2012/6/25

ウィンターズ・ボーン  ドラマ

クリックすると元のサイズで表示します

監督:デブラ・グラニク
出演:ジェニファー・ローレンス
2011年 公式サイト

評価:★★★☆

17歳の少女が遭遇するアメリカの闇を描く映画。サンダンス映画祭でドラマ部門のグランプリに選ばれ、各国の映画祭で絶賛されアカデミー賞で多数の部門のノミネートを果たした。

ミズーリ州のオザーク高原は全米でもトップレベルの貧民達が住む地域である。主人公のリーは心を病んで寝たきりの母親と幼い弟と妹の面倒を見ていたが、父親が保釈中に失踪し、見つけないと担保として家を奪われ、家族が離散することになってしまう。
リーは父親を探すために、遠い血縁をあたるが・・・

次から次へと17歳の少女に降りかかる苦難。近代化が進んだアメリカでホラー映画顔負けな怖い展開がまっているとは驚きである。
幼い弟と妹との生活を維持するために果敢にも戦うリーの姿を見て応援したくなった。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ