2012/2/18

ブルー・バレンタイン  ドラマ

クリックすると元のサイズで表示します

監督:デレク・シアンフランス
出演:ライアン・ゴスリング、ミシェル・ウィリアムズ
2010年公式サイト

評価:★★☆

ディーンは妻のシンディと娘のフランキーの3人家族である。
シンディは努力家で資格を取り、病院に勤務しながらキャリアアップを目指している、一方ディーンの方は朝からビールを飲みながら仕事をしていた。出合った頃はあつあつだった二人の関係は次第に冷めていく・・・

本作は普通の恋愛ドラマのように単純に時系列を追った映画ではない。
二人の関係が壊れていく現在と、出合った頃の若く相手にときめいていたときの過去を対比させながら愛の誕生と崩壊を描いていくのである。
両親が修復できない状態にあるのを娘のフランキーは知らない。去っていくディーンに追いすがる娘のシーンは切ない。

出演は「きみに読む物語」のライアン・ゴスリング、「ブローク・バックマウンテン」のミシェル・ウィリアムズ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ