2010/5/30

イージー・ライダー  ドラマ

クリックすると元のサイズで表示します

監督:デニス・ホッパー
出演:ピーター・フォンダ、デニス・ホッパー
1969年

評価:★★★★☆

デニス・ホッパー追悼特集。

ステッペン・ウルフの「ワイルドで行こう」の曲にのってバイクにまたがる二人組キャプテン・アメリカ(フォンダ)とビリー(ホッパー)。彼らはマリファナの密輸で得た資金でバイクに乗ってマルディグラと呼ばれる謝肉祭の行われるニューオリンズに向かう。途中の街で無許可パレード参加したことで留置場に入れられるが、そこで弁護士のハンセン(ジャック・ニコルソン)と出会い息投合して彼の口利きで出所する。そして3人でニューオリンズに向かおうとするが、彼らの自由奔放さに国境を越えさせないという連中にリンチに合いハンセンは死んでしまう。傷心した二人だがなんとかニューオリンズに辿り着く・・・

「俺たちに明日はない」で始まったとされるアメリカン・ニューシネマの代表作の1本。幻覚剤を使ってみているようなハレーション映像がところどころありそれまでになかった斬新さがある。
アメリカン・ニューシネマは大半そうであるが衝撃的なラストが描かれる。自由を求めながらもアメリカン・ドリームがかつてのように成り立たない病んだアメリカを描いたヒット作である。

弁護士役で若い頃のジャック・ニコルソンが出演している。B級映画の帝王ロジャー・コーマンの門下生達が作り上げている。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ