調べてみました。ここによると、

『「大正時代から昭和にかけて、当時の大学街で販売され、大学生たちに大変好まれたから」、「昭和2年頃、東大生が学資に困って売り始めた」・・・などの説があります。
いずれにせよ、東京の学生たちにルーツがあるようです。』だそうです。納得したようなしないようなですね。
0

2006/10/16

グリーン・レクイエムと緑幻想  映画・本
読書の秋というほどたいそうなモンではないのですが、先日『あなたにここにいてほしい』を読み直して以来、新井素子さんの作品を読み返しており、『グリーン・レクイエム』と『緑幻想』を読みました。懐かしさ半分と、考えさせられること半分って感じでした。

他の作品を仕入れに行かなくては。
0

2006/10/14

13日の金曜日に・・・  ジャパメタ
合わせ鏡で悪魔を呼んで、どんな願いを叶えてもらおうか考え中のdriです。

13日の金曜日でしたね。今朝上司と話をしていたら、13日の金曜日に関係する話で、独立前のアメリカのマサチューセッツの辺りで、飢饉に結び付けられてしまって、魔女裁判にかけられて、焼き殺されてしまった女性が半年の間に何十人もいて、今頃の季節になるとそれを再現する催し物をするんだよ、信じられないよ、などという話を聞きました。

ということで、13日の金曜日にしなんだ曲を聴いて帰ろうと思い、Teruさまこと平山照継さんのソロアルバム「シンフォニア」を帰りの道中聴いてきました。

1985年10月の作品です。先日GERARDの「夢の中の夢」についても書きましたが、同時期にNOVELA関連の作品が出たのでよく覚えています。

ちなみに帯たたきとジャケットはこんな感じ。
『NOVELAのリーダー、平山照継のソロ第2弾は、前作同様ドラマティックな“テルズ・ファンタジー”が展開されている。』−−−はいそのとおりです。

クリックすると元のサイズで表示します

収録曲
1. 13日の金曜日に…
2. ラヴ・ソングス
3. 寂しい街で  
4. 夢先案内会社
5. シンフォニア1
6. イノセンス(束の間の美)  

レコードだと4曲目までがA面で、B面は大作となっています。
4曲目は「NOVELA伝説」でもテルズ・シンフォニアとしてセルフカバーされていますね。

1曲目からTeruの世界に吸い込まれて行き、別世界に言ってしまうような気分になります。当時は第3期NOVELAに対する軽い反発もあって、こっちを好んで聴いたものですが、あらためて聴くと第3期の要素もあるし、第3期自体も今聴くと意外と聴ける、というか結構良かったりします。我ながら調子いい奴だと思います・・・。Teruの歌声、結構好きです。

はい、束の間の美を見せていただきました。ということで勢い余って「ノイの城」も聴き始めています。こっちもやっぱりいいなあ(ため息)。
0

2006/10/13

読書の秋ですねえ  映画・本
20年ぶりくらいに「あなたにここにいてほしい」を読みました。話のスジを結構忘れていたのと、高校生の頃とは違った気持ちで読めたので、面白かったです。

自分はこの新井素子さんの作品を読んで、ピンクフロイドを聴こうと思ったのですが、そういう方結構多いのではないでしょうか?

で、ピンクフロイドの同作品の原題はWish You Were Hereですが、これって英語の授業で習う仮定法でしたっけ?。授業で習うとおりに普通に訳すと「あなたがここにいてくれたらいいのに」みたいな感じですが、「あなたにここにいてほしい」ってとても美しい訳だなと思います。

ところで、この作品は映画化もされていたのですね。でも出演者の方々は正直原作のイメージとは全く違うので、見たいとは思わないですが・・・。

読み直そうと思って何ヶ月か前に買った新井さんの作品がまだ数冊あるので、読書の秋を実践して行こうと思います。
0

2006/10/12

意味わかんないマッチメイクは本当にやめてほしい  格闘技
大晦日にこないだHERO'Sミドル級トーナメントで宇野薫に勝って優勝したJ.Z.カルバンと魔裟斗がマッチメイクされるようです。これが谷川のセンスのなさだと思う。

魔裟斗もいい加減に総合の選手相手にお茶を濁すのはやめた方がいいのに・・・。
0

2006/10/11

プレゼンスの茂さんではない方のしげる  ロックじゃない日本の音楽
トミマツのことについて書いたので、松崎しげるさんについても書かせていただきます。
松崎しげるといえば「愛のメモリー」、「グッバイ・マイ・ラブ」が有名な曲ベスト2ですよね。これらは確かにいい曲なんですけど、「愛のメモリー」はちょっとベタすぎて、自分は実はそれほど好きではなかったりします。

むしろトミマツの主題歌であった「愛の静けさ」や「ワンダフル・モーメント」の方が名曲なのではと思っていますが、今まで同意してくれた人は残念ながらいません・・・。この2曲は本当に名曲なので、機会があれば是非聴いてみてくださいませ。

ベスト盤には大抵収録されていると思います。そのまんまじゃんというタイトルのベストアルバム松崎しげるは自分も持っておりますよ。

0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ