2009/10/7

フレイルティー 妄執  サスペンス

クリックすると元のサイズで表示します

監督:ビル・バクストン
出演:ビル・バクストン、マシュー・マコノヒー
2001年

評価:★★★☆☆

フェントンと弟のアダムは母親を早くに亡くしたが父親との3人暮らしで幸せな日々を送っていた。ある日、神の啓示を受けたという父親は悪魔を見分ける力を得たと言い出し、悪魔とみなした人々を小屋に連れ込み、神に選ばれたとされる子供達にも殺しを強要しはじめた・・・

神から与えられた武器として斧が出てくるが、「悪魔のいけにと」と同様に血はほとんど見せずに恐怖を演出するのがなかなか巧い佳作である。フェントンから見ると、神の啓示を受けたといいつつ人を殺していく父親の姿はただの狂人の妄想にしか見えないところが怖い。父親は至って悪気はないのである。

ラストはちょっと強引な展開であるが、サスペンスホラーとしてはなかなか楽しめた。

俳優でもあるビル・バクストンの第一回目監督作。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ