Dynamism2022の見どころ−3  Dynamism 2022

「そして、大事にしたいこと」

鼓童在籍時の1991年、私は西アフリカツアーを企画しました。

ガーナの森で月明りの下、太鼓のリズムとダンサーがひとつになった祭り(儀式)を体験したことが、私とダンスの創作の根幹となっています。そして、その儀式で叩かれていたリズムが「パンコメレン劇場」の基本ビートになっています。

その西アフリカツアーのメンバーは三人編成で鼓童三人狂(さんにんぐるい)と名付けました。Dynamism 2022の3日目に出演する金子竜太郎さん。私が初めて「音を付けたい!」と思わせてくれた素晴らしい踊り手の栗田完さん。

今回、竜太郎さんとは30年振りの共演となるのですが、それを結び付けたのは完さんでした。と言うのも、昨年夏に踊り手の完さんが亡くなられたのです。

クリックすると元のサイズで表示します
Photo: Masayuki Sakamoto(左が金子竜太郎さん)

今回のライブでは、日本でもアフリカでもない森の情景とダイナミズムを描きたいと思っていますが、踊りの魅力を教えてくれた完さんへの感謝の気持ちがあります。

そもそも太鼓は魂を迎え、送る役割を持っていました。祭りや伝統芸能だけでなく、私たちの日常にその心をもって叩いても良いのではないかと、この2年のこともあり深く感じています。

2013年から1年間、文化庁文化交流使としてヨーロッパを中心に活動していた時、実に多様な民族と多様な創作をさせてもらいましたが、公演の頭はほぼ大太鼓の奉納演奏でした。

私の1年の活動の無事と3.11の影響がまだ生々しかった日本のことを思ってお祈りしてから叩いていました。それがとてもとても自然だったのです。

もちろん、本公演も重苦しいパフォーマンスにするつもりはありませんし、逆に前向きに頑張ってるだけで私が満足するはずもありません。

間違いないことは音も肉体もイキイキしています。音の波動をダイレクトに感じていただけるライブこそ私が歩むべき道だと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
Photo: Masayuki Sakamoto(2組のリハを終えた時はさすがにヘロッヘロ)

リハーサルを重ねるごとに感じる目の前で起きていること。Dynamismの3日間にピークを持って行けるように日々過ごしていきたいと思います。

あと1週間!!!

https://leoeto.com/dynamism2022/

クリックすると元のサイズで表示します

動画より左から:田所いおり、泉有香、水谷彩乃

Dynamism2022の見どころ−2  Dynamism 2022

演奏機会すら失われてしまったこの2年。ダンスとの創作も久しぶりです。

込み上げてくる思いは、≪今、そこに存在していること≫

3日間通じてソロライブと同じく森をテーマにしていますが、特に3月4日と5日(昼)のダンス・パフォーマンスとの「ダイナミズム」はもりもりしてます(笑)

通常、作品性に重きを置くと音楽は再現性を基に演奏することになります。

実はこのような世界になる前にダンスとのパフォーマンスをヨーロッパに持ち込んだ時、制約の多い空間やいつも通りにいかない現場を「今日の場」として楽しみながら踊ろうとダンサーに伝えたことがあります。

そのためにはどのように作っていくべきか。私はジャズのようにテーマ(決まった振付)とソロ(自由)で展開するような構成ができたらと思い続けていました。

音がダンサーの身体にダイレクトに響き、その動きを感じ取りながら演奏すること。

スコアでは表せないやり取りは演奏者にとってもスリリングですし、生演奏の魅力が格段に増します。

スコアに「ダンサーが疲れている場合はゆっくり」とか書かれてたら笑えるね(めちゃ気を遣うやん)。

私は以前からダンサーの動きを「踊るスコア」と呼んでいましたが、今回はそれをより感じられたらと思っています。

もちろん、終始即興ということではありません。

今回、初めてダンスの振付をお願いする宝満直也さんにもライブ感を大切にしたいことと、何が起きるか分からない今、生音を感じながら新しい身体言語を獲得していくようなパフォーマンスにしたいとオファーしました。

また、宝満さんは事前に振り付けを用意してスタジオ入りするのではなく、その場で少しずつダンサーを動かしながら振りを作っていきます。

そのスタイルはヨーロッパで出会った振付家やカンパニーと同じで、私も学ぶべきところが多く実に楽しいです。

宝満さんには何度もスタジオ入りしていただき、ダンサーもめちゃ大変ですけど。

さらにザ・トリオもそうですが、お客さんは私たちを囲むようにしてご覧になるので臨場感が半端ないです。

ご覧になる角度によって見え方、いや、内容が全く違うものになるかも知れません。

私達にとって掛け外のない時空になると思います。

ご予約は特設サイトにてお早めに!

https://leoeto.com/dynamism2022/

5年前に同じ会場「晴れたら空に豆まいて」で行われたステージ。奥が本来のステージ。

クリックすると元のサイズで表示します

Dynamism 2022の見どころ  Dynamism 2022

「ダイナミズム2022」のスコア書きやリハでとても充実した日々を送っています。

それぞれの環境やお考えがあるのはもちろんですが、今の私にとって創作しながらもがいて、リスクを回避しながら転がって前に進んでいくことが自分らしさを保っていると思っています。

昔からそうですが、創作している時はその動機も着眼点もネガティブな感情から湧き出るものは何もなくて、厳しい状況が続くこの2年もそこだけは天性かなと自画自賛しています。

確かに昨年春頃までは「何とかしなきゃ!」という思いで助成金の申請やその精算に追われながら創作していました。残念ですが、良い結果は出せませんでした。

でも、皆さんにご支援いただいたクラウドファンディングで制作したアルバム”Soloist”から心のあり方にズドンと肝が据わり、最もリスクを回避したパフォーマンス形態であるソロツアーを全国展開できたことが何よりも素晴らしい免疫力アップでした。

各地でご協力して下さった方々、ご来場いただいた方々が注いでくださったエナジーがすべてでした。
本当にありがとうございました。

そして、3月。
ソロツアーで彷徨いながらハマりにハマった森の世界に皆さんとダイブしようと思います。

まずは、3組の太鼓トリオ。
何がすごいって太鼓奏者全員が大太鼓ソロをやります。スピードとパワーはもちろんですが、よくありの打ち合いではなく、「森の情景を描いてね?」というテーマを基にリズム、音色、タッチ、構成などそれぞれの個性が際立っていて見応え十分。

本当に面白いです。違うんですよ、音が!

他にも健太君のミニ太鼓セットお披露目。利一君の多才ぶり。これは雅幸君でしょ?という選曲。そして、30年振りの竜太郎さん。どのトリオも自信をもってお送りする世界最高峰の音。お楽しみに!

土日はそろそろ定員になりそうですので、ご予約はお早めに。

「ダイナミズム2022」オフィシャルサイト
https://leoeto.com/dynamism2022/

クリックすると元のサイズで表示します




AutoPage最新お知らせ