2013/7/15

死霊のはらわた/リメイク  ホラー

クリックすると元のサイズで表示します

監督:フェデ・アルバレス
出演:ジェーン・レヴィ

評価:★★★

「死霊のはらわた」といえばサム・ライミ監督の出生作。
最近の世代の人たちには「スパイダーマン」のライミは知っていても「死霊のはらわた」は知らないかも知れない。本作はそのリメイク作品だ。

私がオリジナルを通して見たのは、85年の池袋東部デパートで開催されていた「ザ・ホラーワールド」というイベントである。「ザ・ホラーワールド」はボブ・バーンズ氏所蔵のエイリアンや、遊星からの物体Xなどのプロップが展示してあり、会場には「サンゲリア」などのホラー映画の映像をテープで繰り返し流していたのである。当時タイトルは映画雑誌で読んで知っていたのだが、映像を見るのは初めてだった。
つぎつぎと死霊に取り付かれる、主人公アッシュの仲間たち。四肢を切り落とさないと倒せない強靭な生命力。こんな恐ろしい映画があるのかと打ちのめされた。

さて、リメイク作品の方だが、殺伐としたオリジナルに比べて薬物依存症に悩む妹の治療のために山小屋に来る兄の妹への愛情が軸となっている。

死霊にとりつかれた人は「デモンズ」に出てきたモンスターに似ていた。オリジナルのように白目を剥いて、牛乳のような液体をはき、切断した四肢がうごめくような強烈なインパクトがないのは残念だ。

とはいえ、例の車が登場など。ところどころオリジナルへのリスペクトがあるのは嬉しい。

監督のフェデ・アレバレスは気鋭の新人。自主映画「パニック・アタック」の出来のすばらしさに大抜擢された。
サムライミとオリジナルのアッシュことブルース・キャンベルがプロデュースしている。

0

2013/7/15

グレイヴ・エンカウンターズ  ホラー

クリックすると元のサイズで表示します

監督:ザ・ヴィシャス・ブラザーズ
出演:ショーン・ロジャーソン、アシュリー・グリスコ
2012年 カナダ 

評価:★★★☆

廃墟と化した精神病院に、心霊ドキュメンタリー番組の撮影隊が一泊することになるが・・

「ブレア・ウィッチプレジェクト」が端緒となった数あるモキュメンタリー映画の中の1つ。

評価はネットで見ると散々書かれているが、個人的にはお化け屋敷的な雰囲気がなかなか楽しめた。

最初はちょっとした出来事がエスカレートしてしまうのはこの手の映画で良くあるパターンなのだが、「ブレア・ウィッチ」や「パラノーマル・アクティビティ」などでは思ったより大したことのない内容で終わってしまうが、本作ではこれでもかっというくらい、仕掛けがたたみかけてくる。

また、普通ならば朝がくれば助かるだろうとか、扉の外に出れば助かるだろうとかいう希望にすがるのだが、本作はそれが打ち砕かれる。
例えばキャサリン・ロスの「レガシー」や「死霊のはらわた」のように館の外もしくは小屋の外に出て車で走り回ったら助かると思いきやいつのまにか元の館に戻ってきているパターンである。こういう閉鎖感というか異次元空間的な設定は結構好きだ。
1

2013/5/27

ダリオ・アルジェントのドラキュラ3D  ホラー

クリックすると元のサイズで表示します

ダリオ・アルジェントの「ドラキュラ3D」。いつ劇場公開されるか
分からないので、輸入版のDVDをビデオマーケットで購入。

まだ、中身は未見であるが、特典のクラウディオ・シモネッティの
プロモーションビデオはなかなか良かった。

本編を見たらレビューします。

2

2013/3/20

キャビン  ホラー

クリックすると元のサイズで表示します

監督:ドリュー・ゴダード
出演:クリスティン・コネリー、クリス・ヘムズワーズ
2013年 公式サイト

評価:★★★★ おすすめ!

森の山小屋に休暇を楽しみに来た5人の男女。そこで起こる惨劇が・・とかくとホラー映画の王道であるように聞こえるのだが、この映画はさらにぶっとんだ内容の映画である。

ホラー映画としてはそんなに怖くはないので、耐性が少ない人でも充分楽しめる映画だといえる。とはいえコアなホラー&モンスター映画好きの人ならより一層楽しめるに違いない。私もその中の一人であるからだ。

この映画を見て思い出したのは1989年の「ワックスワーク」という映画である。この映画は吸血鬼や狼男、ミイラ男といった昔のホラー映画の王道のキャラクターが展示してある蝋人形館に入り込んだ男女6人の恐怖を描く内容である。
1

2012/10/12

ダーク・シャドウ  ホラー

クリックすると元のサイズで表示します

監督:ティム・バートン
出演:ジョニー・デップ、ミッシェル・ファイファー
2012年 公式サイト

評価:★★★

1966〜1971年に放映されていた海外TVのソープオペラ「ダーク・シャドウ」を昔のホラー大好きな少年だったティム・バートンがコメディ・タッチでリメイク映画化した作品。

イギリスからアメリカに渡米したバーナビー一家は海産業で成功し町を作り上げ裕福な生活を始める。息子のバーナバスは何不自由ない生活を送っていた。しかし、実は魔女であったメイドのアンジェリークの嫉妬から父親と恋人を魔法で殺され、バーナビー自身はバンパイアに変えられて棺に封印されてしまう。200年後、工事現場で掘り起こされたバーナビーは復活し、いまは落ちぶれたバーナビー一族の子孫の住む家に行く。そこで殺された恋人そっくりの家庭教師と出会うのだが、町は魔女アンジェリークが牛耳っていたのである・・・

定番のジョニー・デップとバートンのかみさんのヘレナ・ボナム・カーターが登場し最近のティム・バートン作品はちょっと飽きてきた感があるのだが、本作はなかなか面白かった。
注目すべきは「007カジノ・ロワイヤル」でボンド・ガールを演じたエヴァ・グリーンの魔女アンジェリーク役の妖艶さである。美人だが嫌〜な役を見事に演じている。

自分的には「ホアット・ライズ・ビニーズ」以来の気がするが久々にミッシェル・ファイファーが現代のバーナビー家の女主人役での登場である。バーナバスのバンパイアより妖艶な雰囲気でお年を召してもあいかわらず美しい。
また、前述の「ヒューゴ〜」同様、メジャー監督に人気があるのかクロエ・グレース・モレッツがバーナビー家の長女役で登場する。
また、嬉しいことにドラキュラ役者クリストファー・リーもさりげなく登場している。

なんとなく「アダムス・ファミリー」な雰囲気もある。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/8/28

ゾンビ大陸アフリカン  ホラー

クリックすると元のサイズで表示します

監督:フォード・ブラザーズ
出演:ロブ・フリーマン、プリンス・デビッド・オセイア
2010年 公式サイト

評価:★★★

アフリカ大陸で、ゾンビが大量発生し駐留アメリカ軍は撤退する。脱出の際に飛行機が墜落し残されてしまったエンジニアのブライアン中尉はゾンビの蔓延するアフリカ大陸をさまよい歩く。途中、息子を探しているアフリカ軍の兵士のデンベレと合流し、二人のサバイバルの道のりが始まった・・・

俳優も聞いたことのない低予算ゾンビ映画とたかをくくっていたが、最近見たゾンビ映画のなかでは佳作の出来であった。
アフリカという土地にゾンビが非常にマッチしているのである。

本作ではジョージ・A・ロメロ監督のゾンビ映画で描かれるようなのろのろゾンビである。
個人的には「ドーン・オブ・ザ・デッド」や「28日後」に登場するようなダッシュで走ってくるゾンビはあまり好きではない。

また、時々疑問に思っていたゾンビの徘徊する世界で夜野宿するときはどうするかが具体的に描かれている。いつ寝込みを襲われて喰われるかと考えるとゾクソクしてしまう。

「サンゲリア」とかの土着系ゾンビ映画でシリアスなものが好きな方にはおすすめである。
0

2012/7/11

フライトナイト/恐怖の夜  ホラー

クリックすると元のサイズで表示します

監督:クレイグ・ギレスビー
出演:アントン・イエルチェン、コリン・ファレル
2011年

評価:★★★☆

1985年の「フライトナイト」のリメイク作品である。

ラスベガスの郊外にチャーリーは母と二人で住んでいて、最近では学校一の美女であるエイミーともうまくいっている。
ある日、隣にジェリーという男が引っ越してくる。かつて親友だったエドからジェリーがバンパイアであるという話を聞いたのだが・・・・

オリジナルの「フライトナイト」は当時劇場で見たお気に入りの作品だった。最近のリメイク作品はあまりパッとしないものが多く期待しないで見たのだが・・・

これが面白かった。オリジナルのストーリィを踏襲しながら現代風なアレンジを入れてあり、なかなかの佳作に仕上がっている。
前作だと年配だったホラーTV番組のナビゲーターであるピーター・ヴィンセントも若い役者を使っているのがいい。また、イモージェン・プーツ演じるなかなか美人なヒロインと元オタク主人公とのラブロマンスもなかなかいい形で描かれている。
また、コリン・ファレルもなかなかセクシーなヴァンパイア役を演じている。



0

2012/6/10

スクリーム4:ネクストジェネレーション   ホラー

クリックすると元のサイズで表示します

監督:ウェス・クレイブン
出演:ネーブ・キャンベル、デヴィッド・アークエット
2011年 公式サイト

評価:★★★☆

カルフォルニア州の町ウッズボロー、10年ぶりに故郷に戻ってきたシドニーは有名な作家となっていた。保安官のデューイとその妻となった元キャスターのゲイルと再開するが、再び殺人鬼の魔の手が彼女を襲う・・・・

1997年に公開された「スクリーム」。当時はホラー映画ファンをニヤリとさせる仕掛けや意外な犯人というところがなかなか楽しかった映画だが、本作はシリーズの定番メンバーであるネーブ・キャンベル、デヴィッド・アークエット、コートニー・コックスが登場し、次の世代である高校生たちと事件に関わっていく。

あいかわらず、犯人の出すホラー映画クイズや、映画の中で殺されるパターン(本作では張り込み中の警官の会話)が楽しい。

また、劇中のスラッシャー映画「スタブ」も凝っていて、とうとうシリーズ6作目まで作られている。アンナ・パキン他がカメオ出演している。

定番作品として「ファイナル・デッドブリッジ」ともども、近作ではなかなか楽しめる内容だった。
0

2012/5/23

ゴースト・オブ・マーズ  ホラー

ジョン・カーペンター特集R
「劇場版チラシ」
クリックすると元のサイズで表示します

監督:ジョン・カーペンター
出演:アイス・キューブ、ナターシャ・ヘンドリッジ
2001年

評価:★★★

2009年7月のブログ記事に加筆。

未来の世界、地球人は火星に移住を進めていた。バラード警部補は鉱山の町にたどり着くが、そこは誤って火星の先住民の亡霊を解放してしまい、牢獄の囚人しか生き残っていない場所となってしまっていた。バラードは囚人たちと強力してゴーストと戦うことになる・・・

火星版「要塞警察」といった感じの映画。「スピーシーズ種の起源」のナターシャ・ヘンドリッジ、「アナコンダ」のアイス・キューブ、そしてパム・グリア姉さんなどが出ているて通好み。

ストーリー的にはあまり印象深くはないが、切り株描写はいままでになく多い。

メタルバンド「アンスラックス」が音楽に参加している。

本作のパンフレットを探しているのだが未だみつからず。発売されたのであろうか。
※後日、調べたところ劇場でパンフレットは発売されておらず、プレスシートが販売されていたようである。パンフレットは作られなかみたいである・・
0

2012/5/21

ヴァンパイア 最期の聖戦  ホラー

ジョンカーペンター特集Q
「劇場版チラシ」
クリックすると元のサイズで表示します

監督:ジョン・カーペンター
出演:ジェームス・ウッズ、シェリル・リー
1998年

評価:★★★☆

2009年6月のブログ記事に加筆。

ジョン・カーペンター監督の近作の中で好きな映画。西部劇+吸血鬼といった雰囲気で格好良い。カーペンターが敬愛する西部劇の雄ハワード・ホークスの影響もあると思われる。

バチカン直轄のバンパイア・ハンターのグループ「スレイヤーズ」のジャックは、ニューメキシコのバンパイアの巣を強襲して退治するが、その報復をバンパイアのリーダーのヴァレックに受け、チームは壊滅状態になってしまう。バンパイア達が陽光の下でも闊歩できる伝説の十字架を探すヴァレックと対決することになる・・・・

冒頭の吸血鬼狩りのシーンは日光に当たると死んでしまう吸血鬼の弱点に対して、ワイヤーつきの銛を打ち込み、車のウィンチで陽光の下に引っ張り出し退治するという、「ジョーズ」との対決を思い出させるシーンで結構好きである。

「ツイン・ピークス」でローラ・パーマー役だったシェリル・リーが途中でバンパイアに咬まれ吸血鬼に変貌していくセクシーな役で登場しているのがたまらない。

2002年に続編「ヴァンパイア 黒の十字架」が作られた。
0

2012/5/16

光る眼  ホラー

ジョン・カーペンター特集O
「劇場版チラシ」
クリックすると元のサイズで表示します

監督:ジョン・カーペンター
出演:クリストファー・リーブ
1995年

評価:★★★

2009年5月のブログ記事に加筆。

1960年の「光る眼」のリメイク作品。原作はジョン・ウィンダムの「呪われた村」である。

街の人間が突如同時刻に意識を失い、女性達がみな妊娠してしまう。そして生まれた子供達は銀色の髪で超能力を使うのであった・・・

ラズベリー賞のワーストリメイク作品としてノミネートもされた作品であるが、宇宙人の遺体が出てくるシーンや超能力を使って心を読もうとする子供達にリーブが心の防壁は張るところなんか好きだ。

子供が関わるホラーはなかなか秀作が多い。例えばスペイン映画「ザ・チャイルド」やキング原作の「チルドレン・オブ・ザ・コーン」、「悪を呼ぶ少年」なども面白い。また、火曜サスペンス劇場の大林宣彦監督の「可愛い悪魔」(TVM)なんががおすすめだ。

「スーパーマン」役者クリストファー・リーブが落馬事故前の元気だった頃の作品である。牧師役でマーク・ハミルも出演している。
0

2012/5/14

マウス・オブ・マッドネス  ホラー

ジョン・カーペンター特集N
「劇場版チラシ」
クリックすると元のサイズで表示します

監督:ジョン・カーペンター
出演:サム・ニール、ジュリー・カーメン

評価:★★★☆

2009年5月のブログ記事に加筆。

カーペンターの作品の中で好き嫌い分かれる作品だが、私は大好きな作品。

失踪したホラー作家サタ・ケーンを探しに行った保険の調査員トレントとケーンの担当女性編集者リンダがサタ・ケーンを捜索している間に作品に描かれている世界に紛れこんでしまう・・・

幻想小説家H.P.ラブクラフトのクゥトルー神話をモチーフにし、スティーブン・キングのような売れっ子ホラー作家が書く小説が世界を破滅させるという構成がなかなかナイス。

トレントが話しをしていると、斧を持った男が近づいてくる怖さや、ホテルの絵がだんだんと変わっていくところ、サタ・ケーンの世界から逃れようと自転車に乗った老人の不気味さといった、じわじわとくる恐怖演出が良い。全てトレントの妄想と考えることも可能である。

クゥトルー神話へのオマージュは多く、ホテルの名前のピックマンは作品の「ピックマンの絵」から取っていると予想される。

出演は「オーメン最後の闘争」「ジュラシック・パーク」のサム・ニールで、「透明人間」のときは悪役で出ていたので、そのつながりであろうか。また、途中からモンスター化してしまうリンダ役は「フライトナイト2」のジュリー・カーメン、狂気の作家サタ・ケーン役は「Uボート」のユルゲン・ボルホノフ。出版社の社長に「猿の惑星」「地球最後の男オメガマン」のチャールトン・ヘストンなど個性的なメンバーが共演している。

DVDが発売されていたが現在ではプレミアがついている。
2

2012/5/13

ボディ・バッグス  ホラー

ジョン・カーペンター特集M

クリックすると元のサイズで表示します

監督:ジョン・カーペンター
出演:ジョン・カーペンター、マーク・ハミル
1993年

評価:★★★

3話の短編からなるオムニバス・ホラー。
狂言まわしでジョン・カーペンター自らがマッド・ドクターの姿で登場する。

「ザ・ガス・ステーション」
深夜のガス・ステーションで勤務の初日をすることになった女子大生の恐怖体験。
ガス・ステーションに来る客は皆個性はそろいなのだが、ウィス・クレイブン監督が陽気な客で登場する。また、しつこく追いかけてくる殺人鬼には「ロング・ライダース」のロバート・キャラダイン、またサム・ライミが死体役で登場する。

「ヘアー」
髪のうすさを潔癖症のように気にする男。画期的な植毛を提供する病院へ行きサラサラのロングヘアーを手にいれるが・・・
主演に「ドク・ホリディ」のステイシー・キーチ、他に歌手のシーナ・イーストン、「ビデオ・ドローム」のデボラ・ハリー(ナース役)が登場している。

「アイ」
交通事故で片目を失った野球選手の男。移植手術を行い目は復活するが・・・・
主演は「スターウォーズ」のルーク・スカイウォーカーことマーク・ハミル。彼の目の手術を執刀する医者は最近「コーマン帝国」でもその名をとどろかすロジャー・コーマン監督。

そして、最後にトビー・フーパー監督が意外なところで登場する。

未DVD化の作品だが、登場人物の豪華さがその手の映画好きにはたまらない。ぜひ、DVD化して欲しい作品である。

0

2012/5/9

パラダイム  ホラー

ジョン・カーペンター特集J
「劇場版チラシ」
クリックすると元のサイズで表示します

監督:ジョン・カーペンター
出演:リサ・ブロント、ドナルド・プレザンス
1987年

評価:★★★☆

2009年5月のブログ記事に加筆。

謎の死をとけた神父が持っていた小箱のなかには緑色の液体がはいったケースに封印されていたのは魔王が封印されたものであった。(ドナルド・プレザンス扮する)神父が各方面に秀でた研究者を集め研究しているが、魔王の復活はせまっていた・・・・

「ゴーストハンターズ」で大作を手がけたがあまりヒットせず、再びインディペンデントに戻った映画。

意味不明な内容とか酷評されることもあるが私は本作は好きである。たとえば教会という閉鎖されば空間で、物理学とか各方面のプロフェッショナル達が分析を行い魔王と対峙するという設定がいい(あまりその設定が活かされていないかもしれないが・・)。人間が崩れて虫になるところや、緑の液体に侵食されゾンビのようになった生者が仲間たちに襲いかかり、部屋にとじこもって対抗するのもいい。

ゾンゲリアの看護婦役であったリサ・ブロントがキャサリンという役で出演している。
また、ロックアーティストのアリス・クーパーも出演している。

「劇場版パンフレット」
クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/5/5

クリスティーン  ホラー

ジョン・カーペンター特集G
「劇場用チラシ」
クリックすると元のサイズで表示します

監督:ジョン・カーペンター
出演:キース・ゴードン
1984年

評価:★★☆

気弱な高校生アニーは、一目惚れしたぼろぼろの1958年型のプリマス・フューリーを買い込み、自動車修理工場へ持ち込みそこで働きながら自分で修理を行う。しかし、クリスティーンと名付けられたその車は意志を持っており、アニーや車に危害を加えるものを次々と殺害していく。壊されても自己再生能力を持った車にどう対抗するのであろうか・・・

スティーブン・キングの同名小説の映画化作品。ジョン・カーペンターは前作の「遊星からの〜」でやりすぎたのか、原作がキングと決まっているためか、本作では随分おとなしいトーンのホラー映画である。
テレ東の午後のロードショーで放送された際の吹き替え版で久々に鑑賞してみたが、赤のプリマス・フューリーが、嫉妬深い女性に見えてくるのが不思議である。

主演者については、アニー役のキース・ゴードンは「殺しのドレス」に出演していた。また、ハリー・ディーン・スタントンは「エイリアン」に出演していた名脇役である。

車に悪霊が乗り移った作品といえば「ザ・カー」なんかもあったがそこそこ楽しめる内容であった。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ