2012/12/7

12月6日 のつぶやき  ツイッター

crocket8314 http://twitter.com/crocket8314
12月6日 つぶやきまとめ


00:08
あまりに壮大かつ難解な内容で公開当時2週間で打ち切りでまさに幻の作品としてカルト化した1982年の東宝映画「幻の湖」を鑑賞。思ったよりも面白かった。
ソープ嬢、琵琶湖、ジョギング、シロ(犬)、諜報員、スペースシャトル、お市の方、笛といったキーワードがつながっていくところが凄い。
2012/12/06 Thu 00:08 From web

0

2012/12/2

ドライヴ  アクション

クリックすると元のサイズで表示します

監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
出演:ライアン・ゴスリング、キャリー・マリガン
2012年 公式サイト

評価:★★★☆ おすすめ!

最近、職場内の配置換えもあり仕事でバタバタしていて、週末疲れてしまっていたのですっかり更新遅れてしまいました。映画は見てましたよ。
復帰ブログ1作目は「ドライブ」。久々に寡黙でクールな格好良い主人公の登場だった。

昼は映画のカースタントマンと自動車修理工、夜は逃走の手助けをするドライバーである主人公。同じアパートに住むアイリーンという若妻に恋してしまう。
アイリーンの車を修理したことから、アイリーンとその息子と仲良くなるが、服役していたアイリーンの夫が出所することになる。アイリーンの夫は借金があり、取立てやから主人公はアイリーンと息子を守るためその夫の強盗の逃走を手助けすることになるのだが・・・

エレベーターでのラブロマンスの後に続く凄絶なバイオレンスのシーンにはびっくりした。

本作は監督がアートな映像センスを持った監督なので色合いや撮り方などが普通のアクション映画とは異なった趣がある。

主演のライアン・ゴズリングは人形に恋する「ラースとその彼女」でイノセンスな善良は引きこもり人間を演じたり、「ブルー・バレンタイン」では妻に捨てられるダメ夫を演じていたが、本作では格好良さを感じる主人公だった。

クールな逃走するドライバーの映画といえば1978年の「ザ・ドライバー」や1998年の「TAXI」、2002年「トランスポーター」など思いだした。
0

2012/10/31

10月30日 のつぶやき  ツイッター

crocket8314 http://twitter.com/crocket8314
10月30日 つぶやきまとめ


23:11
インド映画のスーパースター、ラジニカーント主演の「ロボット」を鑑賞。ばかばかしいネタにインド映画としては破格の予算をかけていて、何も考えずに楽しめた。アクションだけでなくダンスシーンも素晴らしい。
2012/10/30 Tue 23:11 From web

0

2012/10/25

10月24日 のつぶやき  ツイッター

crocket8314 http://twitter.com/crocket8314
10月24日 つぶやきまとめ


21:53
塚本晋也監督の「KOTOKO」鑑賞。塚本監督の映画を見ていつも思うのだが、肉体と魂の激突が自分を突き刺すようで生々しい。主演COCCOと塚本監督の演技が真にせまっていて素晴らしい。
2012/10/24 Wed 21:53 From web

0

2012/10/24

10月23日 のつぶやき  ツイッター

crocket8314 http://twitter.com/crocket8314
10月23日 つぶやきまとめ


00:20
キャサリン・ロスの屋敷ホラー「レガシー」のDVD発売は嬉しいが、吹き替えが入っていないのが残念。
2012/10/23 Tue 00:20 From web

00:18
「ファイナル・オプション」が再発されるのか・・。DVDプレミアついたと思っていたのに残念。
2012/10/23 Tue 00:18 From web

00:17
ツイートが大分遅くなったがシルビア・クリステルさんやトニー・スコットさんが亡くなった。
ブログで特集しなきゃ・・
2012/10/23 Tue 00:17 From web

0

2012/10/22

10月21日 のつぶやき  ツイッター

crocket8314 http://twitter.com/crocket8314
10月21日 つぶやきまとめ


22:29
次にシナリオなのだが、低予算と配役も限られてしまうので難しい。
やっぱり密室劇かな。誰か短編でいいプロットがあれば教えて欲しい。
2012/10/21 Sun 22:29 From web

22:27
まずはカメラなのだが、カメラは中古のpanasonicのDVX100シリーズが3万円??5万円で買えるのでいいかも。
HD仕様ではないが映画のフィルムのように24P撮りが出来るのが良い。
2012/10/21 Sun 22:27 From web

22:24
最近、ツイートしていなかったのでマメに書かないと・・・
昨日、映画仲間の飲み会があって自主映画を映画と撮りたいねとなったが、お金も技術も無いところからのスタートなのでどこから手をつけて良いのやら。
2012/10/21 Sun 22:24 From web

0

2012/10/12

ダーク・シャドウ  ホラー

クリックすると元のサイズで表示します

監督:ティム・バートン
出演:ジョニー・デップ、ミッシェル・ファイファー
2012年 公式サイト

評価:★★★

1966〜1971年に放映されていた海外TVのソープオペラ「ダーク・シャドウ」を昔のホラー大好きな少年だったティム・バートンがコメディ・タッチでリメイク映画化した作品。

イギリスからアメリカに渡米したバーナビー一家は海産業で成功し町を作り上げ裕福な生活を始める。息子のバーナバスは何不自由ない生活を送っていた。しかし、実は魔女であったメイドのアンジェリークの嫉妬から父親と恋人を魔法で殺され、バーナビー自身はバンパイアに変えられて棺に封印されてしまう。200年後、工事現場で掘り起こされたバーナビーは復活し、いまは落ちぶれたバーナビー一族の子孫の住む家に行く。そこで殺された恋人そっくりの家庭教師と出会うのだが、町は魔女アンジェリークが牛耳っていたのである・・・

定番のジョニー・デップとバートンのかみさんのヘレナ・ボナム・カーターが登場し最近のティム・バートン作品はちょっと飽きてきた感があるのだが、本作はなかなか面白かった。
注目すべきは「007カジノ・ロワイヤル」でボンド・ガールを演じたエヴァ・グリーンの魔女アンジェリーク役の妖艶さである。美人だが嫌〜な役を見事に演じている。

自分的には「ホアット・ライズ・ビニーズ」以来の気がするが久々にミッシェル・ファイファーが現代のバーナビー家の女主人役での登場である。バーナバスのバンパイアより妖艶な雰囲気でお年を召してもあいかわらず美しい。
また、前述の「ヒューゴ〜」同様、メジャー監督に人気があるのかクロエ・グレース・モレッツがバーナビー家の長女役で登場する。
また、嬉しいことにドラキュラ役者クリストファー・リーもさりげなく登場している。

なんとなく「アダムス・ファミリー」な雰囲気もある。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/10/10

ヒューゴの不思議な発明  ファンタジー

クリックすると元のサイズで表示します

監督:マーティン・スコセッシ
出演:ベン・キングスレー、エイサ・バターフィールド
2012年 公式サイト

評価:★★★☆

映画史についての特番やSF映画としての最初の映画とかで、かなりの確立で取り上げられるジョルジュ・メリエス監督の「月世界旅行」。このジョルジュ・メリエスは映画の創世記において数々のSFXを駆使したことでも有名である。メリエスが落ちぶれているのを発明好きの少年が立ち直させるファンタジーである。

監督はマーティン・スコセッシであるがこの映画のようなファンタジーを撮るとは思ってもみなかった。もちろん初期の頃の「明日に処刑を・・」や「タクシー・ドライバー」「レイジング・ブル」などの映画は大好きだが、近年の「ギャング・オブ・ニューヨーク」「アビエイター」「ディパーテッド」などはあまり自分には合わなかったので期待してはいなかったのだが、映画好きな身としては映画の創世記の映画たちをカラーで見ることが出来るだけで大満足である。

主人公の少年ヒューゴが事故で亡くしてしまった父親とのつながりを探求するために、父親が修理途中だった機械人形を修理していく様は最近見た「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」の父親の残した鍵の合う鍵穴を探して冒険する少年と近いものがあった。

出演者はクロエ・グレース・モレッツをはじめ、ドラキュラ役者クリストファー・リー、ジュード・ロウなどがさりげなく登場している。
ジョルジュ・メリエス役は「ガンジー」のベン・キングスレー。
驚いたのは「ボラット」でカザフスタン人のレポーターや「ブルーノ」などで奇抜行動の多いサシャ・バロン・コーエンが普通の役者で登場していたことである。
0

2012/10/9

プロメテウス  SF

クリックすると元のサイズで表示します

監督:リドリー・スコット
出演:ノオミ・ラパス
2012年 公式サイト

評価:★★★

劇場鑑賞してからレビューまでかなり時間が経過してしまった。

考古学者のエリザベス・ショウとチャーリィは遺跡から発掘された星図がある一点を指していることを知る。
調査チームが編成され、宇宙船プロメテウスは指し示した太陽系の惑星にたどり着く。そこで彼らが目にしたのは巨人族の宇宙人の死体だった・・・・

これはネタばれではないと思うので記載するが、この作品は同監督の「エイリアン」の世界観の前日譚である。宣伝ではまったく言及されていないので劇場で知らずに見た人はびっくりするであろう。
「エイリアン」でノストロモ号の乗員が遭遇したスペース・ジョッキー(宇宙人のミイラ化した死体)はなんだったのか。エイリアンとはいったいなんだったのか?という疑問の一端が本作で解明される。

主演は「ドラゴン・タトゥーの女」のオリジナル版でパンクな天才ハッカーのリスベット役で印象深いノオミ・ラパスであるが、リスベットのメイクが強烈だったせいかまったく別人のようである。

「エイリアン」シリーズのファンである私はなかなか楽しめる内容だった。(「エイリアン」と整合性が取れない場面も多々あったのだが・・)
もう、既に劇場で見るのは難しいかも知れないが本作は3Dで見るのをおすすめする。普通に2Dで見ると本作の魅力は半減してしまうように思う。
0

2012/10/8

トロール・ハンター  パニック

クリックすると元のサイズで表示します

監督:アンドレ・ウーヴレダル
出演:オットー・イェスパーセン
2012年 ノルウェー 公式サイト

評価:★★☆

熊の密猟取材のドキュメンタリーを3人の学生が撮影中に出会ったハンターは実はトロールハンターだった。彼を追跡取材するうちに、次々とトロールに遭遇していく・・

最近、多く作られているドキュメンタリー風のフェイクドラマ(モキュメンタリー)であるが男2人と女性1人の撮影チームが出ていることから私的には「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」にとても良く似たプロットだと思った。

トロールハンターだけに本作では複数の種類のトロールが登場するか双頭のやつや巨大なものまで出し惜しみをせず登場シーンも沢山あり低予算の割には良く出来ていると思った。


0

2012/9/18

ダークナイト・ライジング  アクション

クリックすると元のサイズで表示します

監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベール
2012年 公式サイト

評価:★★★☆

劇場公開してまもなく鑑賞したのだが、最近更新を怠っていたのでレビューが遅くなってしまった。

平和になったゴッサム・シティでバットマンも活躍の場がなくなり、人前から姿を消した。
そこに悪の権化であるベインが現れ、再びゴッサム・シティは恐怖に陥る。

アラが多いとつっこまれている評価を見かけるが個人的にはそこそこ楽しめた。
良かったところは以下の通り。
・ライジングの名前通り、ドン底からの復活あり。
・新兵器バットが格好いい。
・アン・ハサウェイのキャット・ウーマンがキュート。
・ラストは賛否あるが夢のある終わり方なので好きだ。

ところで、子供の頃からのアメコミ・ヒーローで一番好きなのはと聞かれたら迷わず「バットマン」と答える。「キャプテン・アメリカ」や「フラッシュ」なども映画化される前から好きなのだが、暗い影を持ったダーク・ヒーローで先天的に備わった能力ではなく悪に対する憎しみで自分を鍛えあげるという設定がいい。ティム・バートン版のニュースを聞いて歓喜したものだ。

0

2012/9/4

メランコリア  ドラマ

クリックすると元のサイズで表示します

監督:ラース・フォン・トリアー
出演:キルスティン・ダンスト、キーファー・サザーランド
2012年 公式サイト

評価:★★☆

惑星メランコリアが地球に接近に伴うヒロインの不可解な行動を描く「アンチクライスト」のラース・フォン・トリアー監督の異色SF作。

コピーライターのジャスティンはマイケルと幸せな生活を送る予定であったのだが、結婚式の当日、ジャスティンは不可解な行動をとり、結婚式を台無しにしています。それと同時に惑星メランコリアが地球に急接近する。

本作の見所は「アンチクライスト」でもあった超スローモーションでの美しい映像である。絵画を見ているような感覚になる。しかも悪夢のような絵画である。

ジャスティンの結婚式の場面はドキュメンタリータッチで撮影されており少々退屈だった。
美しくも悲しいラストシーン(冒頭の映像からつながる)は衝撃的だった。

ラース・フォン・トリアー監督は「奇跡の海」「ドッグヴィル」「ダンサー・イン・ザ・ダーク」など女優に厳しい演技を求めるのでも有名だがキルスティン・ダンストも体当たりの演技で挑んでいる。
その結果、カンヌ映画祭ではダンストがアメリカ人女優ではなかなか取れない主演女優賞を受賞している。

キーファー・サザーランドがヒロインの義理の兄の役を演じているが、この人を見ると全ての作品でジャック・バウワーに見えてしまう。

0

2012/9/3

メタルギア・ソリッド映画化  その他

クリックすると元のサイズで表示します

先日、30日コナミデジタルエンターティンメントが、「メタルギア」シリーズ25周年を記念した「METAL GEAR 25TH ANNIVERSARY PARTY」を東京のミッドタウンで開催されました。
私も一応、応募はしてみたが残念ながら当選せずでしたが、なんと「メタルギア・ソリッド」の実写映画化が決定したとの報告があったそうです。関連ページ

それと「METAL GEAR SOLID GROUND ZEROES」の映像が公開されました。映像プロモ
「ピースウォーカー」の後ぐらいの話かな?かなり期待できそうな内容です。

つい先日、「メタルギアソリッド4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット」をいまさらながらクリアしたところなので熱い話題でした!

0

2012/8/28

ゾンビ大陸アフリカン  ホラー

クリックすると元のサイズで表示します

監督:フォード・ブラザーズ
出演:ロブ・フリーマン、プリンス・デビッド・オセイア
2010年 公式サイト

評価:★★★

アフリカ大陸で、ゾンビが大量発生し駐留アメリカ軍は撤退する。脱出の際に飛行機が墜落し残されてしまったエンジニアのブライアン中尉はゾンビの蔓延するアフリカ大陸をさまよい歩く。途中、息子を探しているアフリカ軍の兵士のデンベレと合流し、二人のサバイバルの道のりが始まった・・・

俳優も聞いたことのない低予算ゾンビ映画とたかをくくっていたが、最近見たゾンビ映画のなかでは佳作の出来であった。
アフリカという土地にゾンビが非常にマッチしているのである。

本作ではジョージ・A・ロメロ監督のゾンビ映画で描かれるようなのろのろゾンビである。
個人的には「ドーン・オブ・ザ・デッド」や「28日後」に登場するようなダッシュで走ってくるゾンビはあまり好きではない。

また、時々疑問に思っていたゾンビの徘徊する世界で夜野宿するときはどうするかが具体的に描かれている。いつ寝込みを襲われて喰われるかと考えるとゾクソクしてしまう。

「サンゲリア」とかの土着系ゾンビ映画でシリアスなものが好きな方にはおすすめである。
0

2012/8/14

期待の新作(2012/8パート2)  期待の映画

管理人が気になる新作を紹介。8月その2


「エクスペンタブルズ2」 公式サイト
クリックすると元のサイズで表示します
前にも紹介したが、最強軍団が再結集!これは楽しみ。




「ロックアウト」 公式サイト
クリックすると元のサイズで表示します
リュック・ベッソン制作の宇宙監獄から脱出を図るSF映画。




「アイアン・スカイ」 公式サイト
クリックすると元のサイズで表示します
月に拠点を作ったナチスが攻めてくる。コメディ映画か?




「トワイライトサーガ・ブレイキングドーンPart2」公式サイト 
クリックすると元のサイズで表示します
いよいよ、完結!!三角関係に終止符は打てるのか!?




「オズ はじまりの戦い」予告編
クリックすると元のサイズで表示します
サム・ライミがなぜ「オズ」!?「キャプテン・スーパーマーケット」風な・・
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ