2009/9/6

オーロラの彼方へ  ドラマ

クリックすると元のサイズで表示します

監督:グレゴリー・ホフリット
出演:デニス・クエイド、ジム・カヴィーゼル
2000年

評価:★★★★☆

オーロラの影響なのか、消防士で事故死してしまった父親と30年後に警察官となった息子がアマチュア無線で交信することになるタイムパラッドックスに関するサスペンス映画。
無線により事故から父親を救うことにより過去を変えることに成功するが、そのおかげで連続殺人事件の犯人を野放しすることになり、母親もその被害者となってしまう。30年の時を隔てて父と息子が犯人を追い詰める。

映画のタイトルからは想像できないので、普通の感動作品を期待して劇場に行った人は驚いたであろう。ちょと無理な設定もあるが、なかなかストーリィ構成や複線が練られていて同系列の「バックトゥザフューチャー」よりこちらの話の方が好きである。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ