2012/1/29

アリス・クリードの失踪  サスペンス

クリックすると元のサイズで表示します

監督:J・ブレイクソン
出演:ジェマ・アータートン、エディ・マーサン
2009年 イギリス

評価:★★★

富豪の娘アリス・クリードを誘拐したもと刑務所仲間ヴィックとダニー。全てが計画的に用意された完璧な計画だったのだが・・・・

出演者が誘拐された女性と誘拐犯2人の3人だけながら巧みなストーリーテリングで予想外の展開で観客を飽きさせず、これだけのドラマを作り上げた新人監督の手腕は評価できる。
後半の失速がちょっと残念であった。

監督は本作で初監督のJ・ブレイクソン。同じくイギリス出身のダニー・ボイル監督の初期作品の犯罪劇「シャロウ・グレイブ」を彷彿する内容でダニー・ボイルの再来と評価される。


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ