2012/5/13

透明人間  ファンタジー

ジョン・カーペンター特集L

クリックすると元のサイズで表示します

監督:ジョン・カーペンター
出演:チェビー・チェイス、ダリル・ハンナ
1992年

評価:★★☆

透明人間は人に見えずにすき放題出来るので羨ましいというイメージとは逆にいかに大変であるかを普通の証券マンが体験する様をコメディ・タッチで描く映画。

ニックは普通の証券マン、友人の紹介でバーで意気投合したアリスといい雰囲気になった矢先、ある研究所の事故に巻き込まれて透明人間になってしまう。彼をスパイとして活用しようとするグループが彼を狙い始める・・・・

透明人間は使いふるされたネタのイメージがあるので、つまらないのではという思いがあったが、ILMがCG特撮を手がけており、ところどころ見所のある映画となっている。
また、ダリル・ハンナがなかなかキュートな役柄なので楽しめる。
ジョン・カーペンターの映画らしさはなく「スターマン」に近い。しかし、「透明人間」ものは「インビジブル」など悲劇に終わる映画が多いが、本作はなかなかハッピーな終わりかたなのも良い。

出演はコメディ番組「サタデー・ナイト・ライブ」でレギュラーだった「サボテン・ブラザーズ」「スパイ・ライク・アス」のチェビー・チェイス、ヒロインは「スプラッシュ」で可憐な人役魚、「キル・ビル」、そして「ブレードランナー」のレプリカントのプリス役のダリル・ハンナが演じている。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ