そうないよね。この蜜月関係(4/4)  Earth Celebration 2015

私が鼓童のメンバーだった頃、ソロ活動を通じての出会いや体験をECに活かすべしと制作に猛アタックしていたことを懐かしく思います。

そう、ECと言えば、海外アーティスト。

中でもアフリカ系パーカッショニストとのコラボが強烈でした。

私が企画書を書いたことから端を発し、国際交流基金の助成金を得て実現した西アフリカツアーはとてつもない体験になったわけですが、ECにもそれはそれは大きな影響を与えました。

セネガル、ガーナ、ナイジェリア。西アフリカ最強打楽器天国。

そのECの醍醐味と言える言葉も通じないミュージシャンとのコラボは、当時の鼓童の誰にとっても未知との遭遇でした。

どのように進めていったかと言うと・・・、

細かいこと気にしない。

そして、リハよりも先にごはんを一緒に食べる(=私たち、毒盛ってない)。

これ本当です。

幸い、今回のゲストのスアルアグンのリーダー、スエントラさんは日本語がお上手ですし、お付き合いも長いことからコミュニケーションは問題ありませんでした。

でも、今の若い鼓童のメンバーにとっては初めての海外アーティストとのコラボ(のようでした)。

3日目演出の充君からの依頼もあり、コラボのパートは私が仕切らせてもらいました。

まず、西洋の概念で成立している音楽ではなく、しかも団体戦の場合、3拍子とか4拍子という捉え方をアタマから外します。

日本のお囃子や祭り太鼓もそうですよね。でも、リズムを合わせないといけない。

そこで大事なのは、コミュニケーションとエナジー。そして、音のダイナミクスなんです。

かなり抽象的ですいません。

例えば、アフリカのミュージシャンなどは3・4・6・12などの拍子の概念がなくても、心地よいリズムならば、共通言語(リズム)を感じ取ってガツン!と入ってきます。

面白い話があります。

ガーナのアジャ・アディとはヨーロッパのMEGADRUMSというプロジェクトのツアーで初めて会ったのですが、クラシック音楽で育ったリーダーの5拍子の曲をリハしていた時のこと。

「レナード。このリズム、一つ足りなくね!?」

彼にとって心地よくなかったんです。なぜか。

頭で考えられたリズムだったから。

また、コラボで良く陥りやすいことのひとつに比較対象してしまうということがあります。

そもそも、テクニックやパワー、グルーヴ感はその地で根付いて、それぞれが生まれ持っているもの。

鼓童のメンバーそれぞれにだって、私にもあるんです。

それを日本的な謙虚さが前に出て、遠慮してしまうとうまくいかない。どうにかこうにか、同じプラットフォームに乗ること。

ましてやECのホストであれば、主導権を奪われない。アッツいでしょ!?(笑)

とは言え、そこで大事なのは日本の太鼓の音のでかさです。

この取り扱いをちゃんとしないと、共演者にとっては破壊的な行為にしかならなくて、何も共有できない音の群れとなってしまうのです。

きちんとコントロールされている音であり、道具(太鼓)ならば、少々、音がでかくなっても彼らはそれをエナジーとして捉えて、もっと応戦してくれるはず。

EC稽古の最初に鼓童へ落とした雷も、ここに着地するための大事な約束事として伝えたかったのが本意です。

祝祭の夜。

私はコラボであっても、「ほとばしる鼓童」を演出せねばという使命感を胸に全体のバランスとキューを出すことに集中していましたので、ほとんど叩いていませんでしたね(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
photo: Maiko Miyagawa

18年ぶりというそれだけで壮大なエナジーの交歓祭だったと思いますが、今年はさらに凄い「魂の蜜月」が起こりました。

ECが開幕する前夜、ECにも出演されたセネガルのパーカッショニスト、ドゥドゥ・ンジャエローズの訃報が届いたのです。85歳だったそうです。

30年近く開催していれば、たくさんの出会いと別れがあります。

第1回のゲストであるブルンジ・ドラマーズは、民族間の紛争で多くの方が虐殺されたのではないかと伺っています。

NY在住プエルトリカンのミルトン・カルドナも昨年亡くなられ、ベストフレンドのアジャ・アディ(ガーナ)、そして、ECにはお招きできませんでしたが、アフリカでお会いしてその存在に一同が吹っ飛んだフェラ・クティ(ナイジェリア)。

ECの舞台、アフリカの大地で雄姿を見せてくれた、私にとってのヒーローが皆さん亡くなってしまいました。

今年のECの半端ないエナジーは、ご来場いただいた皆さんだけでなく、遠くアフリカからも送られてきたようで身震いしました。

日本のヒーローはまんだまんだ元気!誰が何と言おうとこの方でしょ!蜜月ショット(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
photo: 今海一樹

本当にアツい夏が終わり、それぞれの活動が始まりました。

鼓童は秋のツアーに入ったようです。私もECのすぐ後、今一番人気のタレントさんのPV撮影があり、今は情報公開されたばかりの11月ツアーの準備に入りました。

鼓童時代から秋は苦手でしたが、今年の夏のエナジーで突っ走れそうです。

改めて、区切りとなる今年のECに私を呼んで下さったことに心から感謝いたします。

次の再会が、よりエナジーに溢れた創造的な場であることを今から楽しみにしています。

本当にありがとう!

クリックすると元のサイズで表示します
タグ: EC kodo 鼓童

そうないよね。この蜜月の関係(3/4)  Earth Celebration 2015

既存の曲との向き合い方も大事でしたが、今の鼓童と私で創り出す新しい世界観。

もっと言わせてもらえば、これからの太鼓音楽&パフォーマンスの新しいカタチを提示すること。

ECのお話をいただいた時からフォーカスはそこに当てていました。

そして、最もアイデアを注ぎ込んだのが「蜜月」の夜の最後に演奏した「平胴大魔王」でした。

もちろん、全部で7台の平胴大太鼓を使用した「平胴天国」もエナジーを交歓し合う作品として工夫しました。

でも、文化交流使として活動中にヨーロッパのダンサーとクリエーションし続けた「太鼓と踊りの新しい関係」。

それを今の鼓童と作りたい! ストーリーとスケッチ、そして、基本ビートは早い段階でできていました。

現場に入って、その創作過程において私のイメージを具現化してくれたのは、昔も今もやはり栄一君でした。

彼が大魔王に見えたかは別として、大太鼓に跨っていたあのおっさんです(笑)

2015「族」左が栄一君(photo/ Maiko Miyagawa)
クリックすると元のサイズで表示します

私がメンバーであった時から彼は要点をつかむのがうまくて、今回の稽古でもその感覚は冴えわたっていました。

同期で遠慮がないこともありますが、叩けるとか叩けないとか、曲ができるかどうかわからないプロセスであっても、とにかくやってみてくれるのです。

もちろん、今の若いメンバーもリズムの覚えは早いし、叩けるし、感覚はとても良いです。

でも、彼の場合はイメージを具現化してくれるのです。そして、大事なのはその先。

本番は違う人が叩こうが、作品が却下されようがそれをサラッと流せるのです。

ま、あんまり持ち上げるのも「らしくない」のでおしまい(笑)

さて、「平胴大魔王」という曲は、ヨーロッパで作ってきたダンス作品"TAMAGO"と基本コンセプトは同じでした。

「命の鼓動とも言える大太鼓をTAMAGOに見立て、繰り出されるリズムから生まれる生命体=ダンサー」

Yeah, O-taiko(Photo/ Takashi Okamoto)
クリックすると元のサイズで表示します

語弊がないと良いのですが、こういうストーリー展開の場合、日本舞踊のような踊りよりもコンテンポラリー系の動きの方がフィットしやすい。

けれど、その太鼓音楽大活劇(勝手に命名)の踊りの導入部とクライマックスは見えていたのですが、そのプロセスが描き切れないでいました。

しかし、そこに素晴らしい出会いがありました。

はい、鼓童の芸術監督である玉三郎さんです。

私が在籍していた頃は、芸術監督というポジションはありませんでした。

また、私がヨーロッパのダンスカンパニーと創作している時、芸術監督が変わることですべてが変わる厳しい世界を見ていたので、鼓童の制作には出演するメンバーの人選から構成に至るまで常に確認を取りながら進めていました。

そして、8月。

稽古初日から玉三郎さんは稽古場にいらして、毎日、その様子をご覧になっていました。

先のブログに書いたあの雷の時も私はいらしているのを知らず・・・あああ。

私自身は曲作りと演出を進めていく過程で問題があればご指摘いただき、修正していくというスタンスしか方法が分からなかったので、自分の感覚とスケジュールを照らし合わせながら進めていきました。

ところが、「大魔王」の音の構成とストーリーがメンバー間で浸透していく以前から、玉三郎さんはその音に入ってきて下さり、若い踊り手にどんどん動きを注入。それに応える生命体。

私がとても嬉しかったのは、作品が素晴らしい仕上がりを見せていくこと以上に、素晴らしい踊り手であり、クリエーターでいらっしゃる玉三郎さんの感性や創造性を掻き立てる時間が作れたこと。

まさか、これほどまでの展開になるとは思っていませんでした。玉三郎さんには感謝だけでなく、創造する喜び、自信をもいただきました。

そして、本番のステージ。

全体の絵を見ようとチャッパを叩きながらステージ前に出て、繰り出される踊りと高揚するみんなの表情を観ながら思いました。

「みんな、めちゃくちゃ格好いいぜ!」

踊る喜び。自由な表現への渇望。

玉三郎さんの審美眼と指導を受け継いでいるメンバーの躍動。

美しかった。

でもね、リズムは裏表がひっくり返っていて大変でしたの。2日目も3日目も(笑)

ああ、これも鼓童・・・(笑)

そして、これも鼓童(笑)「ジュワッチ!」
クリックすると元のサイズで表示します

さて、次回はECの醍醐味である海外アーティストとのコラボについて書きます。

期間中、唯一のオフに鼓童メンバーにかつぎ太鼓ワークショップを行ないました。

玉三郎さんも見学にいらして下さり、ワークショップの終わりには私の体の使い方などを解説していただきました。

私にとっても大変貴重なワークショップとなりました。
クリックすると元のサイズで表示します
タグ: EC KODO 鼓童

そうないよね。この蜜月の関係(2/4)  Earth Celebration 2015

私もグループに在籍していた時に経験しましたが、公演活動が続くと「自分の音」と向き合う時間が失われていくのが分かっていながらも、その流れに飲まれてしまうことがありました。

また、当たり前と思っていた習慣がいつしかその本質から逸脱し、思わしくない状況に陥っていることもありました。

私が8月に佐渡へ乗りこんだ時、同じ太鼓叩きとして悲しくなるある状況を見て、僭越ながら、新旧問わずメンバー全員に雷を落とさせてもらいました。

それは音に直結することでしたので、その日から改善してもらうことで明確に音は変わっていきました。もどかしい書き方ですいません。具体的には書けないので(冷笑)

私らしいアツい思いから始まった鼓童との創作の日々。

朝10時から夜10時まで稽古できる環境をフル活用。

音やリズムのこだわりといった基本的なことを中心に据え、そこから曲に込めたメッセージやイメージを具現化して行く作業を思う存分に・・・幸せなことです。

クリックすると元のサイズで表示します

例えば、ECで生まれた「族」という曲。

この曲は大地を彷彿させる骨太なビートそのものがテーマです。パターンとか構成とか重要ではないのです。

稽古では私が叩いている後ろでひとりずつ基本のリズムを叩いてもらい、目視せずにニュアンスを確認させてもらいました。1時間近く掛かった・・・。

時系列は飛びますが、その音の追及は会場となる野外ステージのマイク・アレンジにまで波及していきました。

初日の公演を見させてもらい、2日目からはマイクの種類を変えて、ポジションも変えました。

そのため、音響スタッフの転換が大変なことになってしまいましたが、おかげでECらしい鼓童の音が蘇りました。

長い年月に渡って、それが当たり前と思っていることを検証し直すことが難しいことは良く分かりますが、その意識を持ち続けていなければ、「自分の音」どころではなく、「鼓童の音」も変容していってしまうと思うのです。

変わらぬ音。威風堂々・・・なんてね。

クリックすると元のサイズで表示します

太鼓に対する愛情や鼓童に対するメッセージが雷になってしまいましたが、その後の創作の核になっていったと思います。

次回はより踏み込んだ創作現場の全貌を(笑)

追記:
「族」に関するそれはそれはアツいメッセージを沢山頂戴しており、少し追記させていただきました。むしろ、追記の方が長い(笑)

この曲こそがECの申し子なのですが、曲の着想は実は痛いものでした。第1回のブルンジに吹っ飛ばされた我ら鼓童。

第2回のゲスト・近藤等則さんの元へ資料を持ってごあいさつ。

「なんだこれ!?太鼓の祭りなのにだれも踊ってないじゃん!」

「・・・・・」

それまでの鼓童は「自己燃焼型」のパフォーマンスが売りでしたので、人を躍らす音なんてありませんでした。

大太鼓、屋台囃子という屈指の構成。選ばれた者がクライマックスを作っていました。

太鼓が好きで集まったのに、みんなで叩ける曲がない。

世代ギャップも広がる中、みんなで叩けるリズムと言えば、そう「ドンドコ」でした。

でも、稽古で叩いていた「ドンドコ」では人を鼓舞しても踊れないので、近藤氏とのリハを通じてハーフテンポ、いや、スローの「ドンドコ」に取り組んだのでした。

さらに、私はフルボディの大太鼓より鉄枠に吊るされていた平胴大太鼓に魅力を感じていました。

そこで、佐渡の職人である故・西須さんに「これを木の切り株かなんかに載せて大地のイメージを作りたいんです」と新しい台の製作を依頼。

数週間後、見事な切り株をくり抜いた大太鼓台が納品されました。

さらに、当時のリーダー近藤克次氏が「レオ、こんなバチあるで〜」と言ってバットバチを。

音楽的な挑戦もいろいろありましたが、とにかく、今やスタンダードとなったこのスタイルとともに「族」は誕生し、みんなでグルーヴを作りだすというそれまでにない世界を打ち出したのでした。

と、自分で言うか・・・(笑)

EC2015「族」あっつい写真が届きました。
クリックすると元のサイズで表示します
photo: Maiko Miyagawa
タグ: EC KODO 鼓童

そうないよね。蜜月の関係(1/4)  Earth Celebration 2015

アースセレブレーション2015にご来場いただいた皆様、どうもありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します

アツい愛と情熱の夏が終わりました。

これから、ゆっくり4回に渡って、今まで、今、これからについて書いていこうと思います。

昨年、文化交流使としてヨーロッパを飛び回って、ダンスカンパニーと公演をしていた頃に鼓童から連絡が入り、来年のアースセレブレーション(EC)を一つの区切りとして私を呼びたいとのお話をいただきました。

正直、1年にも及ぶ活動がとてつもなく充実していたので、帰国してからの活動が厳しくなるなあと思っていたところでした。

なので、お話をいただいた時は「原点深く戻れ!」とお告げをいただいたような気持ちでした。

打合せの最中からイメージが湧いてきて、いつものように短いリズムの断片を書き溜めていたのですが、2月に行なった18年ぶりの佐渡での稽古以降、落とし込んで行く過程でいろいろな視点で鼓童との再会を見極める必要がありました。

少し話が遡りますが、私が鼓童にいた'80年代にECが始まりました。

バブリーな日本でしたから、海外から産地直送のアーティストが毎年来島され、圧倒的なパワーと表現力、テクニックで技術も経験もない私たちを完膚なきまでに翻弄してくれました。

でも、私たちは体当たりで行くしかなかったからこそ得られたものは計り知れなくて、今の私を形成しているといっても過言ではありません。

そんなECの申し子である私ですが、長い年月に渡り開催していれば、その在り方も関わり方も変わっていくものなので、今のメンバーの感覚との修正がまず必要でした。

そして、一番慎重かつ大胆に向き合わなければならなかったのは、そのECで生まれた自分の楽曲たちでした。

私が演奏していた頃と異なり、とっくに独り歩きしている子たち。

答えが出せたのは、今年6月にスアールアグンとのリハでバリ島へ行った際、同行された鼓童財団の島崎先生のお言葉でした。

「レオ君さ、な?あれだけ愛され続けた曲なんだからやらないわけにはいかんだろ。自分の思いとは違う形で演奏されていることもよく分かる。だからさ、な?これが正調なんだという演奏を聞かせてくれよ。頼むよ。」

バリ、バグース!
クリックすると元のサイズで表示します

鼓童時代に発表してきた曲の初演は賛否両論でしたので、非難中傷には慣れっこでしたが、これからの鼓童や自分の活動を考える上で、僭越ながら「俺のクラシック」という腹がその時に決まりました。

バリの朝食
クリックすると元のサイズで表示します
タグ: EC kodo 鼓童




AutoPage最新お知らせ