2012/8/13

8月12日 のつぶやき  ツイッター

crocket8314 http://twitter.com/crocket8314
8月12日 つぶやきまとめ


22:22
久々にブログを更新。「リヴィッド」「フランケン・ウィニー」など期待の新作映画も簡単に紹介しています。
2012/08/12 Sun 22:22 From web

0

2012/8/12

期待の新作(2012/8)  期待の映画

管理人が気になる新作を紹介。

「バイオハザード ダムネーション」公式サイト
クリックすると元のサイズで表示します
「バイオハザード」シリーズのフルCGアニメ第2弾。3Dでも上映される。




「フランケン・ウィニー」 公式サイト
クリックすると元のサイズで表示します
ティム・バートンが「シザーハンズ」で売れる前に監督した短編を再構築した長編CGアニメ。




「リヴィッド」 公式サイト
クリックすると元のサイズで表示します
「屋敷女」のスタッフが送るヨーロピアン・ホラー。「サスペリア」へのオマージュもあるということで楽しみな作品。




「ハンガー・ゲーム」 公式サイト
クリックすると元のサイズで表示します
アメリカ版「バトルロワイヤル」。ヒットしており2作目を企画中とか。




「モンスター・トーナメント」 予告編
クリックすると元のサイズで表示します
モンスター達がリングの上でバトルを繰り広げるZ級映画。




「カジノ・ゾンビ」 予告編
クリックすると元のサイズで表示します
アメリカ・ネバダ州のリノのカジノにゾンビが発生し閉じこもる主人公たち。
0

2012/8/12

毎朝の日課  その他

クリックすると元のサイズで表示します
「ゾンビ」の原作本。ジョージ・A・ロメロ著。

自己啓発ということで始めたことだが、あまり得意ではない英語を勉強するのにどうせなら好きな映画からというので思いついたのが原作のペーパーバックを読むということ。
会社への通勤バスの朝20分間限定なら続けられると思い始めたのであった。

まず、最初に読み始めたのがどっかの洋書販売で見つけた「イベント・ホライズン」の原作本だ。単語力がないので、カシオの電子辞書を片手に最初は20分間で数行読むのがやっとであった。映画の内容を知っていることもあってなんとか読み切ったのは半年経ってぐらいであった。

そして、先日2冊目の「ゾンビ」原作本をアマゾンで手に入れて読み始めた。今は朝の20分間で1ページぐらい読み進めることが出来るようになった。
現在はSWAT突入シーンが終わり、警察署でスティーブンとフランがロジャーたちと落ち合うシーンである。
いずれは電子辞書を持たずに読めるようになりたいところである。

クリックすると元のサイズで表示します
よれよれになった「イベントホライゾン」の本。

それと、もう一つ最近始めたのが会社へ行く前の30分間約5kmほど毎朝ジョギングすることである。年齢もいい年になってしまったので体力の衰えと体重も増加して血圧があがってきたので四ヶ月前から始めたのだが今のところ続いている。
おかげで、会社のストレスも多少発散できて、有酸素運動を続けているせいか体重も5kgほど減ったし頭の回転も少し良くなったようだ。

今後も10分でいいので一日に出来ることを積み重ねていきたい。
0

2012/8/12

ヤング≒アダルト  コメディ

クリックすると元のサイズで表示します

監督:ジェイソン・ライトマン
出演:シャーリーズ・セロン
2012年 公式サイト

評価:★★☆

都会で売れっ子の少女向け小説のライター(実はゴーストライター)になった37歳のメイビスは酒びたりの生活で友達は愛犬だけ。ある日、田舎の元カレから子供が生まれたとのメールが届き、久しぶりに地元に帰るのだが・・・。

17歳の一番楽しかった時代から脱却できないヤング・アダルトのメイビスを絶世の美女シャーリーズ・セロンが演じるコメディ映画。

メイビスの妄想ぶりが凄い。高校時代の元カレのバディが赤ちゃんも生まれて幸せな家庭を築いていこうとする矢先に、メイビスはバディを運命の男として復縁をせまるのだ。
あまりの無軌道ぶりに周りが凍りつくのだが、見ているこちらまでハラハラしてしまった。

自分も身につまる話だが、年齢だけ重ねてしまうのだが心は子供のままという痛い映画である。

映画評論家町山さんのポッドキャストレビューはこちら

スタッフは「ジュノ/JUNO」のメンバーである。
0

2012/8/12

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い  ドラマ

クリックすると元のサイズで表示します

監督:スティーブン・ダルトリー
出演:トーマス・ホーン、トム・ハンクス、ソンドラ・ブロック
2012年 公式サイト

評価:★★★

9.11のテロで最愛の父親を亡くしたオスカーは外の世界のあらやる事に恐怖を感じるようになってしまった。ある日、父の書斎のかびんの中から鍵を見つけたオスカーは、この鍵に合う鍵穴を見つけることが父親とのつながりを見つける唯一の手段として、探索を始める・・

自分の話で恐縮だが、小学2年生の一人息子と仲がいい。自分では年の離れた兄弟のような感覚で接していて嫁さんからはいつまでも子供のようだと言われている。もし仮に事故で自分が死んでしまったら、息子はどう思うのか。もし、数秒のうちに何か伝えなければならなければ何を伝えるのだろう。ということを考えながらこの映画を見た。

本作は少年オスカーの再生の物語である。最愛の人を失った悲しみから立ち直るためには少年一人では荷が重過ぎる。そこで登場するのが、マックス・フォン・シドー(私的には「エクソシスト」の神父のイメージが強いが)演じる隣人や、全てを理解していた母親である。

ラストでオスカーがまとめた「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」には絶望ではなくて希望にあふれていた・・・



0

2012/8/12

アンダーワールド/覚醒  SF

クリックすると元のサイズで表示します

監督:レン・ワイズマン
出演:ケイト・ベッキンセール
2012年 公式サイト

★★☆

吸揃鬼バンパイア族と狼男族ライカン族との対揃を描く「アンダーワールド」シリーズの�!4�"。

人類によるバンパイアとライカンの其逐が損まり、バンパイアのセリーンは人類に捕まってしまい12年間もの間、研究室で眠りについていた。
目覚めたセリーンは一緒に研究室から逃げ出した少女を村るために再び戦いにつく。

バンパイアの長と戦う1作目、2作目に比べると敵役がパワーダウンしてしまった感があるが普通に楽しめる作品。
1作目の下にある床を2丁拳銃で打ち抜くシーンに対して、本作では上に向けてエレベータの床を打ち抜くシーンが印象的だ。

まだまだ続編が出来そうな雰囲気である。


「アンダーワールド」:2003年
クリックすると元のサイズで表示します
評価:★★★

シリーズ1作目。
個人的には本シリーズの見所は、イングランドのNO1美女としても取り上げられたベッキンセールの似合いすぎるバンパイア役の美しさと、他のバンパイア映画と違い激しい銃撃戦での闘いだと思う。ベッキンセールは銃撃の際に目を�)じないようにする演技に其労したそうだ。


「アンダーワールド:レボリューション」:2006年
クリックすると元のサイズで表示します
評価:★★★

シリーズ2作目。
1作目よりも敵が強大になりスケールもアップした感がある。


実は「アンダーワールド」シリーズを見ていなかったのでシリーズを通して見ようと思い実行したのだが、調べたら「ビギンズ」だけ忘れていた。ケイト・ベッキンセールはほとんど出ていないので番外編ということで良しとしよう・・

監督のレン・ワイズマンは本シリーズがきっかけでケイト・ベッキンセールと結尊している。(1作目の頃はベッキンセールはライカンの長役であるマイケル・シーンとつきあっており1子がいるが撮影後に別れている。)
映画の内容は「バイオハザード」シリーズを意識しているような気がする。監督と主演女優の私生活もポール・W・S・アンダーソンとミラ・ジョボビッチの関係をなぞらえているようだ。
バンパイアと狼族の戦いは「トワイライト」シリーズの内容は激しくしたようだ。
0

2012/8/1

7月31日 のつぶやき  ツイッター

crocket8314 http://twitter.com/crocket8314
7月31日 つぶやきまとめ


23:42
「アンダーワールド/覚醒」を見るために「アンダーワールド」1作目から予習。ケイト・ベッキンセールはクール・ビューティな役が似合う。
今見て見ると「トワイライト・サーガ」のバンパイアと狼男の対立っていうところが根っこが一緒に思えてきた。
2012/07/31 Tue 23:42 From web

0

2012/7/23

7月22日 のつぶやき  ツイッター

crocket8314 http://twitter.com/crocket8314
7月22日 つぶやきまとめ


23:54
「メガフォース」もブルーレイ化!バイクが空を飛ぶシーンを高画質で!
2012/07/22 Sun 23:54 From web

23:50
なかなか媒体化されなかったサスペンス映画でカーク・ダグラスの「悪魔が最後にやってくる」とパメラ・フランクリンの「女子大生恐怖のサイクリングバカンス」がDVD発売されるので期待!
2012/07/22 Sun 23:50 From web

0

2012/7/22

TIME:タイム  SF

クリックすると元のサイズで表示します

監督:アンドリュー・ニコル
出演:ジャスティン・ティンバーレーク、アマンダ・セイフライド
2012年 公式サイト

評価:★★★★ おすすめ!

今年見た映画ではベスト5には入る映画。大雑把に言えば近未来版「俺たちに明日はない」のボニー&クライドものといったところか。

近未来、遺伝子操作による人口増加対策として、25歳になると年齢が止まり、そこからは時間をお金の代わりに売買することで延命が可能となる。貧乏人は時間を買えず死に、金持ちは時間を買って寿命が延ばせる世界となっている。
ウィル・サラスはスラム街出身でその日の時間をなんとかやりくりして延命している。ある日、外部の世界から来た金持ち(時間もち)の男から人生が虚しくなったと100年もの膨大な時間を託される。しかし、スラム街では大量の時間を持ったものは命を狙われ、ウィルは外部の世界へと脱出する。そこで出会ったのは時間を大量に持つセレブ達であった。
彼はセレブの娘シルヴィアと逃避行を図る・・・

最近、「クロエ」「赤ずきん」と見てアマンダ・セイフリッドのファンになったので肩入れしてしまうのもあるのだが、なかなかスリリングで面白かった。

時間をお金代わりにするという発想が面白い。バスや電車の運賃も「SUIKA」のように腕に表示されている時間から引き落とされるのである。しかし、これは寿命を削っているのである。これがなかなかスリルを盛り上げてくれて、主人公がわずか数秒を残して全てポーカーにかけてしまうという捨て鉢なところが見ていてひやひやした。

監督は「ガタカ」「シモーヌ」「ロード・オブ・ウォー」のアンドリュー・ニコル。「ガタカ」は私の好きなSF映画のオールタイム映画である。

0

2012/7/22

宇宙人ポール  コメディ

クリックすると元のサイズで表示します

監督:グレッグ・モットーラ
出演:サイモン・ペグとニック・フロスト
2011年 公式サイト

評価:★★★☆

ロンドンから小説家とグラフィックスデザイナーのオタク二人組みがアメリカのコミックコンベンションに参加し、エリア51、デビルズタワー、ロズウェルといった宇宙人関連の観光地をキャンピングカーで周るうちに宇宙人をひろってしまうコメディ作品。

「未知との遭遇」や「スターウォーズ」などの作品へのオマージュが詰まっており、SF映画ファンには嬉しい作品。
TVづけですっかりアメリカ人になってしまっている宇宙人が笑える。

監督は「スーパーバッド 童貞ウォーズ」で興行収入1億ドルを稼ぎ出したグレッグ・モットーラ。出演はサイモン・ペグとニック・フロストの「ショーン・オブ・ザ・デッド」のコンビが共演して仲良しオタク二人組みを演じている。
また、ビッグ・ガイ役で大御所のアノ人やスピルバーグが声で出演しているところも嬉しい。

公式サイトでロケ地観光(エリア51、デビルズタワー、ロズウェル)のツアーが組まれているのにはびっくり。家族のお許しが出たらぜひ行って見たいツアーである。
冒頭のコミックコンベンションは映画好きの仲間で散策してみたい。

SFコメディ好きにはおすすめの映画だ。
0

2012/7/22

ドラゴン・タトゥーの女  サスペンス

クリックすると元のサイズで表示します

監督:デビッド・フィンチャー
出演:ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラー
2012年 公式サイト

評価:★★★☆

2009年スゥエーデン映画「ミレニアム/ドラゴン・タトゥーの女」のアメリカ版リメイクで原作は自作の大ヒットを見ずに亡くなったスェーデンの作家スティーグ・ラーグの小説である。

36年前に失踪した少女ハリエットを探してくれと大富豪のヘンリックに頼まれたミカエルは背中にドラゴンのタトゥーを入れた天才ハッカーのリスベットを雇い捜査にあたるのだが・・・。やがて判明した真相は恐るべき内容だった。

失踪した少女ハリエットが残した聖書に関連するメモをもとに、主人公と見たものを一瞬で記憶してしまう天才ハッカーのコンビが解決していく展開がなかなか良い。

オリジナルと比べて、フィンチャーっぽいアレンジがされており洗練された感じがする。また原作にはない過去のトラウマにより心を人に開かないリスベットがミカエルに対して少しずつ信頼感を増していくことが伝わる場面もいくつか増えている。

レッド・ツェッペリンの「移民の歌」のカバー曲から始まるオープニング・タイトルが凄く格好良い。

原作は三部作となっているが、フィンチャー監督の続編もぜひ見てみたいものである。
0

2012/7/22

戦火の馬  ドラマ

クリックすると元のサイズで表示します

監督:スティーブン・スピルバーグ
出演:ジェレミー・アーヴァイン
2012年

評価:★★★

スピルバーグの新作で1982年に発売されたマイケル・モーバーゴの児童小説の映画化。

農夫テッドは、荒地を耕すための農耕馬を買いに町の競りに参加するのだが、思わず目を引かれたサラブレットを高額で落札してしまう。サラブレッドを家に連れ帰ったテッドは妻に怒られるが、息子アルバートは馬をジョーイと名づけ自分の家族のように育てるのだった。

やがて、第一次世界大戦が始まり、軍馬としてジョーイを売ることになったテッドだがアルバートは納得しないまま別れを告げる。
ジョーイはイギリス軍の騎兵隊の馬として扱われるが、戦いで騎手を失い放浪していたところをドイツ軍に拾われる。
ジョーイに会いたいアルバートは軍に志願するが、ジョーイは戦場をあちこちと転々としていく・・・

本作は戦場を駆け抜ける馬の目線で、戦争の哀しさを描いた内容である。
印象としては、映像が凄く綺麗な作品である。冒頭の自然の中で馬が走るシーンとそれに対比される戦場のシーンはコメンタリーでも説明されているように天国と地獄の対比の美しさである。それに戦場を駆け抜ける馬のシーンはどうやって撮影したのであろうという出色の出来である。
また、ミリタリーオタクのスピルバーグだけあって戦場のシーンの描き方にこだわりがあり、イギリス軍が近代化されていない騎兵部隊で近代化されているドイツ軍にあっさりやられてしまったり、初期の戦車であるひし形戦車マークIVなどが登場する。家族向けの映画だけあって「プライベイトライアン」のような出血シーンはまったく登場しないので違和感はあるのだが。

ジョーイが途中で遭遇する農場の娘を演じていたセリーヌ・バケンズが美少女で将来人気が出ると勝手に思った。
動物モノで感動したい人にはいいかも知れない。
0

2012/7/12

7月11日 のつぶやき  ツイッター

crocket8314 http://twitter.com/crocket8314
7月11日 つぶやきまとめ


00:03
ついでにボーグナインといえば「エア・サスペリア/401便の幽霊 」を見たいのだが、入手困難だろうなあ。
2012/07/11 Wed 00:03 From web

0

2012/7/11

フライトナイト/恐怖の夜  ホラー

クリックすると元のサイズで表示します

監督:クレイグ・ギレスビー
出演:アントン・イエルチェン、コリン・ファレル
2011年

評価:★★★☆

1985年の「フライトナイト」のリメイク作品である。

ラスベガスの郊外にチャーリーは母と二人で住んでいて、最近では学校一の美女であるエイミーともうまくいっている。
ある日、隣にジェリーという男が引っ越してくる。かつて親友だったエドからジェリーがバンパイアであるという話を聞いたのだが・・・・

オリジナルの「フライトナイト」は当時劇場で見たお気に入りの作品だった。最近のリメイク作品はあまりパッとしないものが多く期待しないで見たのだが・・・

これが面白かった。オリジナルのストーリィを踏襲しながら現代風なアレンジを入れてあり、なかなかの佳作に仕上がっている。
前作だと年配だったホラーTV番組のナビゲーターであるピーター・ヴィンセントも若い役者を使っているのがいい。また、イモージェン・プーツ演じるなかなか美人なヒロインと元オタク主人公とのラブロマンスもなかなかいい形で描かれている。
また、コリン・ファレルもなかなかセクシーなヴァンパイア役を演じている。



0

2012/7/11

7月10日 のつぶやき  ツイッター

crocket8314 http://twitter.com/crocket8314
7月10日 つぶやきまとめ


23:59
遅れてしまったがアーネスト・ボーグナイン氏が亡くなった。私の中でのボーグナイン氏は「ワイルド・バンチ」のガンマンと「北国の帝王」の鬼車掌、「ポセイドン・アドヴェンチャー」の刑事役である。
ご冥福お祈りします。
2012/07/10 Tue 23:59 From web

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ