夕方に4時間も爆睡。。。時差ボケと疲れが出ました。ボーっとしていると旅の日々が頭をよぎって仕方がない。ナポリの喧騒と青い海。そして、集合時間まで何気なく部屋で過ごしていたスイスやイタリアでのこと。
窓を開けて心地よい風に当たりながら外の景色を眺める。向かいのアパートの屋上でお花に水をやる女性。電波が良くないのか、窓から乗り出すようにして携帯で話し込むおっちゃん。そんな日常の風景を見ているだけで最高に贅沢な時間なんだけれども、そこにとなりの部屋から鬼怒さんのアコースティック・ギターを練習する音が聞こえてくるんだからたまらない。まさに至福の時。おなかがタプタプになるまで、午後のティータイムができそうだった。

ナポリの路地
クリックすると元のサイズで表示します


お〜も〜い〜!重い!
爽やかなローマの風にならされていた身には、湿度80%超えの日本は何もかもが重い。とほほ。

ナポリの犬(この後、主人にホースで水をかけられて飛び起きていました)
クリックすると元のサイズで表示します

最後の晩餐(笑)  2009 Blendrums ヨーロッパ

今日は、先に帰国する鬼怒さんを見送った後、ローマ市内のベタベタ王道観光スポットを終日かけて歩く。まずは、'80年代のNYじゃあるまいし、ペイントだらけの地下鉄に乗ってポポロ広場へ。
クリックすると元のサイズで表示します

そこから、スペイン広場〜トレビの泉〜パンテオン〜ナヴォーナ広場へ
クリックすると元のサイズで表示します

そこからは、テヴェレ川に沿って南下して、フォロ・ロマーノ〜コロッセオを横切って、我がアパートメントへ。どこも観光客に溢れていたけれど、ナヴォーナ広場のどこかゆるい感じが良かった。
クリックすると元のサイズで表示します

夜は、観光客は来ないでくれと言わんばかりの、こだわりのトラットリアで最後の晩餐(笑)ワインとグラッパでツアーの成功を祝い、帰路の安全を願って乾杯!
クリックすると元のサイズで表示します

おお、ナポリ!!  2009 Blendrums ヨーロッパ

再び、喧騒をかき分けケーブルカーに乗って、高台にあるサン・エルモ城へ。ここからの絶景は、人生のどれほどを楽しめているのだろうと思ってしまった。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

観光客で溢れるローマと違って、ナポリはバスに乗っていても街を歩いていても、「あんたらはどこへ行きたいのさ。キャッスルはまっすぐ行って右だよ」と、おじいさんやらおばちゃんが案内してくれる。そして、「かばんは背中に背負ったらダメだよ。ひったくられるからね。前に持ちな。」人間が行きかう生活のパワーを体感できた一日。

クリックすると元のサイズで表示します

エスプレッソをシャーベット状にしたもの。これはお初で旨かった!

おお、ナポリ!  2009 Blendrums ヨーロッパ

ローマから特急で90分。駅に降りた途端に全く別世界の扉が開く。ナポリ!喧騒渦巻く街を抜けて向かうはサンタ・ルチア。
クリックすると元のサイズで表示します

ギラッギラの太陽と青い海。埠頭の先には、なんと「卵城」と呼ばれる城がある。
クリックすると元のサイズで表示します

ナポリのたまごの城壁から見下ろす海(●曜サスペンス劇場!)
クリックすると元のサイズで表示します

脱・ローマの休日  2009 Blendrums ヨーロッパ

すべての公演が無事に終わったことに感謝。でもって、すぐに帰国ということではなく、もう少しイタリアにいる(いなければならない)ので、今日はローマから電車で90分のナポリに行こう!という話で盛り上がっている。スリが多いらしいから気をつけましょ。

ローマの夜風に乾杯  2009 Blendrums ヨーロッパ

早いもので本ツアーの最終公演。濃すぎるよこのツアー。ああ、しあわせ〜。
どの会場もスタンディング・オベーション!今回のトリオのバランスの良さ・面白さを本当に楽しんでもらえて嬉しかった。旬のものを持って来れて良かったあ。CDも売れに売れて、ここローマでは売るものがなかったのがとても残念。

でもって、ご飯。もう、言うことなし。信じられない!写真は打ち上げのテーブル。
クリックすると元のサイズで表示します

ローマの宿泊はアパートメント・タイプのもので、ベッドルームが3部屋とリビングがあって、オヤジどもの共同生活って感じ。今は打ち上げから帰ってきて、どの部屋も電気つけっ放し〜、ドアも窓も開けっ放し〜で、みんな寝てます。夜風が気持ちいい〜!

おお、ローマ!  2009 Blendrums ヨーロッパ

これまた久しぶりのローマ。宿泊がコロッセオにすごい近かったので、早速1枚。
クリックすると元のサイズで表示します
しかし、30度を超える猛烈な暑さ。ツークで朝3時まで飲んで、6時にホテルを出た身にはあまりに危険。シエスタを取る。
クリックすると元のサイズで表示します
珍道中の一行。それにしても、凸凹ツアーもいいとこ(笑)
日射しの強いのなんの。

牛とツーク  2009 Blendrums ヨーロッパ

ツーク公演のどでかいポスター
クリックすると元のサイズで表示します

海外では楽屋のケータリングが充実している。あ〜、シチリアのワインが美味しそうだ〜け〜ど〜(笑)本番前にはしっかりディナーが出るので、あまりつまみ食いをするとシャレにならん。
クリックすると元のサイズで表示します

会場の横には牛小屋。ここの牛にはモーツァルトではなく、ビージーズの「サタデー・ナイトフィーバー」を聴かせていた。
クリックすると元のサイズで表示します


Zurichの空港に出迎えてくれたのは、鼓童のエージェントのマリアさん。ザキール・フセインやアイアート・モレイラと参加したメガドラムスのヨーロッパ・ツアー以来だと思うから、10年ぶりかな!?でも、全然変わっていなくて、いつもの笑顔で出迎えてくれた。そして、マリアさんのご自宅でパーティーしましょ!とご提案をいただき、早速、買い出しへ!

クリックすると元のサイズで表示します
ワインやらパスタの材料を大量に買い込んで、それはそれはゴージャスな時を過ごす。
「人生って何!?」

クリックすると元のサイズで表示します
写真:右からツアマネの三田さん、ステージ・マネージャーのPakuさん、マリアさん、Happy days Suji




AutoPage最新お知らせ