2012/3/11

ゴーストライター  サスペンス

クリックすると元のサイズで表示します

監督:ロマン・ポランスキー
出演:ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナン
2011年 公式サイト

評価:★★★★ おすすめ。

主人公(役名ゴースト・ライター)は、事故で亡くなった前任者の代わりに元イギリス首相のアダム・ラングの自伝を執筆することになる。アダム・ラングの住むアメリカに渡り、インタビューを続けるがアダム・ラングがアメリカに捕虜を違法に差し出した嫌疑で告発されることになる。これはゴーストライターが巨大な陰謀に巻き込まれる端緒であった・・・

ロマン・ポランスキーといえば「ローズマリーの赤ちゃん」「吸血鬼」「ナインス・ゲート」といったホラーから「テス」や「戦場のピアニスト」「オリバーツイスト」といった文芸ものまで手がけるベテラン監督である。

本作はポランスキー監督が良く練られたストーリィの大人向けのサスペンス映画である。
主人公の役名はゴーストライターとなっており、具体的な名前がついていない。彼が前任者の不審な死に疑念を抱き、前任者の足跡を追体験していく演出が素晴らしい。

前任ジェームス・ボンドことピアース・ブロスナン、「マネキン」のキム・キャトラルなど出演者も豪華である。

本格サスペンスを楽しみたい方にはオススメである。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ