2009/11/1

デッド・ゾーン  サスペンス

クリックすると元のサイズで表示します

監督:デビッド・クローネンバーグ
出演:クリストファー・ウォーケン、ブルック・アダムス
1987年

評価:★★★☆☆

スティーブン・キング原作特集第一弾。

交通事故により未来を予知する能力を得た高校教師が、将来核戦争を引き起こすことになる大統領候補の暗殺を企てる・・・
平凡な教師が特異な能力を身に着けてしまったことからおこる悲劇の物語。

監督はデビッド・クローネンバーグ。「ラビッド」「ザ・ブルード」などそれまでマイナー系の映画から本作によりメジャー映画への転機になった映画。
主役は「バットマンリターンズ」「ゴッド・アーミー」「スリーピー・ホロウ」のクリストファー・ウォーケン。主人公のフィアンセ役は「カリブゾンビ」「SFボディ・スナッチャー」などのジャンル映画にも出ているブルック・アダムス。

原作はホラーの帝王スティーブン・キングの長編5作目で「シャイニング」とは異なりキング自身も賞賛している。
主人公に犯罪を予知されて自殺する連続殺人鬼フランク・ドットは「クージョ」でも伝説として登場するし、そこの舞台のキャッスル・ロックの町はほかのキングの作品でたびたび登場する。また主人公が家庭教師として教える高校生は「シャイニング」の主人公ジャックが首になったスクールに入学するなど他作品へのリンクが楽しい。

↓映画チラシ。デザインはちょっといまいち?・・
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/10/17

ショック療法  サスペンス

クリックすると元のサイズで表示します

監督:アラン・ジェシュア
出演:アラン・ドロン、アニー・ジラルド
1972年フランス

評価:★★★☆☆

服飾工場を経営するエレーン(ジラルド)は30歳半ばを過ぎて疲れきった体を癒すため、若さを回復させることが有名な美貌の院長(ドロン)が経営する療養施設にしばらく滞在することになった。毎晩受ける注射により元気を回復していくエレーン。しかし、若い外国からの従業員が姿を消すことに疑問を持ったエレーンは恐ろしい病院の秘密を知ることになる・・・

「コーマ」で代表される医療サスペンスホラー映画のひとつ。
いま見るとたいしたことはないが、病院での真相は当時はかなりショッキングだったかも知れない。

公開時は、アラン・ドロンのヌードの場面が最大のショックと謳われた。
0

2009/10/15

モーテル  サスペンス

クリックすると元のサイズで表示します

監督:ニムロッド・アーントル
出演:ケイト・ベッキンセール、ルーク・ウィルソン
2007年

評価:★★☆☆☆

子供の不慮の死がきっかけで離婚寸前の夫婦が、車の故障でモーテルの宿泊を余儀なくされる。しかし、そこのモーテルはスナッフ(殺人)フィルムを撮影する現場であった・・・

夫婦がスナッフフィルムの現場が正に自分の宿泊している部屋であることを知るところまではなかなかの盛り上げリで楽しめたが、殺人犯のグループが現れてからは全く怖くはなく物足りなく感じた。
「悪魔のいけにえ」のようなキレた連中が出てきてくれると楽しめたのに残念・・

0

2009/10/7

フレイルティー 妄執  サスペンス

クリックすると元のサイズで表示します

監督:ビル・バクストン
出演:ビル・バクストン、マシュー・マコノヒー
2001年

評価:★★★☆☆

フェントンと弟のアダムは母親を早くに亡くしたが父親との3人暮らしで幸せな日々を送っていた。ある日、神の啓示を受けたという父親は悪魔を見分ける力を得たと言い出し、悪魔とみなした人々を小屋に連れ込み、神に選ばれたとされる子供達にも殺しを強要しはじめた・・・

神から与えられた武器として斧が出てくるが、「悪魔のいけにと」と同様に血はほとんど見せずに恐怖を演出するのがなかなか巧い佳作である。フェントンから見ると、神の啓示を受けたといいつつ人を殺していく父親の姿はただの狂人の妄想にしか見えないところが怖い。父親は至って悪気はないのである。

ラストはちょっと強引な展開であるが、サスペンスホラーとしてはなかなか楽しめた。

俳優でもあるビル・バクストンの第一回目監督作。

0

2009/9/27

夕暮れにベルが鳴る  サスペンス

クリックすると元のサイズで表示します

監督:フレッド・ウォルトン
出演:キャロル・ケイン
1978年

評価:★★☆☆☆

ジルは夫妻に頼まれていつもの数時間のベビー・シッターのアルバイトをしていた。しかし、今回は違った。「二階の子供たちを見たか」という内容の電話だった。
何度かの執拗な電話に警察に逆探知を頼む。しばらくして、警察から連絡が入り「この電話は外からではない!すぐ外に出なさい!」という内容であった。そして、2階から降りてくる人影があった・・・。
冒頭で殺人鬼が捕まり、7年度、今後はベビー・シッターから2児の母親になったジルが脱走した犯人から再び襲われる話であるのだが、冒頭とラストはなかなかスリリングなのだがそれまでの間が非常に中だるみしてしまい残念な作品である。
冒頭シーンは短いながらも恐怖演出が巧く出来ている。
2006年「トゥームレイダー」の監督により「ストレンジャー・コール」というタイトルでリメイクされている。



0

2009/9/18

ウィークエンド  サスペンス

クリックすると元のサイズで表示します

監督:ウィリアム・フリュエ
出演:ブレンダ・バッカロ
1976年

評価:★★★☆☆

スポーツカーに乗った友人の歯科医ハリーと彼の別荘で週末のパーティを迎える予定であったファッション・モデルのダイアン(バッカロ)は4人の男たちの乗る車を出し抜いたことから恐怖の週末を迎えることになる・・・・

バルセロナのシトジェス国際映画祭で最優秀女優賞、脚本賞、特別批評家賞を受賞。

主演は「真夜中のカーボーイ」のブレンダ・バッカロ。本作でハスキーな声の持ち主で男たちに孤軍奮闘する彼女に惚れちゃいました。

↓ビデオジャケット「副題:デッドエンド・ホリディ」
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/7/12

探偵スルース  サスペンス

クリックすると元のサイズで表示します

監督:ジョゼフ・L・マンキーウィッツ
出演:マイケル・ケイン、ローレンス・オリビエ
1972年 イギリス

評価:★★★★☆

推理作家ワイク(オリビエ)と彼の妻の愛人美容師のマイロ(ケイン)の騙しあい(コンゲーム)を描く傑作。
元はアンソニー・シェーファー原作の舞台劇の映画化。劇中登場人物が2人しか出てこないが英国の誇る2大名優ローレンス・オリビエとマイケル・ケインが繰り広げる二転三転の飽きさせない展開が秀逸。
ワイクの邸宅に置いてあるケタケタと笑う人形などが登場し不気味。
0

2009/7/2

ヒッチャー  サスペンス

クリックすると元のサイズで表示します

監督:ロバート・ハーモン
出演:ルトガー・ハウアー、トーマス・ハウエル
1986年

評価:★★★☆☆

なにげなく乗せたヒッチハイカーに執拗に追い詰められる主人公・・・・
最凶な悪役ジョン・ライダーをルトガー・ハウアーが演じ「ブレードランナー」のロイ・バッティと双璧をなす悪役ぶりを見せる。
他にコッポラ監督の「アウトサイダー」でデビューしたトーマス・ハウエルやジェニファー・ジェイソン・リーが出演している。
JJLちゃんがジョン・ライダーになぶりものにされるシーンは絶句しました。(見た人にはわかるはず・・?)
普通のサスペンスものに飽きた方にはおすすめのサスペンス映画です。
2007念マイケル・ベイ製作でリメイクされたがあまり興味ないので見ていない。
0

2009/6/25

他人の眼  サスペンス

クリックすると元のサイズで表示します

監督:ゴースト・ウィダーホン
出演:ローレン・テューズ、ジェニファー・ジェイソン・リー

評価:★★☆☆☆

ニューヨークでの女性の連続暴行殺人が起こっている。TVニュースキャスターのジェーン(テューズ)とその妹で聾唖のトレイシー(リー)にも犯人の魔の手が迫る・・・。
「コンバット」のビッグ・モローの娘で「ジョージア」「初体験リッジモンドハイ」「イグジステンス」などのJ.J.リーの映画デビュー作で難役をこなしている。
ちょっとしたゴア描写もあり。
実はこの監督「バタリアン2」の脚本および監督でもある。

0

2009/6/20

激突!  サスペンス

クリックすると元のサイズで表示します

監督:スティーブン・スピルバーグ
出演:デニス・ウィーバー
1972年

評価:★★★★☆

スピルバーグ監督がメジャーになる前に撮ったテレビムービー。出来のよさに日本やヨーロッパなどで劇場公開となった。
ストーリィは普通の男がタンクローリーにひたすら追いかけられる話ではあるが、演出の巧さにぐいぐい引き込まれる。さすがスピルバーグ。
追いかけてくるタンクローリの運転手は一切顔を出さずタンクローリー自体が「ジョーズ」のようなモンスターのようである。
「地球最後の男」「ヘルハウス」の原作者リチャード・マシスンの原作。
第一回アボリアッツファンタスティック国際映画祭でグランプリを受賞している。
後年、内容は本作とはまったく関係のない「続激突!カージャック」が作られた。
0

2009/6/14

太陽がいっぱい  サスペンス

クリックすると元のサイズで表示します

監督:ルネ・クレマン
出演:アラン・ドロン、マリー・ラフォレ
1960年

評価:★★★★☆

大金持ちのドラ息子フィリップを彼の父親の依頼で連れ戻しに来た貧乏だが野心的な青年トム(ドロン)。フィリップの彼女マルジェ(ラフォレ)に対する態度にも腹をすえかねフィリップを殺害してしまう。その後、トムはフィリップになりすますことを考える・・・・
ニーノ・ロータの哀愁漂う曲に太陽がふりそそぐ中の情景が似合う傑作サスペンス。

0

2009/6/2

殺しのドレス  サスペンス

クリックすると元のサイズで表示します

監督:ブライアン・デ・パルマ
出演:ナンシー・アレン、マイケル・ケイン
1980年

評価:★★★☆☆

ブライアン・デ・パルマ監督のヒッチコック監督の作風のお色気サスペンス・ホラー。
デパルマの「ミッドナイト・クロス」などにも出演しているナンシー・アレン他お色気ムード満載の映画である。「ビッグ・バッド・ママ」のアンジー・ディキンソンが殺される中年の人妻役で出演している。

0

2009/5/28

アリス・スイート・アリス  サスペンス

クリックすると元のサイズで表示します

監督:アルフレッド・ソール
出演:ポーラ・シェパード、ブルック・シールズ
1977年

評価:★★★★☆

12歳の少女アリス(シェパード)は妹のカレン(シールズ)と母親の3人で暮らしている。アリスはつねに問題ばかり起こしている少女である。ある聖餐式の場で妹のカレンが何者かによって惨殺される。黄色いレインコート、妹のつけていた十字架を持っていたアリスが疑われる。果たして犯人はアリスなのか?・・・
知る人ぞ知るサスペンス・ホラーの佳作。ブルック・シールズのデビュー作であり美少女の片鱗を覗かせているが映画の序盤で殺されてしまう。
黄色いレインコートに不気味なお面の犯人が不気味。ヒッチコックの「サイコ」なども彷彿させラストもかなり衝撃的。
0

2009/5/23

地獄の貴婦人  サスペンス

クリックすると元のサイズで表示します

監督:フランシス・ジロー
出演:ロミー・シュナイダー、ミシェル・ピコリ
1974年

評価:★★☆☆☆

美人姉妹が悪徳弁護士と組んで保険金目当てで起こす猟奇事件。
タイトル映画からしてホラーかと思って見て見たらなんのことはない、実在の保険金詐欺事件を元にした犯罪物の映画であった。
ただし、金目当てで殺した夫婦を硫酸につけこんで、ドロドロにしてからバケツで捨てにいくシーンはかなりキョーレツである。
ロミー・シュナイダーがなかなか魅力的。ところどころコメディ調なところもある。
音楽はエンニオ・モリコーネ。
0

2009/5/18

ユージュアル・サスペクツ  サスペンス

クリックすると元のサイズで表示します

監督:ブライアン・シンガー
出演:ケビン・スペイシー、ベネチオ・デル・トロ
1995年

評価:★★★★☆

麻薬捜査の中で浮かびあがっていく殺人事件。謎の男カイザー・ソゼとは何者なのか?

いまや「X−MEN」シリーズでも一躍有名となった監督が撮った1級のサスペンス映画。人間関係とかわかりずらいので2回ほぼ私は見ました。ラストのどんでん返しはなかなかのものです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ