2009/6/14

太陽がいっぱい  サスペンス

クリックすると元のサイズで表示します

監督:ルネ・クレマン
出演:アラン・ドロン、マリー・ラフォレ
1960年

評価:★★★★☆

大金持ちのドラ息子フィリップを彼の父親の依頼で連れ戻しに来た貧乏だが野心的な青年トム(ドロン)。フィリップの彼女マルジェ(ラフォレ)に対する態度にも腹をすえかねフィリップを殺害してしまう。その後、トムはフィリップになりすますことを考える・・・・
ニーノ・ロータの哀愁漂う曲に太陽がふりそそぐ中の情景が似合う傑作サスペンス。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ