2011/10/5

ブルー・ベルベット  サスペンス

クリックすると元のサイズで表示します

監督:デビット・リンチ
出演:カイル・マクラクラン、イザベラ・ロッセリーニ
1986年

評価:★★★☆

デビッド・リンチ特集のため再録。

ノースカロライナののどかな街で、大学生ジェフリー(カイル・マクラクラン)は父が急病で倒れたのを見舞った帰りにちぎれた耳を見つける。ジェフリーは警察に届け刑事の娘サンディ(ローラ・ダーン)と知り合う。サンディから事件は歌手ドロシー(ロッセリーニ)が関わっていることを聞き、ジェフリーは探偵ごっこのようにドロシーの身辺調査を始める・・

デビッド・リンチ監督だけあって普通のサスペンス映画で終わらず、ちぎれた耳や直立したまま死んでいる刑事など、シュールで悪夢的な映像がところどころに挿入されている。

映画の背景は1950年代のアメリカをイメージして作られている。曲もオールデーズ風である。「ブルー・ベルベット」は本作の挿入歌であるボビー・ヴィントンの歌う曲のタイトルでもある。

主人公ジェフリーは「砂の惑星デューン」や「ツインピークス」の捜査官役のリンチ映画の常連のカイル・マクラクラン。また、こちらもリンチ映画常連のローラ・ダーン(「ザ・ドライバーのブルース・ダーンの娘)がサンディ役である。
また、映画監督ロベルト・ロッセリーニと美人女優イングリット・バーグマンの娘であるイザベラ・ロッセリーニが歌手のドロシーで汚れ役の体当たり演技を見せている。
さらに、デニス・ホッパーが家族を人質にドロシーを脅迫する暴力的な男を演じている。
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ