2013/6/29

裏切りのサーカス  サスペンス

クリックすると元のサイズで表示します

監督:トーマス・アルフレッドソン
出演:ゲイリー・オールドマン
2012年 イギリス、フランス、ドイツ合作

評価:★★★☆

最近、作品のレビューをすっかりさぼってしまっていたが、かなり溜まってしまったので少しずつ書いていくことにする。

007が所属していることになっているイギリスの諜報機関「MI-6」(通称:「サーカス」)内の二重スパイ「もぐら」を元幹部のスマイリーが捜索する重厚なサスペンス・ドラマ。

まず、登場人物の人間関係が複雑なのと色々なロケーションで出来事が起こるので、私の頭ではこの映画の魅力は分からなかった。wikiなどを見ながら2回目を見たところ、この映画の面白さを発見することが出来た。興味がある方はじっくりと研究して欲しい。

主演のスマイリー役はゲイリー・オールドマン。「レオン」に出演のときは、あまりのキレっぷりに凄い個性派が登場したと思ったが、「ハリー・ポッター」シリーズで重要なシリウス・ブラックや「バットマン」で堅実な役を演じて、なかなかの味わい深い俳優になってきた。

スマイリーの下で行動する「MI-6」の職員ギラム役のベネディクト・カンバーバッチは最近はまっている海外ドラマ「シャーロック」でホームズを演じていたので、すぐに分かった。

監督はヴァンパイア映画「ぼくのエリ200歳の少女」のトーマス・アルフレッドソン。
この監督の作品はこん後も期待出来そうなのでチェックしよう。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ