2010/8/23

ダリオ・アルジェント 恐怖の幾何学  BOOKS

<イタリアン・ホラー特集>

イタリアン・ホラー映画の世界で一番有名な監督といえば、ダリオ・アルジェントこの人であろう。映画プロデューサーを父に持ち、幼少から映画業界に慣れ親しんだ彼が選んだのはホラーのジャンルであった。
日本では、「サスペリア」でイタリアンホラーの存在をアピールし、「サスペリア」より前に撮影した「赤い深淵」を「サスペリア2」というタイトルで紹介され、「エクソシスト」「オーメン」に続くオカルト映画ブームを巻き起こした。

以下に示す2冊は、ダリオ・アルジェントの個々の作品を解説しており、アルジェントのファンには必読の本と言えよう。

「ダリオ・アルジェント 恐怖の幾何学」ABC出版 矢澤利弘著
クリックすると元のサイズで表示します
アルジェント研究の第一人者、矢澤利弘氏のアルジェント本。
2007年に行われたLOFT/PLUS ONEでの本の発売イベントにも参加した。

「TRASH−UP!!03」TMVプロダクション発行
クリックすると元のサイズで表示します
トラッシュ・カルチャーを追求していく雑誌の3号目でダリオ・アルジェントを特集している。全作品の解説や「四匹の蝿」のシナリオを掲載するなど気合が入っている。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ