2009/4/26

レイズ・ザ・タイタニック  ドラマ

クリックすると元のサイズで表示します

監督:ジェリー・ジェームソン
出演:リチャード・ジョーダン 、ジェイソン・ロバーズ
1980年

評価:★★☆☆☆

米ソ冷戦の時代、国防の重要な技術のエネルギーとなる鉱物ビザニウムが実は沈没した豪華客船タイタニック号に積まれていたということより、元軍出身のエージェントであるダーク・ピットが大胆にもタイタニック号を浮上させる計画を立てる。という映画。
前半は政治的な話がメインで私的には眠くなった。しかし、タイタニック号を浮上させるあたりから俄然面白くなる。キャメロン監督の映画ではタイタニック号は真っ二つに折れていたが本作では穴が開いているが塞ぎ浮力を与えることでそのまま浮かびあがる。「タイタニック」を見た後ではちょっと落ちるが浮上のシーンはいま見ても迫力があるので当時見た人は驚きだったかと思う。
ラストもちょっとひねりがあって好きである。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ